個人の言語と地域の設定を変更します。

個人の言語と地域の設定を変更します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

デスクトップまたはモバイル デバイスからアクセスできる自分の個人プロファイル] ページからいつでも、SharePoint の表示言語、タイム ゾーン、国/地域、および関連する設定を表示できます。場合は、組織のポリシーをでも使用できるようにも言語と地域設定を変更することができます。設定は、組織の SharePoint サイトのビューにのみ適用され、他のユーザーがこれらのサイトを表示する方法には影響しません。

SharePoint の管理者である場合は、サイトの地域の設定を変更するサイト コレクションの地域設定を変更するのにはを参照してください。

注記: 

  • Office 365 環境ではなく、自分の組織が管理するローカルの SharePoint サイトの環境で作業している場合、この記事で説明している言語依存のガイダンスを使うには、サイトコレクション管理者によって言語が事前に設定されている必要があります。

  • SharePoint Online で言語を設定し、Office 365 で言語を変更すると、Office 365 の設定が SharePoint の設定よりも優先されます。詳細については、「Office 365 の表示言語を変更する」を参照してください。

  • この記事で説明している機能は、組織が個人用サイトやユーザー プロファイルをセットアップまたはカスタマイズしているかによって左右されます。詳しくは、管理者にお問い合わせください。

個人用言語と地域設定を変更するには

  1. 自分の名前または組織内の任意の SharePoint または Office 365 サイトの上部にある画像をクリックします。

    自分の画像を選び、[プロファイル] を選んで [プロファイル] に移動する

  2. [自己紹介し、[プロファイルの更新] をクリックします。

  3. [言語と地域の設定を変更する方法] の下にあるリンクをクリックします。

  4. [詳細の編集]ページで、省略記号(…)] をクリックし、[言語と地域] をクリックします。
    省略記号をクリックし、[言語と地域] をクリックしてください

  5. 設定を更新します。ガイダンスについては、この手順の次の表をご覧ください。

  6. [すべて保存して閉じる] をクリックします。

次の設定を使って、[全員] または [自分のみ] に適用することができます。変更できない場合は、管理者が設定を制限している可能性があります。

編集する言語と地域設定

操作

言語設定

次のように設定を変更します。

  • SharePoint 環境の表示言語を変更するには、[新しい言語の選択] の下向き矢印をクリックして言語を選択し、[追加] をクリックします。複数の言語を追加する場合、言語の順序を変更したり、言語を削除したりすることができます。次の [言語の詳細設定] の説明を参照してください。

  • コンテンツと検索の言語を選ぶには、[言語の詳細設定を表示] をクリックしてから [新しい言語の選択] の下矢印をクリックし、言語を選んで [追加] をクリックします。

  • Office 365 のサイトで作業している場合は、表示言語を変更できないため、この設定は適用されません。[編集] をクリックして他のプロファイル ページで設定の更新を続けるか、このページの他のオプションに進みます。

複数の言語を追加した場合は、[コンテンツと検索] ボックスの上下の矢印 上下の矢印ボタン を使って、言語を使う順序を示すことができます。たとえば、フランス語を主要言語とし、フランス語が使えない場合にのみ英語を使うようにする場合は、矢印をクリックしてフランス語を最優先言語にします。

言語を削除するには、該当する言語の横の Xオプションをクリックします。

注:  表示方法を統一するには、言語と地域のオプションが対応するように選びます。このようにすれば、たとえばアラビア語圏の予定表に英語が表示されるようなことはなくなります。

タイム ゾーン

[タイム ゾーン] ボックスをクリックし、一覧から現在のタイム ゾーンを選びます。この設定を編集できない場合は、[設定の選択] の次の行にある [サイト管理者によって定義された地域設定を常に使用する] をクリックしてみてください。この操作により、[タイムゾーン] ボックスが使えるようになります。ただし、管理者が設定をカスタマイズして編集できないようにしている場合は例外です。

設定の選択

サイト管理者によって定義された言語と地域の設定を使うには、[サイト管理者によって定義された地域設定を常に使用する] をクリックします。

自分の個人用設定を使うには、[個人用の設定を常に使用する] をクリックします。

注: 地域と時刻の設定を編集するには、このオプションを選ぶ必要があります。

ロケール

[ロケール] ボックスをクリックし、言語を選びます。

カレンダーの設定

ドロップダウン リストからカレンダーの種類を選択します。週番号を表示する場合は、その後、[日付ナビゲーターに週番号を表示する] をクリックします。

代替カレンダーの有効化

必要に応じて、別のカレンダーの種類を選びます。

稼働日の定義

稼働日を定義する曜日を選びます。たとえば、火曜日から土曜日まで勤務している場合は、該当するボックスをオンにします。

時刻の形式

[時刻の形式] ボックスをクリックし、[12 時間] または [24 時間] を選びます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

サイトのユーザー インターフェイスで使用できるようにする言語の選択

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×