個人情報を保護して非公開にする

名前、住所、電話番号、および ID は、盗まれたり公開されたりしてしまう可能性があるため、Microsoft Office、Windows、Internet Explorer を使用して、個人情報をよりプライベートな状態に保ち、セキュリティを強化することができます。あなたやあなたの家族、およびあなたのビジネスが、最も重要な資産の 1 つであるあなたの個人情報を保護するために、下記のリンクが役立ちます。

オンライン詐欺とフィッシング

詐欺から自分を守るための第 1 歩は、詐欺と、詐欺のリスクに自分をさらすさまざまなアクティビティを理解することです。 潜在的な詐欺を特定する方法と、自分を守るために役に立つプラクティスについては、「フィッシング詐欺やその他の形式のオンライン詐欺から身を守る」を参照してください。

Office におけるプライバシー

Office プログラムを使用している場合は、作成者 (あなたの名前)、マネージャー会社、および最終保存者など、重要な個人情報がファイルに格納されていることを理解することが重要です。この他に文書に残っている可能性のある情報は、隠し文字、変更されたテキスト、フィールド コード、電子メール アドレスなどです。この情報を削除するには、次の記事の手順に従います。

Word 2016 の個人情報、[詳細プロパティ]
Word 文書プロパティに保存されている個人情報の例

使用している Office のバージョンを確認する方法

現在使用している Office のバージョンを確認する手順については、「使用している Office のバージョンを確認する方法」を参照してください。

Office 2010、Office 2013、Office 2016

オフィスのセキュリティ センターは、ユーザーのプライバシーと使っているコンピューターとドキュメントのセキュリティを守るために、設定を構成できる場所です。 セキュリティ センターに関する詳細については、「セキュリティ センターのオプションと設定を表示する」を参照してください。

間違った相手に個人情報が送信されないように、Office のドキュメントから個人情報を削除することができます。個人情報を削除する手順については、トピック「ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する」 (Word、Excel、PowerPoint、Visio) を参照してください。

Windows におけるプライバシー

オペレーティング システムにおいて個人情報が保護されていることを確認するには、次の手順に従います。インストールされている Windows のバージョンがわからない場合は、以下のリンクをクリックします。

実行中の Windows オペレーティング システムのバージョンの確認

自分のコンピューターで実行している Windows のバージョンを自動的に検出するには、使っている Windows オペレーティング システムの確認に関するページを参照してください。

Windows 7: InPrivate ブラウズ

InPrivate ブラウズでは、閲覧セッションに関するデータが Internet Explorer により保管されません。この機能により、他のユーザーがあなたのコンピューターを使用した場合に、あなたがどの Web サイトにアクセスし、何を閲覧していたかを他のユーザーに表示しないようにします。InPrivate ブラウズの詳細については、InPrivate ブラウズに関するページを参照してください。

Windows Vista: Windows Defender

Windows Defender は Windows Vista 用のセキュリティ ツールで、スパイウェアを検出してコンピューターから削除します。Windows Defender の詳細については、Windows Defender の使用に関するページを参照してください。

ページの先頭へ

Internet Explorer におけるプライバシー

ショッピングをしたり、Web を閲覧したり、ゲームをしたり、写真をダウンロードしたりする際に Internet Explorer を使用すると、プライバシーをより確実に保護できます。

使用中の Internet Explorer のバージョンの確認

次のリンクをクリックすると、使っているコンピューターで実行されている Internet Explorer のバージョンを自動的に確認できます: 使用中の Internet Explorer のバージョンを確認する

Internet Explorer 8

Cookie の設定、ポップアップ ブロック、InPrivate ブラウズについて説明します。

Internet Explorer 8 のセキュリティとプライバシーの機能

ページの先頭へ

Internet Explorer 7

Internet Explorer 7 の場合、ブラウザーのプライバシー設定を調整すると、詐欺の被害者にならないように、ID 詐取を識別することができます。詳細については、Internet Explorer のプライバシー設定の変更 (バージョン 7 および 8) に関するページを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×