使用している SharePoint​​ のバージョンが不明の場合

使用している SharePoint​​ のバージョンが不明の場合

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オンライン ヘルプをお探しの場合は、使っている SharePoint のバージョンを知る必要があります。このトピックでは、バージョンの確認方法を説明します。

注: なった場合、別のトピックを使用しているSharePointのバージョンを確認した後、そのトピックに戻るには、ブラウザーの戻る] ボタンをクリックします。

お客様のフィードバックにより、2017 5 月 2日を更新します。

使用している SharePoint のバージョンを確認する

独自の機能がいくつかをSharePointには、[バージョン] ボタンがないときに、バージョン情報] ボックスの各バージョンにあります。残念ながら常に表示されません管理者と、サイト デザイナーが完了するレベルが原因でこれら。それらが表示されない場合、マネージャー、管理者、または部門の ID を依頼してください。

見慣れた画像が表示されている場合は、その画像をクリックして、SharePoint のバージョンについての詳細情報に移動します。

SharePoint Online

SharePoint Online のホーム画面左上隅

表示内容

  1. リボンはなく、アプリ起動ツールのアイコンが表示される。

  2. [よくアクセスするサイト] と [おすすめ] サイトが本文に表示される。

  3. クイック起動バーのオプションに [フォロー中]、[最近使用したファイル]、[特集リンク] が表示される。

SharePoint Online を使用しています。

SharePoint Online クラシック エクスペリエンス

左上隅にアプリ起動ツールとタイトルが表示されている SharePoint Online

表示内容

  1. 環境のタイトルが Office 365

  2. アプリのタイトルが SharePoint。リボンがある。

SharePoint Online クラシック エクスペリエンスを使用しています。

SharePoint Server 2016

SharePoint 2016 の左上隅でアプリ起動ツールとタイトルを示す画面

表示内容

  1. 環境のタイトルが SharePoint

  2. アプリのタイトルは、サイトです。このタイトルは、次のようなアプリ起動ツールにも表示されます。リボンがあります。

SharePoint 2016 を使用しています。

SharePoint Server 2013

SharePoint 2013 の左上隅

表示内容

  1. リボンはあるが、アプリ起動ツール * がない。また、タイトル バーには "SharePoint" が表示されている。

    * 2016 年 7 月より、アプリ起動ツールは SharePoint Server 2013 ハイブリッドのインストールで使用できるようになりました。詳細については、「SharePoint ハイブリッド」を参照してください。

  2. アプリを切り替えるためのトップ メニュー バーがある。

SharePoint 2013 を使用しています。

SharePoint Server 2010

SharePoint 2010 の画面の左上隅

表示内容

  1. SharePoint 2010 のすべての設定にアクセスするために、[サイトの操作] ボタンを使用している。

  2. [ホーム] は、リンクではなくボタンである。

  3. クイック起動バーが [ライブラリ]、[リスト]、[ディスカッション] が事前に設定されている。

SharePoint 2010 を使用しています。

注: これらのページで説明されている内容について、1 つだけ懸念される問題があります。それは、使用している SharePointバージョンが、管理者またはサイトの管理者によってカスタマイズされている場合です。SharePoint は、構成できる要素がとても多く、サイトの外観や利用できるオプションについて、管理者はほぼすべての面で変更できます。ご利用のサイトがこれらのガイドのどれにも当てはまらない場合は、管理者またはサイトの管理者に問い合わせる必要があります。

先頭に戻る

SharePoint Online

SharePoint Online が更新される多くの場合、Office 365 または SharePoint Online スタンドアロンを使っている場合は、常になるように、最新バージョンです。

SharePoint OnlineSharePoint Onlineユーザー インターフェイス モードで、またはSharePointクラシック エクスペリエンスで動作します。

SharePoint Onlineユーザー インターフェイスは認識簡単です。SharePoint Onlineユーザー インターフェイス モードでは、 SharePointスタンドアロンまたは Office 365 のグループに接続されたSharePointサイトことができます。違いは、サイトのタイトルの下にあるサブタイトルとしてグループに接続されたサイトは、「パブリック グループ」であります。

Office 365 でのグループに接続されたサイトのSharePoint

グループに接続されたサイトのヘッダー

デザインを一新した [ホーム] ページでは、頻繁に利用するサイト、最近のアクティビティ、フォロー中のサイト、おすすめのサイトが表示されます。また、リボンはありません。

最新のホーム ページのビュー

[サイト コンテンツ] ページも更新されています。最初のレベル メニューから、リスト、ドキュメント ライブラリ、アプリ、サブサイトを追加できるようになりました。

クリックされた新しいリンク、リストが強調表示されている

ドキュメント ライブラリには、リスト ビューやタイトル ビューが用意されており、ファイル、画像、ビデオ、音声など、他にもお好みのコンテンツを指先でページの先頭にピン留めする機能を備えています。

画像を含む最新のドキュメント ライブラリ

ドキュメント ライブラリでは、[移動先] と [コピー先] を使用して、ファイルの移動やコピーをライブラリ内のフォルダー間で行えます。

メイン メニューの [コピー] ボタン
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

一覧の新しい外観と更新もあり、 SharePoint Onlineのユーザー インターフェイス経由リボンはありません。

SharePoint のリストのビュー

[詳細] ウィンドウ。 ドキュメント ライブラリの [詳細] ウィンドウ のウィンドウの詳細を開く] をクリックし、リスト、ライブラリ、または個々 のファイルのコンテキストの機密情報を参照してください。

強調表示された [詳細ウィンドウを開きます] ボタン
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

ドキュメント ライブラリで、ファイルのアクティビティを表示することができます。ファイルを選び、名前、タイトル、ハッシュタグなどのプロパティを表示/編集します。

選択された 1 つのファイルの詳細ウィンドウ。
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

ライブラリ上部のコマンド ラインにある省略記号 (...) をクリックすると、その他のオプションが表示されます。コマンドは、全画面表示モード時では [コマンド バー] に、縮小サイズ モード時では省略記号のメニューに表示されます。また、コマンド バーは、項目が選択されているかいないかで変わります。

チェックアウトが強調表示されているチェックアウト メニューの省略記号
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

新しい [リスト] のユーザー インターフェイスでは、コマンド バーに [フロー] と [PowerApps] の新機能が用意されています。

リスト内の [フロー] メニュー、[フローの追加] が強調表示されている
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

[クイック編集] や [Excel に​​エクスポート] もバーにあります。

[Excel に​​エクスポート] が強調表示されている SharePoint Online リスト
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

SharePoint Server 2016とSharePoint Onlineクラシック エクスペリエンス   

SharePoint Server 2016SharePoint Onlineクラシック環境では、よく似ています。2 つも簡単スポット例外処理] で、画面の左上隅にあります。ここでは、すばやくチェックをオンにします。SharePoint Onlineクラシック エクスペリエンスを使用している場合は、 SharePoint 2016の指定したヘルプ トピックを使用することができます。

SharePoint Online従来のエクスペリエンス

左上隅にアプリ起動ツールとタイトルが表示されている SharePoint Online
  1. 環境のタイトルが Office 365

  2. アプリのタイトルがSharePoint

SharePoint Server 2016

SharePoint 2016 の左上隅でアプリ起動ツールとタイトルを示す画面
  1. 環境のタイトルが SharePoint

  2. アプリのタイトルが [サイト]。このタイトルは、画像のようにアプリ起動ツールにも表示されています。

リソース   

Microsoft SharePoint Online の新機能

SharePoint Online Help (SharePoint Online ヘルプ)

先頭に戻る

SharePoint Server 2016

SharePoint Server 2016 は、SharePoint 2013 と似ています。どちらのコマンド センターにもリボンがあり、多くの設定およびコンテンツ画面が同じです。ただし、いくつかの違いがあります。

あるSharePoint Onlineクラシック エクスペリエンスでは場合は、 SharePoint 2016、2 つの例外のようなほぼすべてのアイテムになります。

SharePoint Server 2016

SharePoint 2016 の左上隅でアプリ起動ツールとタイトルを示す画面
  1. 環境のタイトルが SharePoint

  2. アプリのタイトルが [サイト]。このタイトルは、画像のようにアプリ起動ツールにも表示されています。

SharePoint Online従来のエクスペリエンス

左上隅にアプリ起動ツールとタイトルが表示されている SharePoint Online
  1. 環境のタイトルが Office 365

  2. アプリのタイトルがSharePoint

ここで一部の visual 手掛かりが得られるSharePoint 2016を特定します。アプリ起動ツールアイコンを使用するSharePointの最初のバージョンをSharePoint 2016にしました。SharePoint 2016SharePoint Online、共有、 SharePoint、 OneDrive、ニュースフィード、または、管理者が構成されて方法に応じて、その他のアプリを開始できます。

タイルを使用した SharePoint 2016 アプリ起動ツール
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

SharePoint 2016の設定] ボタン SharePoint 2016 のタイトル バーにある設定ボタン では、ログイン ID とヘルプ] アイコン (?) はどこにSharePoint 2013ログインの右側の左側にします。[設定] ボタンは、アプリ起動ツール環境の名前と行を共有し、アプリのタイトルがタイトル バーにします。

SharePoint 2016 設定メニューのドロップダウン
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

SharePoint 2016ドキュメント ライブラリには、コマンド バーがあります。このバーから、[新規] ドキュメントの作成、[アップロード]、[同期]、およびその他のライブラリのタスクを行うことができます。コマンド ラインに収まらない項目は、[詳細] の下に一覧表示されます。

SharePoint ドキュメント ライブラリのダイアログ ボックスとその中のファイル。
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

コマンド バー上のコマンドは、リストまたはドキュメント ライブラリを表示しているかどうかを変更します。一覧については、2 つのオプションが提供、新規作成編集、異なるに見えるようにされます。

SharePoint 2016 リストのコマンド バー
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

ビューは、コマンド バーのすぐ下に表示されます。省略記号 (...) をクリックして、ドロップダウン メニューの変更や、ビューの作成を行います。

リソース   

SharePoint Server 2016 の新機能

SharePoint Server 2016 で使用されなくなった機能と削除された機能

SharePoint Server 2016 Help (SharePoint Server 2016 のヘルプ)

先頭に戻る

SharePoint Server 2013

SharePoint Server 2013 のリボンには、タスクを開始するためのボタンがあります。SharePoint Server 2013 と SharePoint 2016 の違いは、アプリ起動ツール アイコンがあるかないかです。

画面の左上隅にある SharePoint 2013 のリボン
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

SharePoint、ニュースフィード、Yammer、および OneDrive (または OneDrive) のメニュー バーは、右上にあります。他のアプリがインストールされている場合は、それらも表示されます。

SharePoint 2013 トップ メニュー バー
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

SharePoint 2013 の設定ボタンは、ログイン ID 右側のリンク バー上部にあります。これが違う点で、SharePoint 2016 の設定ボタンは、ログイン ID の左側にあります。

ドロップダウン メニュー付きの SharePoint 2013 設定ボタン
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

リソース   

SharePoint 2013 の新機能

What's discontinued in SharePoint 2013 (SharePoint 2013 で使用されなくなった機能)

SharePoint Server 2013 Help (SharePoint Server 2016 のヘルプ)

先頭に戻る

SharePoint Server 2010

SharePoint 2010 サイトの操作メニュー
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

SharePoint Server 2010はSharePointの以降のバージョンからまったく異なります。設定] ボタンはありませんが、サイトの操作 [サイトの操作] メニュー ボタン上には、画面の左します。サイトの操作 [サイトの操作] メニュー をクリックすると、新しいページ、サイト、ドキュメント ライブラリのビューを作成し、アクセス許可を更新するすべてのサイトの設定とコンテンツにアクセスするオプションを取得できます。

ページの左にある [クイック起動バー] には、ライブラリ、リスト、およびディスカッションが見出しとして表示されます。また、[ごみ箱] を開いたり、すべてのサイト コンテンツを表示したりすることができます。

SharePoint 2010 クイック起動バー
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

ライブラリまたはリストを開き、[作成] をクリックすると、選択できる項目の種類が、色の付いた関連する詳細アイコンで表示されます。SharePoint の最新バージョンでは、よりシンプルなアイコンが使用されています。さらに、ライブラリまたはリストから、すべての種類から特定の種類まで、フィルター処理を実行することができます。

お知らせが強調表示されている SharePoint 2010 リストまたはライブラリの作成ページ
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

[すべてのサイト コンテンツ] をクリックすると、説明や前回の変更など、サイトに含まれる要素の一覧を取得します。

SharePoint 2010 のすべてのサイト コンテンツ ページ
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

リソース   

Microsoft SharePoint Server 2010 の新機能

SharePoint Server 2010 で廃止、変更される機能

先頭に戻る

クイック起動バーについて

クイック起動バーは、画面の左側に表示されるウィンドウで、ここからページ、ライブラリ、サイトの他の領域に直接移動することができます。

リストとライブラリ、ページ、サブサイト、Wiki、SharePoint サイトのその他の領域をこのウィンドウに表示するかどうかを設定できます。クイック起動バーは、SharePoint の全バージョンに装備されたナビゲーション操作のための機能ですが、バージョンごとにその外観とコンテンツが異なります。

設定によって、サイド リンク バーのバーには、ほぼSharePointサイトの要素を追加できます。リストとライブラリでは、リストの設定] または [ライブラリの設定] を使用して、リスト名、説明、ナビゲーション、またはライブラリの名前、説明、ナビゲーション] をクリックしを探しますサイド リンク バーにこのドキュメント ライブラリを表示するか?

クイック起動バーの編集についての詳細は、「Customize the navigation on your team site (チーム サイトのナビゲーションをカスタマイズする)」を参照してください。

SharePoint Online クイック起動バー

SharePoint_Online クイック起動

SharePoint​​ 2016 - SharePoint Online クラシック クイック起動バー

サイド リンク バーが発生するSharePoint 2016とSharePoint_Onlineクラシック

SharePoint 2013 クイック起動バー

SharePoint 2013クイック起動

SharePoint 2010 クイック起動バー

SharePoint 2010クイック起動

クイック起動バーをツリー ビューで表示することもできます。詳細については、「Display the Tree View in the Quick Launch bar (クイック起動バーをツリー ビューで表示する)」を参照してください。

ツリー ビューでのクイック起動バー
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

先頭に戻る

アプリ起動ツールについて

アプリ起動ツールは、アプリのサムネイル メニューを開くグリッド タイプのアイコンです。

タイルを使用した SharePoint 2016 アプリ起動ツール
サムネイル メニュー付きの SharePoint 2016 のアプリ起動ツール

アプリ起動ツールは SharePoint Online、Office 365SharePoint 2016 の左上隅にあります。2016 年 7 月より、アプリ起動ツールは、管理者が SharePoint Server 2013 ハイブリッドのインストールを導入するために利用できるようになりました。インストールまたは登録したアプリにより、アプリのメニューは異なります。

起動ツールが強調表示されている SharePoint Online アプリ起動ツール
サムネイル メニュー付きの SharePoint Online のアプリ起動ツール

先頭に戻る

カスタマイズとその他の方法、バージョンを検索する単語

SharePointは、ここに示す例のようになります不要になったポイントにカスタマイズできます。カスタマイズ頻度の高い、バージョンを確認するのには困難です。ここで別のバージョンを把握する方法があります。

使用するために役立ちますSharePointホーム ページで、 ? [ヘルプ] ボタンを押します。これは、バージョンのヘルプ ウィンドウを表示します。1 つの例外は、 SharePointオンラインで、標準的な web ページが表示されます。各SharePointサーバー製品は、独自のヘルプ ウィンドウとから送信されているバージョンを識別するページがあります。

SharePointサーバー 2016

SharePoint 2016 ヘルプ ウィンドウのヘッダー

SharePointServer 2013

SharePoint 2013 のヘルプ ウィンドウのヘッダー

SharePointServer 2010

SharePoint 2010 の [ヘルプ] ウィンドウのヘッダー

SharePointServer 2007

SharePoint 2007 のヘルプ ウィンドウのヘッダー

ご意見を寄せてください。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×