例から列を追加する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel の取得と変換 (Power Query) 操作を使用し、新しい列のサンプル値を 1 つまたは複数指定するだけで、クエリ エディターでデータの新しい列を追加できます。新しい列の例は、現在の選択内容、または特定のテーブルのすべての (または選択した) 列に基づいた入力から作成できます。

クエリ エディターを使用して例から新しい列を追加する

この例では、Wikipedia 記事「List of states and territories of the United States」 (アメリカ合衆国の州) のデータを使用しています。

  1. データ範囲内のセルを選択します。

  2. [クエリ ツール]、[クエリ]、[クエリの編集] の順に移動します。

  3. [クエリ エディター] ウィンドウで [列の追加]、[例からの列] を選び、[すべての列から] または [選択範囲から作成] を選びます。この例では、[すべての列から] オプションを使用します。

    [列の追加] タブの例オプションが表示された Power Query の結合列

    クエリ エディターで、新しい空の列が右側に表示された [例から列を追加する] ウィンドウが開きます。

    Power Query の結合の [例からの列] ウィンドウ
  4. 使用する新しい列データのサンプル値を入力し、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。この例では、「Montgomery, AL」と入力して、各大文字を対応する州に追加します。列の残りの部分が自動的に入力されます。

    Power Query の結合の [例からの列] のマージされたデータ結果

    新しい列を編集する必要がある場合は、テキスト フィールドをダブルクリックして編集し、編集が完了したら Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。Power Query でデータの上に変換手順が表示されます。

    Power Query の結合の [例からの列] カスタム列数式
  5. 完了したら、[OK] を押して操作を確定します。変換が実行され、Power Query エディターに戻ります。エディターの [適用したステップ] に追加された手順が表示されます。

    Power Query の結合の [例からの列] が適用された手順のウィンドウ

考慮事項と制限事項

次に、[例から列を追加する] を使用するときにサポートされるすべての変換一覧を示します。

  • 参照

    • 特定の列の参照 (トリミングや大文字と小文字の変換など)

  • 数値の変換

    • 平均

    • 重複しない値の個数を数える

    • 値の個数を数える

    • Minimum

    • 最大時間

    • メジアン

    • 電源

  • テキスト変換

    • Text.Combine (リテラル文字列と列値全体の結合をサポート)

    • Text.Replace

    • Text.Start

    • Text.Middle

    • Text.End

    • Text.BeforeDelimiter

    • Text.AfterDelimiter

    • Text.BetweenDelimiters

      注: すべてのテキスト変換では、列値をトリミングしたり、大文字と小文字の変換を適用したりする必要性が考慮されます。

  • 日付の変換

    • Date.Day

    • Date.DayOfWeek

    • Date.DayOfWeekName

    • Date.DayOfYear

    • Date.Month

    • Date.MonthName

    • Date.QuarterOfYear

    • Date.WeekOfMonth

    • Date.WeekOfYear

    • Date.Year

    • Date > Age

    • Date > Year > Start of Year

    • Date > Year > End of Year

    • Date > Month > Start of Month

    • Date > Month > End of Month

    • Date > Quarter > Start of Quarter

    • Date > Month > Days in Month

    • Date > Quarter > End of Quarter

    • Date > Week > Start of Week

    • Date > Week > End of Week

    • Date > Day > Day of Month

    • Date > Day > Start of Day

    • Date > Day > End of Day

  • 時間の変換

    • Time.Hour

    • Time.Minute

    • Time.Second

      注: すべての日付と時間の変換では、列値を Date、Time、または DateTime に変換する必要性を考慮に入れています。他の変換には、書式クリーン抽出長さが含まれます。

  • 日付/時刻の変換

    • 稼働日を減算します。

    • 日付と時刻を結合します。

    • 最も早い

    • 最新

    • 時間を減算する

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。

外部データ ソースからデータをインポートする

Power Query の式について

Power Query でデータを整形する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×