信頼できる発行元を追加、削除、表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、信頼できる発行元の概要、信頼できる発行元によって作成された機能だけを使用する方が安全性が高い理由、および 2007 Microsoft Office system のセキュリティ センターにある信頼できる発行元リストに信頼できる発行元を追加する方法とリストから削除する方法を説明します。

Office 2010 の新機能

Office ブログ (英語)

この記事の内容

信頼できる発行元とは

信頼できる発行元リストに開発者を追加する

信頼できる発行元リストから開発者を削除する

以前の信頼できる発行元リストから開発者を削除する

信頼できる発行元リスト内の開発者名の証明書を表示する

信頼できる発行元とは

発行元では、マクロ、ActiveX コントロール、アドイン、またはその他のアプリケーションの拡張し、他のユーザーが使用するが、作成した開発者です。信頼できる発行元を考慮するには、ユーザーがいると、ユーザーの資格情報が有効かどうかがわかっている必要があります。信頼できる発行元は、次の抽出条件をすべて満たす開発者は、信頼できます。

  • 開発者がコード プロジェクトにdigital signatureを行っている。

  • デジタル署名がvalidである。

  • デジタル署名の有効期限が切れていない。

  • デジタル署名の証明書が、信頼できる証明機関 (CA) によって発行されているかどうか。

  • コード プロジェクトに署名した開発者はtrusted publisherである。

上記のすべての条件を満たしていない発行済みコードを実行しようとすると、既定ではセキュリティ センターによってマクロが無効にされ、安全性の低い発行元であることを通知するメッセージ バーが表示されます。

[メッセージ バー]

メッセージ バーの [オプション] をクリックすると、セキュリティ ダイアログ ボックスが表示され、コンテンツを有効にするか、無効のままにしておくか、発行元を明示的に信頼するかを指定することができます。指定を行う前に安全性を正しく判断する方法については、次のセクションを参照してください。

注: Microsoft Office Outlook 2007 および Microsoft Office Publisher 2007 では、セキュリティ警告はメッセージ バーではなく、ダイアログ ボックスに表示されます。

ページの先頭へ

信頼できる発行元リストに開発者を追加する

セキュリティ ダイアログ ボックスを表示すると、マクロを無効のままにしておくか、マクロを有効にするか、発行元を明示的に信頼するかを指定することができます。マクロは、信頼できる発行元のものであることが確認できる場合に限り有効にします。

Microsoft Office のセキュリティ オプション

セキュリティ ダイアログ ボックスの [この発行者のドキュメントをすべて信頼する] をオンにすると、マクロ開発者を明示的にtrustできます。

このオプションは、署名が有効な場合にのみ表示されます。このオプションをオンにすると、この発行元のソフトウェアはすべて信頼することになります。

重要: 

  • 表示された場合、警告があることを示すには、署名がないまたはコードが信頼できる発行元からは、その署名が有効でない、いない、コンテンツを有効にするか、発行元を信頼するかを確認しない限りする必要があります。たとえば、マクロを含む文書は、電子メールを送信した場合、は、送信者を理解していると、電子メール メッセージを期待どおりに重要です。それ以外の場合は、詳細については、オプションをクリックする前にドキュメントのソースに問い合わせてください。同様に、Web サイトからファイルをダウンロードする前に必ず Web サイトが信頼できます。詳細については、インターネット エクスプ ローラー 6 により、保持するデータ安全なを参照してください。

  • Internet Explorer のバージョンが必要なのですか?

ページの先頭へ

信頼できる発行元リストから開発者を削除する

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Access

Access

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Excel

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

InfoPath の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Publisher の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Visio の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Word

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

以前の信頼できる発行元リストから開発者を削除する

以前の信頼できる発行元リストは、以前のバージョンの Office で使用されていた信頼できる発行元がベースになっています。Microsoft Office 2003 より以前のバージョンでは、Windows Internet Explorer とは別に Office 独自の信頼できる発行元リストが用意されていました。Office 2003 から、Office と Internet Explorer で同じ信頼できる発行元リストが共有されています。たとえば、Internet Explorer を使用して Microsoft によって署名された ActiveX コントロールをダウンロードし、メッセージが表示されたときに発行元を信頼した場合、Microsoft Office Online からダウンロードした、Microsoft によって署名されたコンテンツは、Office プログラムでも信頼されます。以前の信頼できる発行元リストの開発者はそのまま信頼されますが、このリストに開発者を追加することはできません。リスト内の開発者を信頼しない場合は、次の操作を行って開発者を削除できます。

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Access

Access

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Excel

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

InfoPath の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Publisher の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Visio の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Word

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [以前の信頼できる発行元] ボックスの一覧で、削除する名前をクリックし、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

信頼できる発行元リスト内の開発者名の証明書を表示する

開発者の証明書を表示すると、証明書の発行者および発行時期などの詳細を参照できます。証明書の詳細については、「デジタル署名の信頼性を確認する方法」を参照してください。

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Access

Access

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

Excel

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

InfoPath の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

Publisher の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

Visio の場合

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

Word

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックして、[信頼できる発行元] をクリックします。

  3. [信頼できる発行元] ボックスの一覧で、証明書を表示する発行元の名前をクリックし、[表示] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×