信頼済みドキュメント

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

最終更新日2019年1月8日

目的に合ったトピックをクリックしてください

信頼済みドキュメントを作成する

ネットワーク上のドキュメントを信頼する

セキュリティ センターの信頼済みドキュメントの設定を確認または変更する

信頼済みドキュメントの設定の説明

信頼済みドキュメントとは

信頼済みドキュメントを作成する

有効なコンテンツ (データ接続、マクロなど) を含む新しいファイルを開くと、アクティブコンテンツには、コンピューターや組織のネットワークに害を与える可能性があるウイルスやその他のセキュリティ上の問題が含まれている可能性があるため、メッセージバーが表示されます。

マクロのセキュリティの警告メッセージ バー

ただし、ファイルのソースを信頼している場合、またはアクティブなコンテンツがセキュリティで保護されていることがわかっている場合 (たとえば、マクロが信頼できる発行元によって署名されている場合)、[コンテンツの有効化] ボタンを選択してファイルのアクティブコンテンツを有効にするこれにより、信頼できるドキュメントになります。ファイルをもう一度開くと、メッセージバーは表示されません。

信頼できるドキュメントを作成できないファイルがあります

ファイルを信頼できるドキュメントにすることができない場合があります。たとえば、ファイルを開こうとすると、1つまたは複数のアクティブコンテンツの種類が無効になっています。次の場合、アクティブコンテンツを無効にすることができます。

  • システム管理者は、組織の特定の種類のアクティブコンテンツを無効にするようにセキュリティポリシーを設定しています (たとえば、通知なしですべてのマクロを無効にします)。この場合、マクロとデータ接続を含むファイルを開くと、ファイルが開かれたときにマクロが無効になっているため、ファイルを信頼できません。

  • 1 種類以上のアクティブ コンテンツに対してセキュリティ センターの設定を変更している場合。

セキュリティ設定を表示するには、[ファイル] タブをクリックします。[オプション] をクリックします。[セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。または、「セキュリティ センターのオプションと設定を表示する」で詳細を確認できます。

ファイルを信頼済みドキュメントに設定できないその他の理由

  • インターネット一時フォルダー (TIF)、Temp フォルダーなど、安全でない場所から開いたファイルである場合

  • システム管理者が、ネットワーク上の場所またはすべての場所に対して、ドキュメントを信頼する機能を無効にしている場合

  • 信頼しようとしているファイルが、.dot、.dotx、.dotm などの拡張子が付いたテンプレート ファイルである場合

これらのファイルは、[すべてのコンテンツを有効にする] をクリックして、そのセッションのアクティブ コンテンツを有効にします。この場合、コンテンツは一度だけ有効になります。ファイルを再度開くと、メッセージ バーが表示されます。

次の画像は、ファイルを信頼できない場合の [セキュリティ警告] 領域の例です。

ファイルを信頼できないときのセキュリティ警告領域

ページの先頭へ

ネットワーク上のドキュメントを信頼する

ネットワークではドキュメントを信頼する前に注意が必要です。ネットワーク ファイルが改ざんされたり、ファイル中のアクティブ コンテンツが変更されたりするおそれがあるためです。セキュリティ上のリスクを抑えるには、アクセス制御されているネットワーク上の場所にある、またはシステム管理者によって作成されたファイルを信頼する必要があります。

ネットワーク上の場所にあるファイルを信頼しようとすると、[セキュリティ警告] ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスでは [今後このメッセージを表示しない] をクリックすると、ダイアログ ボックスは表示されなくなります。また、[セキュリティ警告] ダイアログ ボックスの [いいえ] をクリックして、機能を無効にすることもできます。

ネットワーク上の場所に対して信頼済みドキュメント機能を無効にする

セキュリティ センターで、ネットワーク上の場所について信頼済みドキュメント機能を無効にすることができます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [信頼済みドキュメント] をクリックします。

  5. [ネットワーク上のドキュメントを信頼することを許可する] チェック ボックスをオフにします。

セキュリティ センターの信頼済みドキュメント領域

ページの先頭へ

セキュリティ センターの信頼済みドキュメントの設定を確認または変更する

セキュリティ センターの信頼済みドキュメントの設定を表示または変更できます。変更が開始され、信頼済みドキュメントの作成機能が無効になり、アクティブ コンテンツ内の悪意のある可能性があるコードからコンピューターおよび組織のネットワークを保護します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [信頼済みドキュメント] をクリックします。

  5. 信頼済みドキュメントの必要な選択を行います。

ページの先頭へ

信頼済みドキュメントの設定の説明

  • ネットワーク上のドキュメントを信頼することを許可する   ネットワーク上の場所にあるファイルに対して [セキュリティ警告] ダイアログ ボックスが表示されなくなります。

  • 信頼済みドキュメントを無効にする   ファイルを開くたびに、[セキュリティ警告] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • 信頼済みドキュメントをすべてクリアして、信頼されていない状態にする   以前信頼した信頼済みドキュメントのリストを削除するには、[クリア] をクリックします。以前信頼したドキュメントでも、メッセージ バーがもう一度表示されるようになります。

ページの先頭へ

信頼済みドキュメントとは

信頼済みドキュメントは、アクティブ コンテンツ (マクロ、ActiveX コントロール、データ接続など) が含まれており、ファイル中のアクティブ コンテンツを有効にした後、メッセージ バーが表示されずに開くファイルです。信頼済みドキュメントでは、新しいアクティブ コンテンツを追加した場合や既存のアクティブ コンテンツを変更した場合でも、ファイルを開いたときにプロンプトが表示されません。ただし、最後にファイルを信頼した後にファイルを移動した場合、プロンプトは表示されます。ドキュメントは、信頼されると、保護ビューでは開きません。そのため、ファイルの発行元が信頼できる場合のみドキュメントを信頼してください。

注: 保護ビューでアクティブ コンテンツを含まないファイルを開いた場合は、編集を有効にすると、ファイルは信頼され、保護ビューで開かなくなります。ただし、ファイルにアクティブ コンテンツが含まれている場合は、コンテンツを有効にしない限り、無効になったアクティブ コンテンツにメッセージ バーが表示されます。アクティブ コンテンツは、保護ビューを終了したときに自動的に有効になりません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×