作成したテンプレートについての説明を加える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

他のユーザーが使用するテンプレートを作成する場合は、' カスタム プレース ホルダーのテキストの追加 '、説明、または、テンプレートのユーザーを入力情報の種類を指定して、既定プレースホルダー内のテキストを上書きできます。

以下のサンプル テンプレートには、テンプレートのユーザーに対して、日付、ビジョン、ターゲットなど、特定の種類の情報を入力するよう求めるメッセージ テキストが含まれています。

サンプルの PowerPoint テンプレート

注記: 

  • スライド マスター表示モードでは、テキスト プレースホルダーとテキスト ボックスの使い方が異なります。違いは次のとおりです。

  • 標準表示モードで追加したテキスト ボックスのテキストは、だれでも編集できます。

  • テンプレートのユーザーに、メッセージ テキストと自分のプロジェクトに該当するテキストを置き換えるよう促す場合は、スライド マスター表示でテキスト プレースホルダーを追加します。通常、テキスト プレースホルダーのユーザー設定のメッセージ テキストは、入力を始めると消えます。

  • 内容が固定された編集できないテキストが必要な場合は、スライド マスター表示でテキスト ボックスを追加します。

テンプレートの使い方について説明するテキストを追加するには、次の操作を行います。

  1. [表示]、[スライド マスター] の順にクリックします。

  2. スライド マスターとレイアウトが表示されているウィンドウで、テキスト プレースホルダーを追加するレイアウトをクリックします。

  3. [スライド マスター]、[プレースホルダーの挿入]、[テキスト] の順にクリックします。

    テキスト プレースホルダーを追加する

  4. マウス ポインターを使って、目的のサイズになるまでテキスト プレースホルダーをドラッグします。

  5. プレースホルダーの既定のテキストを強調表示して、自分の操作方法のテキストに置き換えます。

    注: 操作方法のテキストの前に不要な行頭文字が表示される場合は、[ホーム] タブをクリックし、[段落] グループの [箇条書き] の横にある下向き矢印をクリックして、[なし] をクリックします。

  6. [スライド マスター]、[マスター表示を閉じる] の順にクリックします。

    重要: 使い方のテキスト、その他のレイアウト変更操作など、スライド マスター表示モードでレイアウトを編集する場合は、標準表示モードに戻ったときに、プレゼンテーション内のスライドにレイアウトを再適用する必要があります。これで、プレゼンテーションのスライド レイアウトに、最新の変更内容が含まれます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×