信頼されているかどうかによるデータベース オブジェクトの動作の違い

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Access 2007 では、データベース オブジェクトにデジタル署名を適用した場合、または信頼できる場所にデータベースを配置した場合を除き、既定で多数のデータベース オブジェクトが無効になります。ここでは、Office Access 2007 で無効にされるコンポーネントを示します。

この記事の内容

Office Access 2007 を無効にするコンポーネント

無効なデータベースを有効にする方法

Office Access 2007 で無効にされるコンポーネント

Access 2007 では、既定ですべてのデータベースが無効モードで開かれます。つまり、データベースにデジタル署名が含まれている場合、または信頼できる場所にデータベースが配置されている場合を除き、実行可能なコンテンツはすべて無効になります。これは、新しい Access 2007 ファイル形式で作成されたデータベースでも、以前のバージョンの Access で作成されたファイルでも同じです。

Access 2007 で無効にされるコンポーネントは次のとおりです。

  • Visual Basic for Applications (VBA) コードおよび VBA コード内の参照。

  • 安全でない式。式は数式と同じものです。安全でない式には、データベースを変更する関数や、データベースの外部のリソースにアクセスする関数が含まれます。

  • あらゆるマクロ内の安全でないアクション。安全でないアクションとは、ユーザーがデータベースを変更できるようにしたり、データベースの外部のリソースにアクセスできるようにしたりするすべてのアクションです。ただし、Access が無効にするアクションでも、安全と見なすことができる場合があります。たとえば、データベースの作成者を信頼している場合は、データベース内の安全でないマクロのアクションも信頼できます。

  • 次の種類のクエリ。

    • アクション クエリ    データを追加、更新、削除します。

    • データ定義クエリ (DDL)    テーブルやプロシージャなど、データベース内のオブジェクトを作成または変更するために使用します。

    • SQL パススルー クエリ    これらのクエリは、ODBC (Open Database Connectivity) 標準をサポートするデータベース サーバーにコマンドを直接送信します。パススルー クエリは、データベース エンジンを使用することなくサーバー上のテーブルを処理します。

  • ActiveX コントロール

ページの先頭へ

無効にされたデータベースを有効にする方法

Office Access 2007 には、無効にされたコンポーネントを有効にする方法が 2 つあります。デジタル署名をデータベースに適用する方法と、セキュリティ センターを使用して信頼できる場所を作成し、データベースをこの場所に配置する方法です。これらの方法を使用した場合でも、一部の関数と式は Access のサンドボックス モードによって無効にされることに注意してください。

Access 2007 のセキュリティの詳細については、この記事の [参照] セクションのリンクをクリックしてください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×