個人用機能とソーシャル機能を管理する

SharePoint Online 管理者は、SharePoint Office 365 SharePoint 管理センターを使って、個人用機能とソーシャル機能の設定をセットアップおよび管理できます。この記事のタスクを実行するには、SharePoint 管理センターを使うための権限が必要です。

SharePoint Online の個人用機能を使うと、ユーザーの専門知識、役割、関心分野がわかる個人用プロファイルを作成でき、ユーザーどうしが理解を深める役に立ちます。ソーシャル機能は、組織内のユーザーがお互いを探してアクティビティを共有したり、コンテンツを探して共有したりするのを支援して、共同作業を促進します。

SharePoint Online では、個人用機能およびソーシャル機能は既定で有効になっていますが、必要な場合は、組織内の特定のユーザーおよびグループに対する権限を変更して、これらの機能を無効にできます。

注: 組織によっては、この記事で説明している機能をカスタマイズしたり、その一部を制限したりしている場合があります。

ユーザーまたはグループの個人用およびソーシャル タグの権限を追加または削除する

SharePoint Online 管理者は、適切な権限を設定して、個人用サイトを作成したり、個人用機能とソーシャル機能を使用したりできるユーザーを制御できます。たとえば、組織内の一部のユーザーだけが個人用サイトを作成できるようにする場合は、それを可能にする権限を設定できます。設定しないと、これらの機能に対するアクセスは既定で許可されます。

注: 組織内のユーザーは、初めてヘッダーの [自己紹介]、[サイト]、[OneDrive]、または [ニュースフィード] を選んだときに、個人用サイトを作成できます。

管理者は、以下の作業を行うための権限をユーザーまたはグループに付与できます。

  • プライベートな [自己紹介] ページおよびパブリックな [<ユーザー名> について] ページを含む個人用サイトを作成する。

  • 人のニュースフィード アクティビティおよび関連情報をフォローし、個人プロファイルを更新する。

  • タグおよびメモを使用して情報を管理する。

ユーザーまたはグループの権限を追加または削除することもできます。たとえば、既定では、認証されたすべてのユーザーが個人用サイトを作成でき、個人用機能およびソーシャル機能を使用できます。セキュリティ要件が厳しい組織では、サイト作成権限を特定のユーザーやグループだけに割り当てて、認証されたすべてのユーザーをリストから削除することが必要になる場合があります。

ユーザーまたはグループが個人用機能とソーシャル機能を使用できるようにする権限を設定するには、次の操作を行います。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [ユーザー プロファイル] を選びます。

  4. [ユーザー] の [ユーザー権限の管理] をクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 個人用機能およびソーシャル機能を使用するための権限を持つユーザーのリストにユーザーまたはグループを追加するには、最初のボックスでユーザーまたはグループを入力または選択し、[追加] をクリックします。入力内容が 2 番目のボックスに表示されます。

    • 個人用機能およびソーシャル機能を使用するための権限を持つユーザーのリストからユーザーまたはグループを削除するには、2 番目のボックスで項目を選択し、[削除] を選びます。

      注: 個人用サイトを作成するための権限を持つグループに含まれるユーザーが個人用サイトを作成した場合、ユーザーの権限が削除されてもユーザーの個人用サイトはまだ存在しているので、管理者がそれを削除する必要があります。

    • グループ内の特定のユーザーに権限を制限するには (たとえば、個人用サイトを作成する権限を一部のユーザーが持つようにする場合)、既定の [外部ユーザー以外のすべてのユーザー] を 2 番目のボックスから削除し、許可するユーザーを含むグループを 2 番目のボックスに追加した後、これらの権限を割り当てないユーザーを 2 番目のボックスから削除します。
      個人用サイトを作成できるグループに含まれるユーザーが個人用サイトを作成した場合、権限が削除されても個人用サイトは存在しているので、管理者がそれを削除する必要があります。

  1. [<アカウント名> に対する権限] ボックスで、ユーザーまたはグループが使えるようにする機能を選びます。

    • [個人用サイトの作成]: このオプションを選ぶと、ユーザーまたはグループはヘッダーの [自己紹介] を初めてクリックしたときに個人用サイトを作成でき、それによって ([ユーザーのフォローとプロファイルの編集] の設定に関係なく) ユーザーをフォローしたり個人プロファイルを編集したりできます。

    • [ユーザーのフォローとプロファイルの編集]: このオプションを選択すると、ユーザーまたはグループは他のユーザーをフォローし、自分のプロファイルを編集できます。[個人用サイトの作成] オプションが選択されている場合、このオプションをオフにしても、ユーザーのフォローとプロファイルの編集は許可されます。

    • [タグとメモを使用する]: このオプションを選択すると、ユーザーまたはグループはドキュメントでタグとメモを使うことができます。

      注: 個人用サイトを作成するための権限を持つグループに含まれるユーザーが個人用サイトを作成した場合、ユーザーの権限が削除されてもユーザーの個人用サイトはまだ存在しているので、管理者がそれを削除する必要があります。

  1. [OK] を選びます。

ページの先頭へ

タグとメモを削除する

SharePoint Online 管理者はソーシャル タグとメモを管理できます。たとえば、会社を辞めた従業員のタグをすべて削除したり、廃止されたタグや不適切な表現を含むタグを削除したりできます。

注: ソーシャル タグを削除しても、用語ストアから用語が削除されることはありません。用語を追加または削除するには、用語ストア マネージャーを使用します。用語ストア マネージャーの詳細については、「用語セットの用語を作成および管理する」を参照してください。

特定のユーザーまたは URL に関するすべてのタグやメモを削除するには、次の操作を行います。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [ユーザー プロファイル] を選びます。

  4. [個人用サイトの設定] で [ソーシャル タグとメモの管理] をクリックします。

  5. [種類] ボックスの一覧で、削除するソーシャル項目の種類を選びます。

  6. 特定のユーザーに関連付けられているすべてのタグまたはメモを削除するには、そのユーザーの名前を [ユーザー] ボックスに入力します。特定の URL のタグまたはメモをすべて削除するには、その URL の先頭部分を [URL] ボックスに入力します。その後、[検索] をクリックします。

  7. 削除するソーシャル項目を選択して、[削除] をクリックします。

特定の日付範囲のすべてのタグやメモを削除するには、次の操作を行います。

  1. [管理者]、[SharePoint]、[ユーザー プロファイル] の順にクリックします。

  2. [ユーザー プロファイル] を選びます。

  3. [個人用サイトの設定] で [ソーシャル タグとメモの管理] をクリックします。

  4. [種類] ボックスの一覧で、削除するソーシャル項目の種類を選びます。

  5. 特定のユーザーに関連付けられているすべてのタグまたはメモを削除するには、そのユーザーの名前を [ユーザー] ボックスに入力します。特定の URL のタグまたはメモをすべて削除するには、その URL の先頭部分を [URL] ボックスに入力します。その後、[検索] をクリックします。

  6. [期間の設定] のボックスに開始日と終了日を入力し、[検索] をクリックします。

  7. 削除するソーシャル項目を選んで、[削除] をクリックします。

特定のタグまたはメモを削除するには、次の操作を行います。

  1. [管理者]、[SharePoint]、[ユーザー プロファイル] の順にクリックします。

  2. [個人用サイトの設定] で [ソーシャル タグとメモの管理] をクリックします。

  3. [種類] ボックスの一覧で、削除するソーシャル項目の種類を選びます。

  4. [ユーザー] ボックスにユーザー名を入力するか、[URL の先頭] ボックスにすべてのメモまたはタグを削除する URL の先頭部分を入力して、[検索] をクリックします。

  5. [タグ/メモの内容] ボックスに検索するテキスト文字列を入力し、[検索] をクリックします。

  6. 削除するソーシャル項目を選んで、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×