保護されたワークシートで特定の範囲をロックまたはロック解除する

保護されたワークシートで特定の範囲をロックまたはロック解除する

ワークシートを保護すると、既定ではすべてのセルがロックされ、セルの編集ができなくなります。一部のセルだけをロックしたまま他のセルを編集できるようにするには、ワークシートを保護する前に、すべてのセルのロックを解除してから特定のセルや範囲だけをロックします。特定のユーザーに対し、保護されたワークシートの特定の範囲を編集する許可を与えることもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

保護されたワークシートで特定のセルや範囲だけをロックする

保護されたワークシートで範囲をロック解除してユーザーが編集できるようにする

保護されたワークシートで特定のセルや範囲だけをロックする

  1. ワークシートが保護されている場合は、次の操作を行います。

    1. [校閲] タブの [変更] で [シート保護の解除] をクリックします。

      [シート保護の解除]

      ワークシートを保護すると、[シートの保護] が [シート保護の解除] に変わります。

    2. メッセージが表示されたら、パスワードを入力して、ワークシートの保護を解除します。

  2. [すべて選択] をクリックして、ワークシート全体を選択します。

    [すべて選択] ボタン

  3. [ホーム] タブの [フォント] で、[セルのフォントの設定] ダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。Ctrl キーと Shift キーを押しながら F キー、または Ctrl キーを押しながら 1 キーを押すこともできます。

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックス起動ツール

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [保護] タブで、[ロック] ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

    これで、ワークシートを保護したときに、ワークシートのすべてのセルのロックが解除されるようになります。ロックするセルを選択できるようになります。

  5. ワークシートで、ロックするセルだけを選択します。

  6. [セルの書式設定] ダイアログ ボックスを再度表示します (Ctrl キーと Shift キーを押しながら F キーを押します)。

  7. 今回は、[保護] タブで、[ロック] ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  8. [校閲] タブの [変更] グループで [シートの保護] をクリックします。

    シートの保護

  9. [このシートのすべてのユーザーに許可する操作] ボックスの一覧で、ユーザーが変更できるようにする要素をオンにします。

    ワークシート要素の詳細

    シート要素

    オフにするチェック ボックス

    禁止される操作

    ロックされたセル範囲の選択

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [保護] タブで、[ロック] チェック ボックスがオンになっているセルへのポインタの移動。既定では、ユーザーはロックされたセルを選択できます。

    ロックされていないセル範囲の選択

    ポインターを、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [保護] で [ロック] チェック ボックスがオフになっているセルに移動すること。既定では、ユーザーはロックされていないセル範囲を選択できます。Tab キーを押すことで、保護されたワークシート上でもロックされていないセル間を移動できます。

    セルの書式設定

    [セルの書式設定] または [条件付き書式] ダイアログ ボックスのすべてのオプションの変更。シートを保護する前に条件付き書式を適用した場合は、別の条件に合う値を入力して書式を変更することができます。

    列の書式設定

    列の幅を変更したり、列を非表示にしたりするなど、列の書式設定を行うすべてのコマンド ([ホーム] タブの [セル] の [書式] ボタン) の使用。

    [行の書式設定]

    行の高さを変更したり、行を非表示にしたりするなど、行の書式設定を行うすべてのコマンド ([ホーム] タブの [セル] の [書式] ボタン) の使用。

    [列の挿入]

    列の挿入。

    [行の挿入]

    行の挿入。

    [ハイパーリンクの挿入]

    新しいハイパーリンクの挿入 (ロックされていないセルへの挿入も含む)。

    列の削除

    列を削除すること。

    [列の削除] が保護されていて、[列の挿入] は保護されていない場合、ユーザーは列を挿入できますが、削除はできません。

    [行の削除]

    行の削除。

    [行の削除] を禁止して [行の挿入] を許可すると、ユーザーは自分が挿入した行を削除できなくなります。

    並べ替え

    データの並べ替えコマンドを使用すること ([データ] タブ、[並べ替えとフィルター])。

    ユーザーは、この設定に関係なく、保護されたワークシート上のロックされたセルを含む範囲は、並べ替えできません。

    オートフィルターの使用

    オートフィルターが適用されているときに、範囲のフィルターを変更するためにドロップダウン矢印を使用すること。

    ユーザーは、この設定に関係なく、保護されたワークシートでオートフィルターを適用または削除できません。

    [ピボットテーブル レポートを使用する]

    ピボットテーブル レポートの書式設定、レイアウトの変更、更新、またはその他の変更、あるいは新しいレポートの作成。

    [オブジェクトの編集]

    次のうち、必要な操作を行うこと。

    • ワークシートを保護する前にロック解除しなかったマップ、埋め込みグラフ、図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトへの変更。たとえば、ワークシートにマクロを実行するボタンがある場合、そのボタンをクリックしてマクロを実行することはできますが、そのボタンを削除することはできません。

    • 埋め込みグラフに対し、書式設定などの変更を加えること。グラフは、ソース データが変更されると更新されます。

    • コメントの追加または編集。

    シナリオの編集

    非表示にしたシナリオの表示、変更できないように設定したシナリオの変更、およびシナリオの削除。セルが保護されていない場合は、そのセルの値を編集したり、新規シナリオを追加したりすることができます。

    グラフ シート要素

    オンにするチェック ボックス

    禁止される操作

    内容

    グラフを構成するデータ系列、軸、凡例などのアイテムの変更。ただし、グラフのソース データに対する変更は、グラフに反映されます。

    オブジェクト

    図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトへの変更。ただし、グラフ シートを保護する前にロックを解除したオブジェクトは変更できます。

  10. [シートの保護を解除するためのパスワード] ボックスにシートのパスワードを入力し、[OK] をクリックしてから、確認用に再度パスワードを入力します。

    • パスワードは省略可能です。パスワードを設定しない場合は、すべてのユーザーがシートの保護を解除したり、保護された要素を変更したりできます。

    • パスワードには、覚えやすいものを使用するようにしてください。パスワードを忘れると、ワークシート上の保護された要素にアクセスできなくなります。

ページの先頭へ

保護されたワークシートで範囲をロック解除してユーザーが編集できるようにする

保護されたワークシートの特定の範囲を編集するアクセス許可を特定のユーザーに与えるには、使用しているコンピューターで Microsoft Windows XP 以降が実行されていて、ドメインに参加している必要があります。ドメインを必要とするアクセス許可を使用する代わりに、範囲のパスワードを指定することもできます。

  1. 保護するワークシートを選択します。

  2. [校閲] タブの [変更] で [範囲の編集を許可] をクリックします。

    [範囲の編集を許可]

    このコマンドは、ワークシートが保護されていない場合にのみ使用できます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 編集可能な範囲を新しく追加するには、[新規] をクリックします。

    • 編集可能な既存の範囲を変更するには、[シートが保護されているときにパスワードでロックを解除する範囲] ボックスで目的の範囲をクリックし、[変更] をクリックします。

    • 編集可能な範囲を削除するには、[シートが保護されているときにパスワードでロックを解除する範囲] ボックスで目的の範囲をクリックし、[削除] をクリックします。

  4. [タイトル] ボックスに、ロックを解除する範囲の名前を入力します。

  5. [セルの参照] ボックスに等号 (=) を入力し、ロックを解除する範囲の参照を入力します。

    [ダイアログ縮小] をクリックして、ワークシート上で範囲を選択することもできます。ダイアログ ボックスに戻るには、もう一度 [ダイアログ縮小] をクリックします。

  6. パスワードを使用してアクセスする場合は、[範囲パスワード] ボックスに、指定した範囲へのアクセスを許可するためのパスワードを入力します。

    アクセス許可を使用する場合、パスワードは省略可能です。パスワードを使用すると、範囲の編集が許可されたユーザーのユーザー資格情報を参照することができます。

  7. アクセス許可を使用する場合は、[許可] をクリックし、[追加] をクリックします。

  8. [選択するオブジェクト名を入力してください (例)] ボックスに、指定した範囲を編集できるようにするユーザーの名前を入力します。

    ユーザー名の入力方法を確認するには、[] をクリックします。名前が正しいかどうかを確認するには、[名前の確認] をクリックします。

  9. [OK] をクリックします。

  10. 選択したユーザーのアクセス許可の種類を指定するには、[アクセス許可] ボックスで [許可] または [拒否] チェック ボックスをオンまたはオフにしてから [適用] をクリックします。

  11. [OK] を 2 回クリックします。

    パスワードを要求されたら、指定したパスワードを入力します。

  12. [範囲の編集の許可] ダイアログ ボックスで、[シートの保護] をクリックします。

  13. [このシートのすべてのユーザーに許可する操作] ボックスの一覧で、ユーザーが変更できるようにする要素をオンにします。

    ワークシート要素の詳細

    シート要素

    オフにするチェック ボックス

    禁止される操作

    ロックされたセル範囲の選択

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [保護] タブで、[ロック] チェック ボックスがオンになっているセルへのポインタの移動。既定では、ユーザーはロックされたセルを選択できます。

    ロックされていないセル範囲の選択

    ポインターを、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [保護] で [ロック] チェック ボックスがオフになっているセルに移動すること。既定では、ユーザーはロックされていないセル範囲を選択できます。Tab キーを押すことで、保護されたワークシート上でもロックされていないセル間を移動できます。

    セルの書式設定

    [セルの書式設定] または [条件付き書式] ダイアログ ボックスのすべてのオプションの変更。シートを保護する前に条件付き書式を適用した場合は、別の条件に合う値を入力して書式を変更することができます。

    列の書式設定

    列の幅を変更したり、列を非表示にしたりするなど、列の書式設定を行うすべてのコマンド ([ホーム] タブの [セル] の [書式] ボタン) の使用。

    [行の書式設定]

    行の高さを変更したり、行を非表示にしたりするなど、行の書式設定を行うすべてのコマンド ([ホーム] タブの [セル] の [書式] ボタン) の使用。

    [列の挿入]

    列の挿入。

    [行の挿入]

    行の挿入。

    [ハイパーリンクの挿入]

    新しいハイパーリンクの挿入 (ロックされていないセルへの挿入も含む)。

    列の削除

    列を削除すること。

    [列の削除] が保護されていて、[列の挿入] は保護されていない場合、ユーザーは列を挿入できますが、削除はできません。

    [行の削除]

    行の削除。

    [行の削除] を禁止して [行の挿入] を許可すると、ユーザーは自分が挿入した行を削除できなくなります。

    並べ替え

    データの並べ替えコマンドを使用すること ([データ] タブ、[並べ替えとフィルター])。

    ユーザーは、この設定に関係なく、保護されたワークシート上のロックされたセルを含む範囲は、並べ替えできません。

    オートフィルターの使用

    オートフィルターが適用されているときに、範囲のフィルターを変更するためにドロップダウン矢印を使用すること。

    ユーザーは、この設定に関係なく、保護されたワークシートでオートフィルターを適用または削除できません。

    [ピボットテーブル レポートを使用する]

    ピボットテーブル レポートの書式設定、レイアウトの変更、更新、またはその他の変更、あるいは新しいレポートの作成。

    [オブジェクトの編集]

    次のうち、必要な操作を行うこと。

    • ワークシートを保護する前にロック解除しなかったマップ、埋め込みグラフ、図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトへの変更。たとえば、ワークシートにマクロを実行するボタンがある場合、そのボタンをクリックしてマクロを実行することはできますが、そのボタンを削除することはできません。

    • 埋め込みグラフに対し、書式設定などの変更を加えること。グラフは、ソース データが変更されると更新されます。

    • コメントの追加または編集。

    シナリオの編集

    非表示にしたシナリオの表示、変更できないように設定したシナリオの変更、およびシナリオの削除。セルが保護されていない場合は、そのセルの値を編集したり、新規シナリオを追加したりすることができます。

    グラフ シート要素

    オンにするチェック ボックス

    禁止される操作

    内容

    グラフを構成するデータ系列、軸、凡例などのアイテムの変更。ただし、グラフのソース データに対する変更は、グラフに反映されます。

    オブジェクト

    図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトへの変更。ただし、グラフ シートを保護する前にロックを解除したオブジェクトは変更できます。

  14. [シートの保護を解除するためのパスワード] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックして、確認のためにパスワードを再度入力します。

  • パスワードは省略可能です。パスワードを設定しない場合は、すべてのユーザーがシートの保護を解除したり、保護された要素を変更したりできます。

  • パスワードを忘れると、ワークシートの保護された要素にアクセスできなくなるため、覚えやすいパスワードを選択してください。

  • セルが複数の範囲に属している場合は、該当するいずれかの範囲の編集を許可されているユーザーであれば、そのセルを編集できます。

  • 複数のセルを一度に編集しようとすると、それらのセルの全部ではなく一部に対してしか編集が許可されていなければ、セルを 1 つずつ選択して編集するように求められます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×