保護されたビューとは

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

インターネットやその他の安全でない可能性のある場所にあるファイルには、コンピューターに害をもたらすウイルス、ワーム、その他のマルウェア類が含まれている可能性があります。このような安全でない可能性のある場所にあるファイルは、コンピューターを保護する目的で保護されたビューで開くことができます。保護されたビューを使用すると、発生するリスクを抑えながら、ファイルを読み取り、その内容を検査できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

保護ビューでファイルが開く理由について

保護ビューを終了する

セキュリティ センターで保護ビューの設定を表示または変更する

アドインと保護ビューの連携方法について

保護ビューでファイルが開く理由について

ファイルが保護ビューで開かれるのには、以下のような理由があります。

インターネット上からファイルを開いた

インターネット上の場所に対する保護ビュー

保護ビューが表示された場合、インターネット上から開いたファイルにウイルスやその他の有害なコンテンツが含まれている可能性があります。 公開元が安全だとわかっている場合のみ、このドキュメントを開いてください。

安全でない場所にあるファイルが開かれた

安全でない場所からの保護されたビュー

保護ビューが表示された場合、インターネットの一時ファイルを保存するフォルダーなど、安全とはいえない場所からファイルを開いています。 公開元が安全だとわかっている場合のみ、このドキュメントを開いてください。

メール メッセージにファイルが添付されていた

電子メールの添付ファイルに対する保護ビュー

保護ビューが表示された場合、見知らぬユーザーからメールが送信されており、ファイルのコンテンツが安全でない場合があります。

保護ビューでファイルを開くか選ぶことができる

ユーザーによって選択された保護ビュー

保護ビューが表示された場合、このファイルを保護ビューで開くかどうかを選ぶことができます。 よく知らないファイルを開く場合は、次の手順に従ってください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. Microsoft Office Backstage ビューで、[開く] をクリックします。

  3. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、[開く] の矢印をクリックします。

  4. 一覧で、[保護されたビューで開く] をクリックします。

保護ビューを終了する

ファイルを編集する必要はないが、読み取る必要はある場合は、保護ビューをそのまま使うことができます。信頼できる所からのファイルであることがわかっていて、ファイルを変更、保存、または印刷する場合は、保護ビューを終了できます。保護ビューを終了すると、ファイルは信頼済みドキュメントになります。

黄色のメッセージ バーが表示された状態で、保護されたビューを終了し編集する

  • メッセージ バーの [編集を有効にする] をクリックします。

赤色のメッセージ バーが表示された状態で、保護されたビューを終了し編集する

  1. [ファイル] タブをクリックします。Backstage ビューが開きます。

  2. [編集する] をクリックします。

    [セキュリティの警告を編集します。

重要: 赤色のメッセージ バーが表示されたドキュメントを変更する場合は特に危険に注意する必要があるので、[Backstage ビュー] に [編集する] ボタンが表示されます。 このようなファイルを変更する場合は、ファイルの作成元や作成者を事前に確認してください。

ページの先頭へ

セキュリティ センターで保護ビューの設定を表示または変更する

セキュリティ センターで、保護ビューの設定を表示または変更できます。 保護ビューの設定をオフにしたり、変更したりすると、使用中のコンピューターがウイルスとマルウェアに対して脆弱になる場合があるので注意してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。Microsoft Office Backstage ビューが表示されます。

  2. Backstage ビューで、[ヘルプ] の下の [オプション] をクリックします。[オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. 左側のウィンドウで [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [保護されたビュー] をクリックします。

  5. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • インターネットから取得したファイルに対して、保護されたビューを有効にする   

      インターネットから取得したファイルはウイルスやマルウェアに感染している場合があるため、安全とはいえません。

    • 安全でない可能性のある場所のファイルに対して、保護されたビューを有効にする   

      これは、インターネット一時ファイルのフォルダーなど、コンピューター上の安全とはいえないフォルダーを指します。

    • Outlook の添付ファイルに対して、保護されたビューを有効にする   

      電子メールの添付ファイルは、信頼できないまたは不明な出所からのものである場合があります。

    • データ実行防止 (DEP) モードを有効にする   

      DEP の動作の詳細については「なぜアドインがクラッシュするのですか」を参照してください

ページの先頭へ

アドインと保護ビューの連携方法について

保護されたビューでファイルを開いているときに、アプリケーション アドインを実行することはできますが、予想どおりに機能しない場合があります。アドインが正しく実行されない場合は、アドインの作成者に相談してください。保護されたビューと互換性のある、更新バージョンが必要な場合があります。アドインの詳細については、「アドインがクラッシュする理由」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×