スキップしてメイン コンテンツへ

入力を自動化する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

よく使う文字列、図、その他のアイテムを保存してすぐに挿入できます。 最初の数文字を入力するか、メニューから定型句を選ぶと、保存したアイテムが Word によって自動的にドキュメントに挿入されます。 Word には多くの組み込み定型句定型句が付属しており、独自の定型句を作成することもできます。

定型句

次の操作を行います。

新しい定型句を作成する

  1. 定型句として保存する文字列または図を選択します。

    エントリと共に 段落書式 を保存するには、段落記号 段落記号 を選択範囲に含めます。

    ヒント: 段落記号を表示するには、[標準] ツールバーの [ 編集記号をすべて表示表示] をクリックします。

  2. [挿入] メニューで [定型句] をポイントしてから [新規作成] をクリックします。

  3. [定型句の新規作成] ダイアログ ボックスに、定型句の名前を入力します。

    定型句が保存されて、後で使用できるようになります。

    ヒント: 定型句を自動的に挿入する場合は、名前に 4 文字以上を指定してください。定型句は、4 文字を入力した後に挿入されます。

  4. [OK] をクリックします。

    注: 定型句は標準テンプレートに保存され、すべてのドキュメントで利用できるようになります。 定型句を特定のドキュメントに制限する場合は、[挿入] メニューの [定型句] をポイントし、[定型句] をクリックしてから、定型句を作成するときに [場所] ポップアップ メニューで別のテンプレートを選びます。

定型句をメニューから挿入する

定型句を使って、文字列や図をドキュメントに挿入できます。

  1. ドキュメント内で定型句を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [定型句] をポイントしてから、必要な定型句の名前をクリックします。

    ヒント: 追加した定型句は、[標準] など、ドキュメントのテンプレート サブメニューに表示されます。定型句を最速で挿入するには、定型句の最初の 4 文字を入力し、ポップ ヒントが表示されたら Return キーを押します。

定型句を編集する

  1. 定型句をドキュメントに挿入します。

  2. 必要な変更を行います。

  3. ドキュメント内で、変更した定型句を選びます。

    エントリと共に 段落書式 を保存するには、段落記号 段落記号 を選択範囲に含めます。

    ヒント: 段落記号を表示するには、[標準] ツールバーの [ 編集記号をすべて表示表示] をクリックします。

  4. [挿入] メニューで [定型句] をポイントしてから [新規作成] をクリックします。

  5. 定型句の元の名前を入力して、[OK] をクリックします。

  6. 定型句を再定義するかどうかを聞かれたら、[はい] をクリックします。

    注: 

    • 次回、定型句を挿入するときは、変更した定型句が使用されます。

    • 定型句の編集や削除を元に戻すことはできません。

定型句を削除する

  1. [挿入] メニューで [定型句] をポイントしてから [定型句] をクリックします。

  2. [定型句の登録名] リストで、削除する定型句の名前をクリックします。

  3. [削除] をクリックします。

    注: 定型句の編集や削除を元に戻すことはできません。

複数の定型句を削除する

  1. [表示] メニューで、[下書き]、[Web レイアウト]、[アウトライン]、[印刷レイアウト] のうちいずれかをクリックします。

  2. [ツール] メニューの [テンプレートとアドイン] をクリックします。

  3. [構成内容変更] をクリックし、[定型句] タブをクリックします。

  4. 左側の[保存先] ボックスで コマンド を押しながら、削除する定型句をクリックして、[削除] をクリックします。

    注: 定型句の編集や削除を元に戻すことはできません。

関連項目

文書またはテンプレート間でスタイルおよび定型句をコピーする

オートコレクトをオフにする

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×