便利な機能: 通話の発信と応答

ここでは、Microsoft® Lync™ 2010 通信ソフトウェアを使用して、電話をかけたり受けたり、ボイス メールを管理したり、ビデオ通話や電話会議によって共同で作業したりする際のヒントを紹介しています。ある人物に対して、その人物の画像が見えるほとんどすべての場所から連絡する方法を学習します。Lync 2010 の検索ボックスに電話をかける相手の名前や電話番号を入力することで、その人物を検索します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

連絡先に電話をする

電話会議を開始する

IM 会話にオーディオを追加する

他の人を通話に追加する

ビデオ通話に参加する

ビデオ通話に参加する

ビデオ通話を開始する

ダイヤル パッドを使用する

ボイス メールを聞く

会話を管理する

着信を転送する

代理人を選ぶ

チーム呼び出しグループを設定する

チームを選ぶ

他の人に着信を転送する

着信を別の番号にリダイレクトする

連絡先に電話をする

連絡先に電話をするには、次の操作を行います。

  1. Lync を開き、連絡先リストで電話をする相手を探すか、検索ボックスにその連絡先の名前または電話番号を入力して検索します。

  2. 連絡先をポイントして、[通話] ボタンをクリックします。

    Communicator

    または、[通話] メニューをクリックして連絡先の複数の形式 (携帯電話番号や自動ボイス メールなど) を表示します。その連絡先に複数の番号がない場合は、1 つの形式しか表示されません。

    連絡先の検索の詳細については、「Lync 2010 検索の使用」を参照してください。

ページの先頭へ

電話会議を開始する

電話会議を開始するには、次の手順を実行します

  1. Lync メイン ウィンドウの連絡先リストで、Ctrl キーを押しながら複数の人物をクリックして選択します。

  2. 選択した連絡先のいずれかを右クリックして、[電話会議の開始] をクリックします。

  3. 電話会議に使用する番号をクリックします。

    Communicator

ページの先頭へ

IM 会話にオーディオを追加する

  • 誰かとインスタント メッセージング (IM) 会話をしている場合は、会話ウィンドウで [通話] ボタンをクリックします。

    通話するインスタント メッセージ

ページの先頭へ

他の人を通話に追加する

  • 電話での通話中の場合は、[人のオプション] メニューをクリックして [名前または電話番号で招待] をクリックします。

    ユーザーを通話に追加する

ページの先頭へ

ビデオ通話に参加する

顔を見て話したほうが、伝わりやすくなることがあります。Lync を使用すれば、音声通話から顔の見える会話に変更できます。Web カメラを持っている場合は、[Lync - オプション] ダイアログ ボックスで設定できます。ビデオ通話の発信には Web カメラが必要ですが、着信には必要ありません。

また、こちら側で会話にビデオ フィードを追加しないと、相手はこちらの映像を見ることができません。パノラマ ビデオ デバイスのある部屋で電話会議を行っている場合は、離れた場所にいる参加者に、簡単にビデオで部屋の様子を伝えることができます。デバイスを接続し、これがオーディオ デバイスとして選択されていることを確認して、電話会議にビデオを追加します。

ビデオ通話に参加する

  • 連絡先からビデオ通話を着信したら、着信通知で [承諾] をクリックすると、発信者の映像が表示され、音声が聞こえるようになります。

ビデオ通話を開始する

  • 会話ウィンドウで、[ビデオ] ボタンをクリックします。

    Communicator

ページの先頭へ

ダイヤル パッドを使用する

検索ボックスに電話番号を入力するのは簡単ですが、Lync のメイン ウィンドウまたは会話ウィンドウでダイヤル パッドを使用する場合もあります。

ダイヤル パッドを使用するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • Lync のメイン ウィンドウで [電話] アイコンをクリックし、ダイヤル パッドで番号をクリックして [通話] をクリックするか、キーボードで番号を入力して Enter キーを押します。

    Communicator

    • 会話ウィンドウで、ダイヤル パッドのボタンをクリックして、電話の音声ガイダンスの指示 (「スペイン語の場合は 2 を押してください」など) に対応することもできます。

      Lync のダイヤル パッド

ページの先頭へ

ボイス メールを聞く

着信を取り損ねた場合、[電話] ビューに通知が表示され、ボイス メール メッセージがリストに保存されます。タブが光り、不在着信の数が表示されます。

  • ボイス メール メッセージをポイントし、緑色の矢印をクリックしてメッセージを聞くか、必要に応じて相手にかけ直します。

    Communicator

ボイス メール オプション (録音した応答メッセージなど) を設定することもできます。

Communicator

ページの先頭へ

会話を管理する

内容を思い出したり、中断した会話の続きを行う必要がありますか? [会話] リストには、現在および過去の電話と IM の会話、および不在着信したインスタント メッセージが表示されます (不在着信通話がある場合は、[電話] ビューに [ボイス メール] が表示されます)。

会話を管理するには、次のいずれかの操作を行います。

Communicator

  • 過去の会話をダブルクリックして、もう一度開きます。

  • 適切な項目をダブルクリックして、アクティブな通話や IM 会話を切り替えます。

  • 連絡先カードを表示したり、新しく会話を開始するには、連絡先をポイントします。

ページの先頭へ

着信を転送する

しばらく留守にする場合は、ボイス メールまたは留守中に代理で電話応対を行う人に着信を直接転送できます。救急サービスに電話をかけると、着信転送ルールが 120 分間無効になります。これはいつでもリセットできます。

これをまだ行っていない場合は、[電話] オプションでさまざまな電話番号を指定してください。

Communicator

一時的にすべての着信をボイス メールや携帯電話に転送する必要がある場合、または他の人に代理で電話を受けてもらう場合など、[着信の転送] タブですべての転送ルールを簡単に設定できます。または、Lync メイン ウィンドウの下部にある [着信の転送] メニューで、いつでも転送のアクションを選択できます。

Communicator

ページの先頭へ

代理人を選ぶ

マネージャーである場合、または代理で対応してくれる同僚がいる場合、代わりに電話をかけたり受けたりする代理人を 1 人以上割り当てることができます。

  • Lync のメイン ウィンドウで [オプション] ボタンをクリックし、[着信の転送]、[代理人メンバーの編集] の順にクリックし、[代理人] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。

    Communicator

ページの先頭へ

チーム呼び出しグループを設定する

グループの全員が問い合わせに対応できる場合、自分の電話への着信により、他の人の電話も同時に、またはわずかに遅れて鳴るように指定することができます。

チームを選ぶ

  • Lync のメイン ウィンドウで [オプション] ボタンをクリックし、[着信の転送] をクリックして、[チーム呼び出しグループ] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。

    Communicator

他の人に着信を転送する

  • 会話ウィンドウで、[転送] ボタンをクリックします。

着信を別の番号にリダイレクトする

  • 着信に応答する前に、着信をボイス メールや他の電話にリダイレクトするには、着信通知が表示されたときに [リダイレクト] をクリックします。

    Communicator

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×