個人情報または隠し情報を削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図面のコピーを他のユーザーに渡す前に、図面または図面ファイルのプロパティから一部の情報を削除することができます。

注: 図面を Microsoft に送信しない限り、Microsoft がその図面から何らかの情報を得ることはありません。

Microsoft Office Visio の次の機能領域から個人情報を簡単に削除できます。

  • 図面のページに挿入されているコメント

  • ファイルのプロパティ ([作成者]、[管理者]、および [会社名])

  • 校閲者の氏名、イニシャル、および校正履歴

  • ステンシル ファイルのパス

  • テンプレート ファイルのパスと名前

  • [ファイル] メニューの [隠し情報の削除] をクリックします。

    Visio Premium 2010 を使っている場合がありますこの [ファイル] >情報>個人情報を削除します。

  • [個人情報] タブをクリックします。

  • [以下のアイテムをドキュメントから削除する] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 個人情報を再入力しようとするたびに警告が表示されるようにする場合は、[情報が再挿入されるときに警告を表示する] チェック ボックスをオンにします。

  • 外部データ ソースからの機密情報である可能性があるデータを削除するには、[ドキュメントに保存されている、外部ソースからのデータを削除する] チェック ボックスをオンにします。

    注: このチェック ボックスをオンにしても、図形にリンクされていたデータは削除 "されません"。データ ソースは図表から削除されますが、データ ソースからのデータが図表に含まれている場合は、手動で削除する必要があります。

注: 共有サーバーで他のユーザーがドキュメントを使用できる場合は、ドキュメントが開かれるたびに、ファイルを開いているユーザーの名前とファイルが保存されているコンピュータの名前についての情報が表示されます。この情報を保護するには、共有ドキュメントに信頼されるユーザーのみがアクセスできるようにしてください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×