作成または長いテキスト フィールドを削除します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

長いテキスト フィールドは、大量のノート、コメント、および説明などの情報を格納するために役立ちます。 長いテキスト データ型では、65,536 文字の英数字を格納し、リッチ テキストなど、さまざまな色やフォントの書式と強調表示をサポートします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データシート ビューで、長いテキスト フィールドを追加します。

デザイン ビューで、長いテキスト フィールドを追加します。

長いテキスト フィールドを削除します。

長いテキスト フィールドのプロパティ リファレンス

データシート ビューで、長いテキスト フィールドを追加します。

データシート ビューでは、長いテキスト フィールドを追加できます。

既存のテーブルに追加します。

  1. テーブルを [データシート ビュー] で開きます。

  2. 必要に応じて、最初の空白のフィールドを水平方向にスクロールします。

  3. [追加] をクリックを選択し、一覧から長いテキストを選択します。

  4. 新しいヘッダー行をダブルクリックし、新しいフィールドのわかりやすい名前を入力します。

  5. 変更内容を保存します。

新しいテーブルに追加します。

  1. [作成] タブの [テーブル] で、[テーブル] をクリックします。

  2. 保存] をクリックし、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、新しいテーブルの名前を入力します。

  3. [追加] をクリックを選択し、一覧から長いテキストを選択します。

  4. 新しいヘッダー行をダブルクリックし、新しいフィールドのわかりやすい名前を入力します。

  5. 変更内容を保存します。

ページの先頭へ

デザイン ビューで、長いテキスト フィールドを追加します。

デザイン ビューでは、長いテキスト フィールドを追加できます。

既存のテーブルに追加します。

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2.  デザイナーの [フィールド名] 列では、長いテキスト フィールドの名前を入力します。 例:「アドレス」、「メモ」または「コメント」します。

  3. フィールド名の横にあるデータ型] 列をクリックし、一覧から、長いテキストを選択します。

  4. 変更内容を保存します。

新しいテーブルに追加します。

  1. [作成] タブの [テーブル] で、[テーブル] をクリックします。

  2. 新しいテーブルのドキュメント タブを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー ] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されている場合、新しいテーブルの名前を提供します。

  4. フィールド名] 列では、最初の空白行を選択し、[フィールドの名前を入力します。 一般的に、「コメント」または「メモ」などの名前は、長いテキスト フィールドに適用されます。

  5. フィールド名の横にあるデータ型] 列をクリックし、一覧から、長いテキストを選択します。

  6. 変更内容を保存します。

フォームまたはレポートのテキスト ボックスを長いテキスト フィールドにバインドする場合は、リッチ テキストにテキスト ボックスのテキストの書式] プロパティを設定することも必要があります。

ページの先頭へ

設定するか、長いテキスト フィールドのプロパティを変更します。

データシート ビューを使用するには一意では、必要ななどのフィールド プロパティの一部の設定は、デザイン ビューを使用して定型入力]または [図表番号を含む、すべての利用可能なプロパティを設定します。

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. [フィールド プロパティ] で、テーブル デザイナーの下のセクションの [全般] タブで、プロパティを変更するのにを見つけます。

  3. プロパティ名の横にあるフィールドを選択します。 プロパティによってデータを入力、 [ビルダー] ボタン ] をクリックして式ビルダーを起動したり、一覧からオプションを選択できます。

    各フィールドのプロパティを使用する方法の詳細については、プロパティを選択し、f1 キーを押します。

ページの先頭へ

長いテキスト フィールドを削除します。

長いテキスト フィールドをテーブルから削除するのには、データシート ビューまたはデザイン ビューを使用することができます。

重要: データが含まれる長いテキスト フィールドを削除してそのデータが永久に失われる、削除を元に戻すことはできません。 テーブルのフィールドやその他のデータベース コンポーネントを削除する前に、データベースをバックアップする必要があります。

データシート ビューで削除します。

  1. テーブルを [データシート ビュー] で開きます。

  2. 長いテキスト フィールドを見つけて (名)、見出し行を右クリックしてフィールドの削除] をクリックします。

  3. [はい] をクリックして、削除を確定します。

デザイン ビューで削除します。

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. 長いテキスト フィールドの横にある行セレクター (空の四角形) を右クリックし、[行の削除] をクリックします。

  3. [はい] をクリックして、削除を確定します。

ページの先頭へ

長いテキスト フィールドのプロパティ リファレンス

長いテキスト フィールドに追加するテーブルをデザイン ビューを使用する場合は、設定し、多くのフィールドのプロパティを変更します。 次の表は、長いテキスト フィールドのプロパティを表示して、それぞれ 1 つなどの設定やプロパティを変更した場合の影響について説明します。

プロパティ

用途

書式

表示書式を定義するカスタム書式設定の文字を入力します。 ここで定義された書式は、データシート、フォーム、およびレポートに表示されます。

キャプション

テキスト フィールドの名前を指定します。 プロパティは 2,048 文字までを指定できます。 標題を指定しない場合は、既定のフィールド名が適用されます。

既定値

新しいレコードが追加されたときに、指定された値を自動的にフィールドに割り当てます。 たとえば、次のような値を指定する場合は、「を入力して 65 kb 以下のテキスト。」 これを行うユーザーに伝えること 255 文字を入力することができます。

入力規則

レコード、フィールド、またはコントロールに入力されたデータの要件を指定します。 フィールドの定義された規則に違反するデータを入力するとエラー メッセージを指定するのに入力規則を使用することができます。 最大文字数: 2,048 文字です。

詳細については、入力規則を使用して、「入力規則を使用してデータ入力を制限」を参照してください。

エラー メッセージ

ユーザーが入力規則に違反しているときに表示されるエラー メッセージのテキストを指定します。 入力規則を作成する方法の詳細については、「入力規則を使用してデータ入力を制限」を参照してください。

必須

[はい]に設定すると、する必要があります値を入力フィールドに、またはフィールドにバインドされたコントロールし、値が Null にすることはできません。

空文字列の許可

[はい] に設定すると、フィールドの長さ 0 の文字列を入力できます。 長さ 0 の文字列に文字が含まれていないと、フィールドの値が存在しないようにしていることを示すために使用します。 二重引用符間にスペースを入力して、長さ 0 の文字列を入力する ("")。

インデックス

インデックスを使用するには、並べ替え、クエリを高速化し、大量のデータをグループ化の操作を実行します。 重複する情報を入力できないようにするのにインデックスを使用することもできます。 選択肢:

  • なし: 解除 (既定)

  • はい (重複あり):フィールドのインデックスを作成し、重複する値を使用します。 たとえば、姓と名の重複する場合があります。

  • [はい (重複なし): フィールドのインデックスを作成し、重複する値をことはできません。

Unicode 圧縮

Access では、Unicode を使用して、短いテキスト、長いテキスト、およびハイパーリンク フィールドのデータを表します。 Unicode は、いずれかの代わりに 1 文字につき 2 バイトを使用しているために、その他の記憶域を移動します。 ファイルのサイズを削減するには、短いテキスト、長いテキスト、または [ハイパーリンク] フィールドの場合は、[ Unicode 圧縮プロパティの既定値は[はい]がします。 先頭バイトが 0 を[はい、任意の文字を選択すると、保存されているし、取得時に圧縮が圧縮されています。

長いテキスト フィールドのデータが圧縮されていない 4,096 バイトが必要になる場合を除き、以下の圧縮後の記憶域のします。 その結果、長いテキスト フィールドの内容では、1 つのレコードに圧縮することがありますが、別のレコードで圧縮されていない可能性があります。

IME 入力モード

入力方式エディター、英語のバージョンの Access を日本語、韓国語で作成されたファイルを使用するためのツールを指定します。 既定値:コントロールなし。 詳細については、このプロパティを使用して、F1 キーを押します。

IME 変換モード

入力方式エディターで入力できるデータの種類を指定します。 詳細については、このプロパティを使用して、F1 キーを押します。

スマート タグ

Access 2010 の場合のみ、フィールドの 1 つまたは複数のスマート タグおよび] フィールドにバインド コントロールを指定します。 スマート タグは、コンポーネントをフィールド内のデータの種類が認識されないし、その種類に基づいてアクションを実行することができます。 たとえばで電子メール アドレス] フィールドでは、スマート タグ新しいメール メッセージを開始したり連絡先リストにアドレスを追加できます。

[ビルダー] ボタン 利用可能なスマート タグのリストを表示する] をクリックします。

テキスト形式

有効またはリッチ テキスト編集が無効にします。 リッチ テキストの編集を有効にするのには、リッチ テキストを選択します。

フィールドのリッチ テキストの編集を有効にして、[テキスト ボックス コントロールをフィールドにバインドして、必要がありますも有効にした場合、コントロールのリッチ テキスト編集します。

リッチ テキストとしてデータの書式設定の詳細については、作成または削除するリッチ テキスト フィールドを参照してください。

文字配置

長いテキスト フィールドのデータの配置を指定します。 これらの選択肢があります。

  • [全般]。テキストを左、数値、日付を右に揃えてください。

  • : すべてのテキスト、日付、または左に番号を配置します。

  • センター: すべてのテキスト、日付、または数値の中央に配置

  • : すべてのテキスト、日付、または右側の位置を揃えます

  • 整列: すべてのテキスト、日付、または数値フィールドまたはテキスト ボックスの両側に対して均等揃え

追加のみ

フィールド値の変更を追跡するかどうかを決定します。

2 つの設定があります。

  • [はい]: 変更を追跡します。 フィールドの値の履歴を表示するには、フィールドを右クリックし、[列の履歴を表示する] をクリックします。

  • なし: 変更は追跡されません。

警告    このプロパティを [いいえ] に設定すると、既存のフィールド値の履歴はすべて削除されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×