値を数えるどのくらいの頻度を Excel で

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

セルの範囲である特定の文字列または数値の個数を把握する必要がある場合があります。次に例を示します。

  • データ範囲 A2:D20 に 5、6、7、6 という数値が入力されている場合は、6 が 2 個あります。

  • 列内に "吉田"、"川本"、"川本"、"川本" と入力されている場合は、"川本" が 3 個あります。

ある値がいくつあるかを数える方法は、いくつかあります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

関数を使用してある 1 つの値の個数を数える

COUNTIFS 関数を使用して複数の条件に基づいて個数を数える

COUNT 関数と IF 関数を組み合わせて使用して条件に基づいて個数を数える

SUM 関数と IF 関数を組み合わせて使用して複数の文字列または数値の個数を数える

ピボットテーブルを使用して複数の値の個数を数える

関数を使用してある 1 つの値の個数を数える

この処理を実行するには、COUNTIF 関数を使用します。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

販売員

販売契約高

吉田

15,000

吉田

9,000

須山

8,000

須山

20,000

吉田

5,000

川本

22,500

数式

説明

計算結果

'=COUNTIF(A2:A7,"吉田")

吉田さんの売上 (3)

=COUNTIF(A2:A7,"吉田")

'=COUNTIF(A2:A7,A4)

須山さんの売上 (2)

=COUNTIF(A2:A7,A4)

'=COUNTIF(B2:B7,"< 2000000")

2,000,000 円未満の売上の件数 (4)

=COUNTIF(B2:B7,"< 2000000")

'=COUNTIF(B2:B7,">="&B5)

2,000,000 円以上の売上の件数 (2)

=COUNTIF(B2:B7,">="&B5)

この関数の使用方法の詳細については、「COUNTIF 関数」を参照してください。

ページの先頭へ

COUNTIFS 関数を使用して複数の条件に基づいて個数を数える

Excel 2007 で導入された COUNTIFS 関数は COUNTIF 関数に似ていますが、複数の範囲のセルに条件を適用でき、すべての条件に一致した回数を数えるという重要な例外が 1 つあります。COUNTIFS 関数では最大 127 組の範囲/条件のペアを使用することができます。関数の書式は次のように表されます。

COUNTIFS(条件範囲 1, 検索条件 1, [条件範囲 2, 検索条件 2],…)

従業員 ID

地域番号

部署

20552

2

販売

21268

2

財務

23949

1

管理

24522

4

管理

28010

3

IT

29546

4

販売

31634

3

IT

32131

1

IT

35106

4

財務

40499

1

人事

42051

1

販売

43068

2

人事

45382

2

財務

47971

1

IT

地域 2 と財務部には従業員が何人いますか?

'=COUNTIFS(B2:B15,"2",C2:C15,"財務")

=COUNTIFS(B2:B15,"2",C2:C15,"財務")

最初の検索条件範囲は、地域番号であり、2 番目の検索条件範囲は、部署名です。最初の検索条件範囲に適用される検索条件は "2" で、2 番目の検索条件範囲に適用される検索条件は "財務" です。COUNTIFS は、両方の検索条件が満たされるかチェックします。

この関数で複数の範囲と条件を指定して個数を数える方法の詳細については、「COUNTIFS 関数」を参照してください。

ページの先頭へ

COUNT 関数と IF 関数を組み合わせて使用して条件に基づいて個数を数える

ある地域である商品を販売した販売員の数を特定したり、ある販売員がある値を超える売上高を上げた回数を把握する必要があるとします。IF 関数と COUNT 関数を組み合わせて使用することができます。つまり、最初に IF 関数で条件を判定し、IF 関数の計算結果が True の場合にのみ、COUNT 関数を使用してセルの個数を数えます。

使用例

地域

販売員

種類

販売

南部

吉田

飲料

3571

西部

西脇

乳製品

3338

東部

須山

飲料

5122

北部

須山

乳製品

6239

南部

川本

農産物

8677

南部

西脇

肉類

450

南部

西脇

肉類

7673

東部

須山

農産物

664

北部

西脇

農産物

1500

南部

川本

肉類

6596

数式

説明

結果

=COUNT(IF((A2:A11="南部")*(C2:C11="肉類"),D2:D11))

南部での肉類の販売数。 (3)

=COUNT(IF((A2:A11="南部")*(C2:C11="肉類"),D2:D11))

=COUNT(IF((B2:B11="須山")*(D2:D11>=100000),D2:D11))

須山さんが 100,000 を超える売上高を上げた回数。 (2)

=COUNT(IF((B2:B11="須山")*(D2:D11>=100000),D2:D11))

注: 

  • この例の数式は、配列数式として入力する必要があります。このブックを Excel デスクトップ プログラムで開いている場合で、数式を変更したり、同様の数式を作成したりするときは、F2 キーを押し、次に Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して、数式で期待する結果が返されるようにします。

  • 上記の数式で計算を行うには、IF 関数の 2 番目の引数が数字である必要があります。

COUNT 関数は、数値を含むセルの個数、および引数リストに含まれる数値の個数を数えます。IF 関数は、指定された条件を評価した結果が True の場合はある値を返し、評価した結果が False の場合は別の値を返します。

ここで使用した関数の詳細については、「COUNT 関数」および「IF 関数」を参照してください。

ページの先頭へ

SUM 関数と IF 関数を組み合わせて使用して複数の文字列または数値の個数を数える

以降の例では、IF 関数および SUM 関数を組み合わせて使用します。最初に IF 関数でいくつかのセルの値を判定し、判定の結果が True の場合、判定にパスしたこれらの値を SUM 関数で合計します。

使用例

販売員

販売契約高

吉田

15000

吉田

9000

須山

8000

須山

20000

吉田

5000

川本

22500

数式

説明

結果

=SUM(IF((A2:A7="吉田")+(A2:A7="川本"),1,0))

吉田さんまたは川本さんの売上。

=SUM(IF((A2:A7="吉田")+(A2:A7="川本"),1,0))

=SUM(IF((B2:B7<900000)+(B2:B7>1900000),1,0))

900,000 より小さいか 1,900,000 より大きい値を含む売上。

=SUM(IF((B2:B7<900000)+(B2:B7>1900000),1,0))

=SUM(IF(A2:A7="吉田",IF(B2:B7<900000,1,0)))

900,000 より小さい値を含む吉田さんの売上。

=SUM(IF(A2:A7="吉田",IF(B2:B7<900000,1,0)))

注: この例の数式は、配列数式として入力する必要があります。このブックを Excel デスクトップ プログラムで開いている場合で、数式を変更したり、同様の数式を作成したりするときは、F2 キーを押し、次に Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して、数式で期待する結果が返されるようにします。

ページの先頭へ

ピボットテーブルを使用して複数の値の個数を数える

ピボットテーブル レポートを使用して、合計値を表示し、一意の値の個数を数えることができます。ピボットテーブルは、大量のデータを迅速に集計するための対話型の方法です。ピボットテーブルを使用してデータのレベルを展開したり折りたたんだりして結果に焦点を当て、ユーザーにとって関心のある領域の集計データから詳細データへとドリルダウンします。さらに、行を列へ、または列を行へ移動して ("ピボット操作")、元のデータの異なる集計結果を調べることができます。

集計元データと作成されたピボットテーブル レポートの例

1   元データ (この場合はワークシート)

2   ピボットテーブル レポートの第 3 四半期のゴルフ用品の集計に対する元の値

3   ピボットテーブル レポート全体

4    元データのセル C2 と C8 の集計結果

ピボットテーブル レポートを作成するには

  1. データを含む列を選択します。
    選択した列に列見出しがあることを確認します。

  2. [挿入] タブの [テーブル] グループで、[ピボットテーブル] をクリックします。
    [ピボットテーブルの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [テーブルまたは範囲を選択] をクリックします。

  4. [新規ワークシート] をクリックして、新規ワークシートにピボットテーブル レポートを配置します (この場合、セル A1 がピボットテーブル レポートの先頭になります)。

  5. [OK] をクリックします。
    空のピボットテーブル レポートが指定した位置に追加され、[ピボットテーブル フィールド リスト] が表示されます。

  6. [ピボットテーブル フィールド リスト] の一番上にあるフィールド セクションで、目的のフィールド名をクリックし、このフィールドを [ピボットテーブル フィールド リスト] の一番下にあるレイアウト セクションの [行ラベル] ボックスにドラッグします。

  7. [ピボットテーブル フィールド リスト] の一番上にあるフィールド セクションで、同じフィールド名をクリックし、再びこのフィールドを [ピボットテーブル フィールド リスト] の一番下にあるレイアウト セクションの [] ボックスにドラッグします。

注: データに数値が含まれている場合、ピボットテーブル レポートには個数のカウントではなく、エントリの合計が表示されます。SUM 集計関数から COUNT 集計関数に変更するには、列内のセルを選択し、[分析] タブの [アクティブなフィールド] で [フィールドの設定] をクリックします。次に [集計の方法] タブをクリックし、[データの個数] をクリックして、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×