使用が推奨される Access ファイル形式

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access 2007 で導入された .accdb ファイル形式には、以前のファイル形式では使用できなかった多くの利点があります。Access 2007 よりも前のバージョンの Access からアップグレードした場合、.mdb ファイル形式を使用するデータベース ファイルがある可能性があります。ほとんどの場合、.accdb ファイル形式を使用してこれらのデータベースを保存する必要があります。うまく移行できたことを確認するために、元の .mdb ファイルのコピーを保存しておくことができます。

ここでは、.accdb ファイル形式の利点、それを使用すべき理由、データベースを新しいファイル形式に変換する方法について説明します。

この記事の内容

.accdb ファイル形式

.mdb ファイル形式

新しいファイル形式に変換する方法

.accdb ファイル形式

Access 2007 を開始すると、.accdb が既定の Access ファイル形式になります。.accdb ファイル形式では、集計フィールドや添付ファイルなど、さまざまな新しい機能がサポートされています。ただし、状況によっては、.accdb ファイル形式を選択するのが適切でない場合があります。

.accdb ファイル形式で提供される機能

  • Access Services を使用するアプリおよび Web データベース    適切なサーバー リソースを利用すると、.accdb ファイルを Web に発行できます (互換性の制限が適用されます)。これを行うには、Access アプリおよび Web データベースという 2 つの方法があります。

    Access アプリはこのリリースの新機能であり、最新形式のデータベースです。アプリは完全にクラウドで実行され、Access 自体はアプリのデザイン ツールとしてのみ機能します。アプリは SQL Server と SharePoint の最新技術を利用しています。Web データベースは、Access 2010 でリリースされ、アプリと同様、多くの利点を提供しますが、SQL Server をサポートしていません。

    アプリまたは Web データベースを発行すると、データベース自体はサーバー上 (SQL Server や SharePoint 上のユーザー インターフェイス) にありますが、データベースを .accdb ファイルとして開き、デザインを変更できます。アプリまたは Web データベースは、ブラウザーで実行され、いずれを使用するのにも Access は必要ありません。

  • 複数値を持つフィールド    複数値を持つフィールドとは、レコードごとに複数の値を保存するルックアップ フィールドの一種です。たとえば、何人かの従業員にタスクを割り当てる必要があるとします。.accdb ファイルで、どの従業員がそのタスクに割り当てられているかを保存するための複数値を持つフィールドを作成できます。従業員の名前は、テーブルまたは値の一覧から選択できます。

    複数値を持つフィールドは、高度なデータベース設計を作成することなく、複数の選択肢を簡単に選択し保存できるようにします。複数値を持つフィールドは、SharePoint リストも複数値を持つフィールドをサポートするため、SharePoint との統合においても重要です。

  • 添付ファイル データ型    添付ファイルのデータ型を使用すると、データベース ファイルを 2 GB のファイル サイズ制限以下に抑えながら、あらゆる種類のドキュメントとバイナリ ファイルをデータベースに簡単に保存できます。添付ファイルは自動的に圧縮されます。レコードには複数のファイルを添付できますが、それぞれのテーブルには 1 つの添付ファイル フィールドのみ使用できます。

  • SharePoint および Outlook との統合性の向上    .accdb ファイル形式は、.mdb ファイルではサポートされていない SharePoint と Outlook のセキュリティ要件をサポートします。これにより、Access を SharePoint および Outlook により緊密に統合できるようになります。

  • 暗号化の強化    データベースのパスワードを設定したり、データベースの内容を暗号化したりすることもできます。.accdb ファイル形式を使用してそれを行う場合、Access は既定では Windows Crypto API を使用してデータを暗号化します。サードパーティの暗号化ツールを使用することもできます。

ページの先頭へ

.mdb ファイル形式

.accdb ファイル形式が Office Access 2007 で導入される以前は、Access ファイル形式は、.mdb ファイル拡張子を使用していました。.mdb ファイル形式には複数の異なるバージョンがあります。

一部の .mdb ファイルは現在でも開くことができます。ファイルが Access 2002-2003 または Access 2000 ファイル形式で保存されている場合、それを開いて通常どおり使用できます。ただし、.accdb ファイル形式を必要とする機能を利用することはできません。

.accdb ファイルで使用できない機能を利用している場合、.mdb ファイルは変換せずにそのままにしてください。

.accdb ファイルでは使用できない .mdb ファイルの機能

  • バージョン混合環境   .Accdb ファイル形式にすることはできません開いたり – Access 2007よりも前のバージョンの Access を使用して – にもリンクします。ユーザーが以前のバージョンの Access、組織のユーザーがある場合は、.mdb ファイルを使用してが便利であるかどうかを検討してください。ときどき – も Access がインストールされているかどうかに関係なく、web ブラウザーで Access アプリまたは web データベースを使用することができます。

  • データベースのレプリケーション   .Accdb ファイルでレプリケーションを使用することはできません。Access ソリューションは、レプリケーション機能を使用している場合は、.accdb ファイル形式を使用する場合に、レプリケーションなしのソリューションを再作成する必要があります。

  • ユーザー レベル セキュリティ   .Accdb ファイル形式では、ユーザー レベル セキュリティを他のユーザーだけが必要な情報を表示するを参照してくださいように方法を提供する機能をサポートしていません。 ユーザー レベル セキュリティは、セキュリティの方法が使用していないと、簡単に侵害ようになったデータのセキュリティ有効です。ただし、ユーザー レベル セキュリティがユーザーの簡単なものを維持して使いやすさを向上させる: たとえば、他のユーザーにはビジネス上の特定のフォームを使用する理由がなければ、可能性のある非表示にするそれらからフォーム。使いやすさを向上させるためにユーザー レベル セキュリティに依存している Access ソリューションがある場合は、場合は引き続き使用する場合、.mdb ファイル形式としてソリューションを使用する保持できるように、します。

ページの先頭へ

新しいファイル形式に変換する方法

.mdb ファイルを .accdb ファイル形式に変換するには、ファイルを開いてから、.accdb ファイル形式で保存します。

重要: 以下に示す手順は、Access 97、Access 2000、Access 2002 または Office Access 2003 で作成された .mdb ファイル用の手順です。

最初にデータベースを開きます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. 左側の [開く] をクリックします。

  3. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、変換するデータベースを選択して開きます。

次に、データベースを変換します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. 左側の [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] で、[データベースに名前を付けて保存] をクリックします。

  4. 右側の [データベース ファイルの種類] で、[Access データベース] をクリックします。

  5. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスで、ファイル名を入力するか、表示されたファイル名を使用します。

  6. [保存] をクリックします。

    データベースのコピーが .accdb ファイル形式で作成されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×