作成してダイヤル プランを管理します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織のダイヤル プランを計画し、すべての必要がある呼び出しのルーティング用に作成された正規化ルールをした後は、Windows PowerShell を使用して、ダイヤル プランを作成し、設定を変更する必要があります。

注: Skype for Business 管理センターは、ダイヤル プランを作成および管理するために使用できません。

リモート PowerShell の検証と開始

Windows PowerShell バージョン 3.0 以降を実行していることを確認する

  1. バージョン 3.0 以降を実行していることを確認するには [スタート] メニューから [Windows PowerShell] を選びます。

  2. [Windows PowerShell] ウィンドウに「Get-Host」と入力して、バージョンを確認します。

  3. バージョン 3.0 以降を使用していない場合は、Windows PowerShell の更新プログラムをダウンロードおよびインストールする必要があります。Windows PowerShell をダウンロードして、バージョン 4.0 に更新するには、「Windows Management Framework 4.0」を参照してください。メッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

  4. Skype for Business Online に接続するリモートの Windows PowerShell セッションを作成できるように、Skype for Business Online の Windows PowerShell モジュールもインストールする必要があります。このモジュールは、64 ビット版のコンピューターでのみサポートされており、「Windows PowerShell Module for Skype for Business Online」の Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。メッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。

詳細については、「単一の Windows PowerShell ウィンドウですべての Office 365 サービスに接続する」を参照してください。

Windows PowerShell セッションを開始する

  1. [スタート] メニューで [Windows PowerShell] を選びます。

  2. [Windows PowerShell] ウィンドウで、次を実行して、Office 365 の組織に接続します。

    注: Skype for Business Online Windows PowerShell モジュールを初めて使用するときに、Import-Module コマンドを実行するだけです。

    Import-Module "C:\Program Files\Common Files\Skype for Business Online\Modules\SkypeOnlineConnector\SkypeOnlineConnector.psd1"
    $credential = Get-Credential
    $session = New-CsOnlineSession -Credential $credential
    Import-PSSession $session

Windows PowerShell の起動の詳細については、「単一の Windows PowerShell ウィンドウですべての Office 365 サービスに接続する」または「Windows PowerShell を使用した Lync Online への接続」を参照してください。

ダイヤル プランの作成と管理

テナント ダイヤル プランを作成および管理するために単一のコマンドレットまたは PowerShell スクリプトのいずれかを使用できます。

  • ダイヤル プランを新規作成するには、次を実行します。

    New-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan -Description "Dial Plan for Redmond" -NormalizationRules <pslistmodifier> -ExternalAccessPrefix 9 -SimpleName "Dial-Plan-for-Redmond"

    その他の例とパラメーターについては、「New-CsTenantDialPlan」をご覧ください。

  • 既存のダイヤル プランの設定を変更するには、次を実行します。

    Set-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan  -NormalizationRules <pslistmodifier> -ExternalAccessPrefix 9
        -SimpleName "Dial-Plan-for-Redmond"

    その他の例とパラメータについては、「Set-CsTenantDialPlan」をご覧ください。

  • ユーザーをダイヤル プランに追加するには、次を実行します。

    Grant-CsTenantDialPlan -Identity amos.marble@contoso.com -PolicyName RedmondDialPlan

    その他の例とパラメータについては、「Grant-CsTenantDialPlan」をご覧ください。

  • 設定を表示するには、ダイヤル プランで、次のコマンドを実行します。

    Get-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan

    その他の例とパラメータについては、「Get-CsTenantDialPlan」をご覧ください。

  • ダイヤル プランを削除するには、次のコマンドを実行します。

    Remove-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan -force

    その他の例とパラメータについては、「Remove-CsTenantDialPlan」をご覧ください。

  • 有効なダイヤル プランの設定を表示するには、次を実行します。

    Get-CsEffectiveTenantDialPlan -Identity amos.marble@contoso.com

    その他の例とパラメータについては、「Get-CsEffectiveTenantDialPlan」をご覧ください。

  • ダイヤル プランの有効な設定をテストするには、次を実行します。

    Test-CsEffectiveTenantDialPlan -DialedNumber 14255551234 -Identity 1849827b-a810-40a8-8f77-e94250d4680b_US_TenantDialPlanRedmond

    その他の例とパラメータについては、「Test-CsEffectiveTenantDialPlan」をご覧ください。

これを実行して、最初にテナント ダイヤル プランを削除することなく、テナント ダイヤル プランに関連付けられた正規化ルールを削除します。

$b1=New-CsVoiceNormalizationRule -Identity Global/NR4 -InMemory
Set-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan -NormalizationRules @{add=$b1}
(Get-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan).NormalizationRules
$b2=New-CsVoiceNormalizationRule -Identity Global/NR4 -InMemory
Set-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan -NormalizationRules @{remove=$b2}

これを実行して、次の正規化ルールを RedmondDialPlan という名前の既存のテナント ダイヤル プランに追加します。

$nr1=New-CsVoiceNormalizationRule -Parent Global -Description ‘Organization extension dialing’ -Pattern ‘^(\d{3})$’ -Translation ‘+14255551$1’ -Name NR1 -IsInternalExtension $false -InMemory
Set-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan -NormalizationRules @{add=$nr1}

これを実行して、次の正規化ルールを RedmondDialPlan という名前の既存のテナント ダイヤル プランから削除します。

$nr1=New-CsVoiceNormalizationRule -Parent Global/NR1 -InMemory
Set-CsTenantDialPlan -Identity DP1 -NormalizationRules @{remove=$nr1}

既存の正規化ルールを調べて、どれを削除するかを決定し、そのインデックスを使用して削除するときには、次を実行します。正規化ルールの配列は、インデックス 0 で開始します。インデックス 1 である、3 桁の正規化ルールを削除する必要があります。

Get-CsTenantDialPlan RedmondDialPlan).NormalizationRules
Description         : 4-digit
Pattern             : ^(\d{4})$
Translation         : +1426666$1
Name                : NR2
IsInternalExtension : False

Description         : 3-digit
Pattern             : ^(\d{3})$
Translation         : +14255551$1
Name                : NR12
IsInternalExtension : False
$nr1=(Get-CsTenantDialPlan RedmondDialPlan).NormalizationRules[1]
Set-CsTenantDialPlan -Identity RedmondDialPlan -NormalizationRules @{remove=$nr1}

これを実行して、RedmondDialPlan テナント ダイヤル プランが付与されているすべてのユーザーを見つけます。

Get-CsOnlineuser | where-Object {$_.TenantDialPlan -eq "RedmondDialPlan"}

これらを実行して、OPDP1 という名前の既存のオンプレミス ダイヤル プランを組織のテナント ダイヤル プランとして追加します。まずオンプレミス ダイヤル プランを xml ファイルに保存して、それを使用して新しいテナント ダイヤル プランを作成する必要があります。

これを実行して、オンプレミス ダイヤル プランを xml ファイルに保存します。

$DPName = "OPDP1"
$DPFileName = "dialplan.xml"
Get-CsDialplan $DPName | Export-Clixml $DPFileName

これを実行して、新しいテナント ダイヤル プランを作成します。

$DPFileName = "dialplan.xml"
$DP = Import-Clixml $DPFileName
$NormRules = @()
ForEach($nr in $dp.NormalizationRules)
{
 $id1 = "Global/" +$nr.Name
$nr2 = New-CsVoiceNormalizationRule -Identity $id1 -Description $nr.Description -Pattern $nr.Pattern -Translation $nr.Translation  -IsInternalExtension $nr.IsInternalExtension -InMemory
$NormRules += $nr2
}
New-CsTenantDialPlan -Identity $dp.SimpleName -ExternalAccessPrefix $dp.ExternalAccessPrefix -Description $dp.Description -OptimizeDeviceDialing $dp.OptimizeDeviceDialing -SimpleName $dp.SimpleName -NormalizationRules $NormRules

Windows PowerShell の詳細情報

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Skype Operations Framework

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×