信頼できる場所を追加、削除、変更する

Office 365 サブスクリプション, Office Online, Office 2019, Office 2016, Office 2013, Office 2010

ファイルに対してセキュリティ センターによるチェックを行わないようにする場合や、ファイルを保護ビューで開かないようにするには、信頼できる場所にファイルを保存する必要があります。 これは特に、マクロ、データ接続、ActiveX コントロール (アクティブ コンテンツと呼びます) が含まれたファイルに当てはまります。 ファイルのアクティブ コンテンツが信頼できる発行元から入手されたものと思われる場合は、セキュリティ センターで設定する既定のセキュリティ レベルを下げずに、ファイルを信頼できる場所へ移動することをお勧めします。

セキュリティ センターの [信頼できる場所] 領域

信頼できる場所を追加する

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[信頼できる場所] の順にクリックします。

  3. [新しい場所の追加] をクリックします。

  4. [参照] をクリックしてフォルダーを見つけ、そのフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。

信頼できる場所を削除する

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[信頼できる場所] の順にクリックします。

  3. 削除する場所を選択し、[削除]、[OK] の順にクリックします。

信頼できる場所を変更する

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[信頼できる場所] の順にクリックします。

  3. [信頼できる場所] の一覧で場所を選び、[変更] をクリックします。

  4. 必要な変更を加えて、[OK] をクリックします。

信頼できる場所を追加する

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティセンター] をクリックし、[セキュリティセンターの設定] をクリックして、[信頼できる場所] をクリックします。

  3. 自分のコンピューターにローカルではない信頼できる場所を作成する場合は、[ネットワーク上の信頼できる場所を許可する (推奨しません) ] チェックボックスをオンにします。

  4. [新しい場所の追加] をクリックします。

    重要: ドキュメントまたは [マイドキュメント] フォルダー全体を信頼できる場所にしないようにすることをお勧めします。 こうすることにより、ハッカーのために大きなターゲットが作成され、セキュリティ上のリスクを高める可能性が高くなります。 ドキュメントまたはマイドキュメント内にサブフォルダーを作成し、そのフォルダーのみを信頼できる場所として設定します。

  5. [パス] ボックスに、信頼できる場所として使用するフォルダーの名前を入力するか、[参照] をクリックしてフォルダーを見つけます。

  6. サブフォルダーを信頼できる場所として含める場合は、[この場所のサブフォルダーも信頼する] チェックボックスをオンにします。

  7. [説明] ボックスに、信頼できる場所の目的を入力します。

  8. [OK] をクリックします。

信頼できる場所を削除する

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティセンター] をクリックし、[セキュリティセンターの設定] をクリックして、[信頼できる場所] をクリックします。

  3. [パス] で、削除する信頼できる場所をクリックします。

  4. [削除] をクリックし、[ OK]をクリックします。

信頼できる場所を変更する

  1. [ Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[ Office プログラムの<> オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティセンター] をクリックし、[セキュリティセンターの設定] をクリックして、[信頼できる場所] をクリックします。

  3. [パス] で、変更する信頼できる場所をクリックします。

  4. [変更] をクリックし、[ OK]をクリックします。

  5. [パス] ボックスに、信頼できる場所として使用するフォルダーの名前を入力するか、[参照] をクリックしてフォルダーを見つけます。

  6. サブフォルダーを信頼できる場所として含める場合は、[この場所のサブフォルダーも信頼する] チェックボックスをオンにします。

  7. [説明] ボックスに、信頼できる場所の目的を入力します。

  8. [OK] をクリックします。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×