個人オプションの設定

このトピックでは、個人用オプション ウィンドウについて説明します。このウィンドウでは、サインイン設定を行い、Lync で他のユーザーに表示する情報を指定し、他の Office プログラムとのやり取りの方法を Lync に指示することができます。

[マイ アカウント] オプションを設定する

[マイ アカウント] の下のオプションを使い、サインイン アドレスを指定し、Office 365 への接続方法を構成します。

  • 個人オプションの画面を開きます。サインイン アドレスを変更するには、[マイ アカウント] の下の [サインイン アドレス] ボックスにユーザー アカウント名を入力します。たとえば、「someone@example.com」のように入力します。

注: [詳細設定] はクリックしないことをお勧めします。現在設定されている [自動構成] が Office 365 の必須になるからです。

  • Windows オペレーティング システムにログオンするたびに Lync に自動的にサインインして起動するには、[Windows にログオンするときに自動的に Lync を起動する] チェック ボックスをオンにします。 自動的にサインインしない場合は、このチェック ボックスをオフにしてください。

  • Lync の起動時にメイン ウィンドウが他のウィンドウよりも前に表示されるようにするには、[起動時に Lync を前面に表示する] チェック ボックスをオンにします。 このオプションをオンにしない場合、Lync の起動時に Lync アイコンは Windows の通知領域 (システム トレイ) に表示されます。

[個人情報マネージャー] オプションを設定する

[個人情報マネージャー] の下のオプションを使い、Lync と他の Office プログラムとの連携方法を指定します。

  1. 個人オプションの画面を開き、[個人情報マネージャー] の下のドロップダウン リストで [Microsoft Exchange または Microsoft Outlook] または [なし] を選びます。 [Microsoft Exchange または Microsoft Outlook] を選んだ場合は、Lync で連絡先を検索するときに、グローバル アドレス一覧に加えて Outlook の連絡先リストが検索されます。 [なし] を選んだ場合、Lync 検索機能により、グローバル アドレス一覧からのみ連絡先が返されます。 Windows アドレス帳や Outlook の連絡先リストは使用されません。

  2. [Microsoft Exchange または Microsoft Outlook] を選択する場合、以下のいずれかを実行してください。

    • 定例会議中にプレゼンスを自動的に反映するには、[予定表情報に基づいてプレゼンスを更新する] チェック ボックスをオンにし、 次の設定を使用してこの情報を確認するユーザーを指定します。

      • この情報をワークグループ内の連絡先に表示するには、[「ワークグループ」の関係にある連絡先に会議の件名と場所を表示する] チェック ボックスをオンにします。

      • 連絡先に Outlook の不在情報を表示するには、[「友人および家族」、「ワークグループ」および「仕事仲間」の関係にある連絡先に不在情報を表示する] チェック ボックスをオンにします。 すべての連絡先から不在情報を隠す場合は、このチェック ボックスをオフにします。

    • Outlook に会話履歴を保存するには、[電子メールの [会話履歴] にインスタント メッセージでの会話を保存する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオフにすると、インスタント メッセージの履歴は保存されません。

    • Outlook に通話履歴を保存するには、[電子メールの [会話履歴] に通話ログを保存する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスをオフにすると、通話履歴は保存されません。

[場所] オプションを設定する

[場所] の下のオプションを使い、自分の場所の情報を Lync と他のプログラムとの間で共有するかどうかを指定します。 他のプログラムが場所の情報を使用できるようにするには、[個人用] オプション ウィンドウの [場所] 領域で、[場所の情報を自分が使用している他のプログラムと共有する] チェック ボックスをオンにします。 他のプログラムで場所を非表示にするには、このチェック ボックスをオフにします。

注:  外部の連絡先以外のすべての連絡先に自分の場所が表示されます。 自分のプレゼンス情報のどの部分がどのユーザーに表示されるかについては、「Lync の自分のプレゼンス情報へのアクセスを制御する」を参照してください。

[写真を表示する] オプションを設定する

他のユーザーの写真を表示するかどうかを指定するには、[写真を表示する] の下にあるオプションを使用します。

  • Lync で他のユーザーの写真を表示/非表示を切り替えるには、[個人] オプションの画面を開き、[写真の表示] の下にある[連絡先の写真を表示する] チェック ボックスのオン/オフを切り替えます (既定では、写真を表示するようになっています。写真を非表示にすると、連絡先リストの中により多くの連絡先を表示できます。また、このチェック ボックスをオフにすると、自分の写真が他のユーザーの Lync に表示されず、自分も IM やグループ会話で送信者や受信者の写真を表示できません)。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×