作成および効果的なプレゼンテーションを実施するためのヒント

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

効果的なプレゼンテーションを作成するためのヒント

効果的なプレゼンテーションを配信するためのヒント

効果的なプレゼンテーションを作成するためのヒント

ヒント

詳細

スライドの数は最小限にします。

明確なメッセージを伝えるため、また出席者の注意や関心を常に引き付けるために、プレゼンテーションのスライドの数は最小限にします。

離れたところにいる出席者でも判読できるフォント スタイルを選択します。

MS Pゴシックや MS UI Gothic などの、適切なフォント スタイルを選択すると、メッセージを会場全体に伝えるのに役立ちます。Arial Narrow などの細いフォントの使用は避けます。また、Times などの装飾的な輪郭線を持つフォントの使用も避けます。

プレゼンテーション内のテーマのフォントをあらかじめデザインされたを使用する方法の詳細については、すべてを参照してください。

離れたところにいる出席者でも判読できるフォント サイズを選択します。

適切なフォント サイズを選択すると、メッセージを会場全体に伝えるのに役立ちます。

注: 以下のサイズは、全画面表示モードで出席者用のスクリーンに映されるフォントのサイズではなく、コンピュータ画面上のフォントのサイズを示します。全画面表示モードを有効にするには、[表示] タブの [プレゼンテーション表示] で、[スライド ショー] をクリックします。

  • 3 m 離れた場所から 2.5 cm の文字は判読できます。

  • 6 m 離れた場所から 5 cm の文字は判読できます。

  • 9 m 離れた場所から 7.5 cm の文字は判読できます。

プレゼンテーション内のテーマのフォントをあらかじめデザインされたを使用する方法の詳細については、すべてを参照してください。

箇条書きまたは短い文を使用して、テキストをシンプルにします。

箇条書きまたは短い文を使用して、できるだけ各文が 1 行に収まるように、つまり各文が折り返さないようにします。

出席者に画面を読んでもらうことよりも、自分が話す情報を聞いてもらうことの方が重要です。

一部のプロジェクタではスライドの端がトリミングされるため、長い文はトリミングされる場合があります。

"a"、"the" などの冠詞を削除すると、1 行内の単語数を削減できます。

画像を使用して、メッセージを伝わりやすくします。

グラフィックスを使用すると、話をわかりやすく伝えるのに役立ちます。ただし、グラフィックスをスライドに多く追加しすぎて、出席者の印象が悪くならないようにしてください。

チャートおよびグラフのラベルはわかりやすくします。

チャートおよびグラフ内のラベル要素をわかりやすくするために必要なだけのテキストを使用します。

スライドの背景は派手にせず、一貫性のあるものにします。

目を引きすぎず、効果的で一貫性のあるテンプレートまたはテーマを選択します。背景やデザインによって、メッセージに対する関心が薄まることがないようにします。

詳細については、テーマを使用して、追加の色とスライド テーマを使用するデザインを参照してください。

背景色とテキスト色のコントラストを大きくします。

テーマは、簡易の背景色の濃いテキストを含むまたは濃い簡易カラーのテキストとの間のコントラストを自動的に設定します。

テーマを使用して、視覚的に満足コントラスト レベルを自動的に設定する方法についての詳細については、すべてを参照してください。

スペル チェックおよび文章校正を行います。

出席者の関心を集め、維持するために、プレゼンテーションのスペル チェックと文章校正は必ず実行します。

ページの先頭へ

効果的なプレゼンテーションを実施するためのヒント

ヒント

詳細

早めに会場に行き、装置が正しく動作することを確認します。

すべての装置が接続されていて動作することを確認します。

プレゼンテーションは、別のコンピュータでも正しく実行できるとは限りません。

ディスク エラー、ソフトウェアのバージョンの不一致、ディスク領域の不足、メモリの不足、およびその他の多くの要因により、プレゼンテーションが実行できない可能性があります。

プレゼンテーションの実行に使用するコンピュータが自分のコンピュータではない場合、CD からプレゼンテーションを実行しなくてすむように、十分なディスク領域があることを確認します。

スクリーン セーバーはオフにし、適切なファイルおよび Microsoft Office PowerPoint などのソフトウェアの必要なバージョンが用意されていることを確認します。

すべてのファイルは考慮ように、CD ドライブまたはネットワーク ドライブにコピーして、プレゼンテーションの保存場所に実行すると、プレゼンテーションを CD にパッケージを参照してください。

プロジェクタの解決法が、プレゼンテーションを作成したコンピュータの解像度と同じであることを確認します。

解像度が一致していないと、スライドのトリミングなどの表示関連の問題が発生する場合があります。

スクリーン セーバーはオフにします。

出席者がプレゼンテーションの内容に集中できるようにします。

実際のプレゼンテーションを実行する前に、投影するスクリーンですべての色をチェックします。

モニタに表示される色と投影される色とが異なる場合があります。

出席者には、最後まで質問は控えてもらうようにします。

質問があるということは、出席者が発表者のテーマやプレゼンテーション スキルに強く関心を抱いていることの表れです。しかし、プレゼンテーションの最後まで質問を控えてもらうことで、途中、中断することなく発表を終わらせることができます。また、最初の方に質問があっても、次に用意してあるスライドやコメントがその回答になっている場合がよくあります。

ポインターを無意識に動かさないようにします。

ポインターを使用しないときは、マウスから手を離します。このようにすると、ポインターを無意識に動かさずにすみ、注意がそれるのを防ぐことができます。

プレゼンテーションを読み上げないようにします。

プレゼンテーションを練習し、箇条書きから話ができるようにします。テキストは、そのすべてが出席者に対するメッセージというわけではなく、発表者が話を始めるきっかけとして使用するものです。

時間どおりに発表します。

プレゼンテーションに時間制限がある場合は、それ以上行いません。時間制限がない場合は、出席者の関心が途切れないうちに終了するようにします。

出席者の反応を観察します。

プレゼンテーションを実施するたびに、出席者の反応を観察します。スライドばかりに目が集中している人がいる場合、スライドに含まれているデータが多すぎるか、スライドが複雑でわかりにくくなっている可能性があります。毎回得た情報を使用して、将来のプレゼンテーションを改善します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×