スキップしてメイン コンテンツへ
値の個数を数える

値の個数を数える

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

セルの範囲である特定の文字列または数値の個数を把握する必要がある場合があります。 次に例を示します。

  • A2: D20 のような範囲に5、6、7、6という数値が含まれている場合は、6が2回表示されます。

  • 列に "吉田"、"川本"、"川本"、"川本" が含まれている場合は、"川本" が3回発生します。

ある値がいくつあるかを数える方法は、いくつかあります。

あるセル範囲で特定の値が現れる回数を数えるには、COUNTIF 関数を使用します。

COUNTIF の例

詳細については、「COUNTIF 関数」を参照してください。

COUNTIFS関数はCOUNTIF関数と似ていますが、重要な例外が1つあります。 COUNTIFS では、複数の範囲のセルに条件を適用し、すべての条件が満たされた回数を数えることができます。 最大127の範囲/条件を COUNTIFS で使用できます。

COUNTIFS の構文:

COUNTIFS(条件範囲 1, 検索条件 1, [条件範囲 2, 検索条件 2],…)

次の例をご覧ください。

COUNTIFS の例

この関数で複数の範囲と条件を指定して個数を数える方法の詳細については、「COUNTIFS 関数」を参照してください。

特定の地域で販売されている営業担当者の数を特定する必要がある場合、または特定の販売員によって特定の値を超える売上を把握する必要があるとします。 IF関数とCOUNT関数を組み合わせて使うことができます。つまり、まずif関数を使用して条件をテストし、次に if 関数の結果が True の場合のみ、 count関数を使用してセルの個数をカウントします。

注: 

  • この例の数式は、配列数式として入力する必要があります。

    • 現在のバージョンのOffice 365を使用している場合は、出力範囲の左上のセルに式を入力しENTERキーを押して、式を動的な配列の数式として確定することができます。

    • このブックを Excel for Windows または Excel 2016 for Mac および新しいバージョンで開いている場合、数式を変更するか、同様の数式を作成するには、 F2キーを押してから、Ctrl キーとShift キーを押しながら enter キーを押して、期待どおりの結果が返されるようにします。 以前のバージョンの Excel for Mac の場合、 COMMAND + Shift + Enter キーの組み合わせを使用します。

  • 上記の数式例で計算を行うには、IF 関数の 2 番目の引数が数字である必要があります。

入れ子になっている COUNT 関数と IF 関数の例

ここで使用した関数の詳細については、「COUNT 関数」および「IF 関数」を参照してください。

以降の例では、IF 関数および SUM 関数を組み合わせて使用します。 最初に IF 関数でいくつかのセルの値を判定し、判定の結果が True の場合、判定にパスしたこれらの値を SUM 関数で合計します。

注: この例の数式は配列数式として入力する必要があります。

  • 現在のバージョンのOffice 365を使用している場合は、出力範囲の左上のセルに式を入力しENTERキーを押して、式を動的な配列の数式として確定することができます。

  • このブックを Excel for Windows または Excel 2016 for Mac および新しいバージョンで開いている場合、数式を変更するか、同様の数式を作成するには、 F2キーを押してから、Ctrl キーとShift キーを押しながら enter キーを押して、期待どおりの結果が返されるようにします。 以前のバージョンの Excel for Mac の場合、 COMMAND + Shift + Enter キーの組み合わせを使用します。

使用例 1

例 1:数式で入れ子になっている SUM と IF

上の関数では、C2:C7 に [吉田] と [川本] が値として含まれる場合、SUM 関数を実行すると、条件が満たされるレコードの合計が表示されるはずです。 この数式は指定の範囲で [吉田] のレコードを 3 つ、[川本] のレコードを 1 つ見つけ、4 を表示します。

使用例 2

例 2:数式で入れ子になっている SUM と IF

上の関数では、D2:D7 に $9000 より小さい値が含まれるか、$19,000 より大きい値が含まれる場合、SUM を実行すると、条件が満たされるすべてのレコードの合計が表示されるはずです。 この数式は D3 と D5 の 2 つのレコードで値が $9000 より小さく、D4 と D6 で値が $19,000 より大きいことを見つけ、4 と表示します。

使用例 3

例 3:数式で入れ子になっている SUM と IF

上記の関数は、$9000 未満の吉田の請求書が含まれているかどうかを示します。合計すると、条件が満たされたレコードの合計が表示されます。 この数式は C6 が条件を満たしていることを検出し、1 と表示します。

ピボットテーブルを使用して合計を表示し、一意の値の個数を数えることができます。 ピボットテーブルは、大量のデータを迅速に集計するための対話型の方法です。 ピボットテーブルを使用してデータのレベルを展開したり折りたたんだりして結果に焦点を当て、ユーザーにとって関心のある領域の集計データから詳細データへとドリルダウンします。 さらに、行を列または列に移動する ("ピボット") ことで、ピボットテーブルでの値の個数をカウントすることができます。 売上スプレッドシートのサンプルシナリオについて見てみましょう。ここでは、特定の四半期についてゴルフとテニスで利用できる売上の値の個数を数えることができます。

  1. Excel スプレッドシートに次のデータを入力します。

    ピボットテーブル​​のサンプル データ
  2. A2:C8 を選択します。

  3. [挿入]、[ピボットテーブル] の順にクリックします。

  4. [ピボットテーブルの作成] ダイアログ ボックスで、[テーブルまたは範囲を選択] をクリックし、[新規ワークシート] をクリックし、[OK] をクリックします。

    新しいシートで空のピボットテーブルが作成されます。

  5. [ピボットテーブルのフィールド] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. [スポーツ] を [] 領域にドラッグします。

    2. [四半期] を [] 領域にドラッグします。

    3. [販売] を [] 領域にドラッグします。

    4. 手順 c を繰り返します。

      ピボットテーブルと [値] 領域の両方にフィールド名として SumofSales2 が表示されます。

      この時点で、[ピボットテーブルのフィールド] は次のようになります。

      ピボットテーブル フィールド
    5. [] 領域で、[SumofSales2] の隣にあるドロップダウンをクリックし、[値フィールドの設定] を選択します。

    6. [値フィールドの設定] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

      1. [値フィールドの集計] セクションで、[データの個数] を選択します。

      2. [カスタム名] フィールドで、名前を [データの個数] に変更します。

        [値フィールドの設定] ダイアログ ボックス
      3. [OK] をクリックします。

    ピボットテーブルに、第 3 四半期と第 4 四半期のゴルフとテニスのレコード個数と売上高が表示されます。

    ピボットテーブル

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Excel の数式の概要

壊れた数式のエラーを回避する方法

数式エラーを確認して修正する

Excel のキーボード ショートカットとファンクション キー

Excel 関数 (アルファベット順)

Excel 関数 (機能別)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×