個人用フォルダー (Outlook データ ファイル) を作成して使用する

個人用フォルダーを作成して使用する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

フォルダーを使用してメールを管理するのであれば、個人用フォルダーについて知っておく必要があります。 標準のフォルダーと個人用フォルダーは、同じように機能します。 ただし、見えないところで違いがあります。 このコースでは、その詳細とともに、メールのアーカイブや別のアカウントへのインポートやエクスポートについても知ることができます。

このコースの内容:

個人用フォルダー (Outlook データ ファイル) を作成して使用する (2:49)
メールの管理フォルダーを使用するには、個人用フォルダーについて理解しておく必要があります。作成するには、Outlook データ ファイルを使用して開始します。

古い Outlook アイテムを整理する (3:30)
アーカイブを使用すると、メール サーバーで空き領域を増やしたり、メールの内容をコンピューターに移動できます。手動で古いアイテムを整理するか、自動処理で一度に実行することができます。

メールを別のアカウントからインポートしたり別のアカウントへエクスポートしたりする (3:05)
メールをオンラインに保存すると、複数のコンピューターやデバイスでアクセスできます。とはいえ、メール、カレンダー、連絡先などの項目を、あるアカウントから別のアカウントに移動するにはどうすればよいでしょうか。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングでは他にも各種のコースを用意しています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×