保護されたワークシートでコピーして貼り付ける

ワークシートを保護すると、Excel では既定ですべてのセルがロックされます。つまり、保護されたシートでは、コピーした対象を貼り付けることができません。保護されたワークシートでコピーと貼り付けを可能にするには、シートの保護を解除して、すべてのセルのロックを解除する必要があります。次に、変更または削除したくないセルだけをロックして、ワークシートを再び保護します。この方法を次に紹介します。

  1. 変更するワークシートが保護されている場合は、[校閲]、[シート保護の解除] の順にクリックします。

    [シート保護の解除]

    パスワードを求められたら入力して、[OK] をクリックします。

  2. すべて選択ボタンをクリックして、保護するワークシート全体を選びます。

    ワークシートに付いている [すべて選択] ボタン

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら F キーを押します。

  4. [保護] タブで、[ロック] ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

  5. ワークシートで、ロックするセルを選びます。

  6. もう一度 Ctrl キーと Shift キーを押しながら F キーを押します。

  7. [保護] タブで、[ロック] ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  8. シートを保護するには、[校閲]、[シートの保護] の順にクリックします。

    シートの保護

  9. 他のユーザーがシートの保護を解除できないようにするには、パスワードを入力し、このパスワードをもう一度入力して [OK] をクリックします。

    ワークシート内のロックを解除したセルでは、コピーしたセルの内容を貼り付けることができます。

    ヒント: ワークシートの全セルのロックを解除したくない場合や、ワークシートの保護を解除するパスワードがわからない場合は、保護されたワークシートから全データをコピーして、新しいワークシートに貼り付けることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×