先頭の 0 を保持します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

これまで使って社会保障番号、電話番号、クレジット_カード番号、製品コード、または郵便番号など、ブックのですか。番号コードのすべての例を次に、番号、それのようなものは数式で使用するためのものです。

インポートするブックには、次のような数値コードを貼り付けるときに、Excel が数値として解釈しに、一般的なまたは番号の形式を適用します。結果としての先頭の 0 から削除されます番号コードは必要ありません。この記事では、番号コードの先頭の 0 を保持する方法を学習します。

さらに、クレジット_カード番号、または 16 桁以上含まれているその他の番号コードを使用している場合は、数値の表示形式ではなくテキスト形式を使用する必要があります。Excel の精度が 15 桁の最大し、0 まで、15 桁をフォローする任意の数値に切り上げられますためにです。

この記事の内容

Excel で先頭の 0 を削除する理由

ユーザー定義の形式を使用して先頭の 0 を保持するには

Excel で先頭の 0 が削除される理由

番号コードは、さまざまな方法で Excel ブックにアクセスします。ことがありますだけで入力する、またはコピーして貼り付ける別のプログラムからします。または、テキスト ファイルを開くか、Access データベースなどのデータ ソースからデータをインポートすることがあります。多くの場合は、Excel は、一般的なまたは数値の表示形式にこれらの数値コードを変換します。これらの形式の既定の動作の先頭の 0 を削除して、番号の長さ、によって科学的表記法を使用します。Excel 番号コードを 1 つの値として扱われますが、番号コードは、配置、先頭の 0 を維持する必要があります。

数値
コード

架空の例

既定の動作
(セルの幅により異なる)

銀行の口座番号

012345678

123456789
1.2E+08

電話番号

0014255550177

14255550177
1.4E+10

郵便番号

00123

123

桁数の多い番号コードを取り扱っている場合でも、このように表示されない場合もあります。したがって、この問題点を認識しておくことが重要になります。特にデータがデータベースや他のプログラムで使用される場合には注意が必要です。数値の表示形式を文字列の表示形式に変換することはできますが、数値を文字列に変換したくない場合があります。特に桁数の多い数値の場合がそうで、ブックのサイズが大きくなる可能性があるためです。

ユーザー定義の表示形式を使用して先頭の 0 を保持する

データ ソースとして別のプログラムで使用される予定がなく、ブック内で問題を解決すればよい場合は、ユーザー定義の形式または特殊な形式を使用して先頭の 0 を保持できます。これは、番号コードが 16 桁未満の場合に有効です。

さらに、ユーザー定義の形式にダッシュを追加して、番号コードの数字をダッシュで区切ることもできます。たとえば、電話番号をわかりやすくするために、国際識別番号、国/地域番号、市外局番、局番、および電話番号の間にダッシュを追加できます。

数値
コード

架空の例

表示形式と
新しい動作

銀行の口座番号

012345678

000-0000000 
012-3456789 

電話番号

0012345556789

00-0-000-000-0000 
00-1-234-555-6789 

郵便番号

00123

000-0000 
001-2345 

手順   

  1. 書式設定するセルまたは範囲を選択します。

    セルまたはセル範囲を選択する方法

    選択する対象

    操作

    1 つのセル

    目的のセルをクリックするか、または方向キーを使用して目的のセルに移動します。

    セル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、末尾のセルまでドラッグするか、または Shift キーを押しながら方向キーを押して選択範囲を決定します。

    選択範囲の先頭のセルを選択してから F8 キーを押して、方向キーを使用することで選択範囲を広げることもできます。選択範囲を決定するには F8 キーをもう一度押します。

    大きいセル範囲

    選択範囲の先頭のセルをクリックし、Shift キーを押しながら、末尾のセルをクリックします。末尾のセルが画面に表示されていない場合は、スクロールすると表示できます。

    ワークシート上のすべてのセル

    全セル選択ボタンをクリックします。

    [すべて選択] ボタン

    ワークシート全体を選択するには、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    注: ワークシートにデータが含まれている場合、Ctrl キーを押しながら A キーを押すと、アクティブなセル領域が選択されます。もう一度 Ctrl + A キーを押すと、ワークシート全体が選択されます。

    隣接していないセルまたはセルの範囲

    最初のセルまたはセルの範囲を選択した後、Ctrl キーを押しながら、他のセルまたは範囲を選択します。

    先頭のセルまたはセルの範囲を選択した後、Shift キーを押しながら F8 キーを押して、隣接していないセルまたは選択範囲を追加することもできます。セルまたは選択範囲を決定するには、もう一度、Shift キーを押しながら F8 キーを押します。

    注: 隣接していないセルまたはセルの範囲の選択を取り消すには、選択全体を取り消す必要があります。

    行全体または列全体

    行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行見出しと列見出しが表示されているワークシート

    1. 行見出し

    2. 列見出し

    最初のセルを選択し、Ctrl + Shift + 方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押すことによっても、行または列内のセルを選択できます。

    注: 行または列にデータが含まれている場合は、Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーを押すことで、アクティブなセルの末尾まで行または列が選択されます。Ctrl キーと Shift キーを押しながら 矢印キーをもう一度押すと、行または列の全体が選択されます。

    隣接した行または列

    行見出しまたは列見出しに沿ってドラッグします。あるいは、選択する先頭の行または列をクリックし、Shift キーを押しながら、末尾の行または列をクリックします。

    隣接していない行または列

    選択範囲の先頭の行または列で列見出しまたは行見出しをクリックし、Ctrl キーを押しながら選択範囲に追加する行または列の行見出しまたは列見出しをクリックします。

    行または列の最初または最後のセル

    行または列内のセルをクリックし、Ctrl キーを押しながら方向キー (行の場合は→キーまたは←キー、列の場合は↑キーまたは↓キー) を押します。

    ワークシートまたは Microsoft Office Excel テーブルの最初または最後のセル

    ワークシートまたは Excel リストの最初のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら Home キーを押します。

    ワークシートまたは Excel リスト内のデータまたは書式を含む最後のセルを選択するには、Ctrl キーを押しながら End キーを押します。

    ワークシート上のアクティブな末尾のセル (右下隅) までのすべてのセル

    先頭のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら End キーを押して、ワークシート上で使用されている末尾のセル (右下隅) まで選択範囲を広げます。

    ワークシートの先頭までのすべてのセル

    最初のセルを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Home キーを押して、ワークシートの先頭までセルの選択範囲を広げます。

    現在の選択範囲より広いセルまたは狭いセル

    Shift キーを押しながら、新しい選択範囲に含める最後のセルをクリックします。アクティブ セルからクリックしたセルまでの四角形の領域が、新しい選択範囲になります。

    ヒント: セルの選択をキャンセルするには、ワークシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [数値] グループで、番号の横にあるダイアログ ボックス起動ツール ボタン イメージ ] をクリックします。

    [数値] のダイアログ ボックス起動ツール

  3. [分類] の一覧から [ユーザー定義] をクリックし、[種類] ボックスに数値の表示形式を入力します。たとえば、電話番号の場合は「000-000-0000」、郵便番号の場合は「000-0000」と入力します。

    ヒント: [その他] をクリックし、[郵便番号] や [電話番号 (東京)] をクリックすることもできます。

    ユーザー定義のコードについて詳しくは、作成または削除するユーザー設定の表示形式を参照してください。

先頭の 0 とその他のプログラム

ブックをデータソースとして開く別のプログラムを使用している場合は、そのプログラムが先頭の 0 をどのように処理するか確認する必要があります。

たとえば、ブックでアドレスの一覧を差し込み印刷用のデータソースとして使用する場合、ある列に 000-0000 というユーザー定義の形式で郵便番号が入力されているとします。このシナリオでは、Access では先頭の 0 が保持され、Word では先頭の 0 が削除されます。Word を使用する場合は、先頭の 0 が削除されないように、差し込み印刷の操作で集計列を郵便番号のフィールドとして指定できます。

数値
コード

架空の例
(セル A1) で

TEXT 関数と
新しい動作

銀行の口座番号

012345678

=TEXT(A1,"000-0000000")
012-3456789

電話番号

0012345556789

=TEXT(A1,"000-000-0000")
001-234-5556

郵便番号

00123

=TEXT(A1,"000-0000")
001-2345

TEXT 関数の詳細については、 TEXT 関数を参照してください。

クレジット カード番号コードは切り捨てられる

さらに複雑なことに、Excel で使用できる数値の精度は最大 15 桁なので、クレジット カード番号のように 16 桁以上の数値を含む番号では、上位 15 桁より下の位の数値は 0 に丸められます。

数値
コード

架空の例

既定の動作
(セルの幅により異なる)

クレジット カード

0123456789012345

1.23457E+14

ユーザー定義の数値の表示形式が適用されている場合でも、先頭が 0 でない限り、数値は切り捨てられます。

数値
コード

架空の例

表示形式と
新しい動作

クレジット カード
(先頭が 0 の場合)

0123456789012345

0000-0000-0000-0000
0123-4567-8901-2345

クレジット カード
(先頭が 0 でない場合)

1234567890123456

0000-0000-0000-0000
1234-5678-9012-3450

16 桁以上ある番号コードの場合は、テキスト形式を使用する必要があります。そのためには、次の 2 つのうちいずれかの操作を行うことができます。

アポストロフィ文字を使用する

対象の番号コードが少ない場合は、番号コードの先頭にアポストロフィ文字 (') を入力する方法があります。その後、先頭の 0 を適切に追加します。

テキスト データのインポート時に数値をテキストに変換する

テキスト ファイル ウィザード ([データ] タブの [外部データの取り込み] で [テキスト ファイル] をクリック) の 3 ページ目で、クレジット カード番号を含むデータ列を選択し、列のデータ形式として明示的に [文字列] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×