会議中の会議オプションの変更

オンライン会議や電話会議中に、参加していない人に対するアクセスや発表者のオプションを変更できます。また、参加者が会議コンテンツを使用する方法も変更できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

会議中に会議オプションのページを開く

アクセスと発表者のオプションを設定する

プライベートの表示およびコメントする特権を設定する

会議中に会議オプションのページを開く

会議中にオプションを設定するには、次の手順を実行します。

  1. Microsoft Lync 2010 の会議またはグループ会話ウィンドウで、[参加情報と会議オプション] リンクをクリックします。

  2. [参加情報と会議オプション] ダイアログ ボックスで、[会議オプション] ボタンをクリックします。

  3. 必要に応じて会議オプションを変更します。詳細については、このトピックの「アクセスと発表者のオプションを設定する」および「プライベートの表示およびコメントする特権を設定する」を参照してください。

  4. [OK] をクリックし、変更を保存します。

ページの先頭へ

アクセスと発表者のオプションを設定する

アクセスと発表者のオプションを設定するには、次の手順を実行します。

  • [オンライン会議オプション] ダイアログ ボックスの [アクセス] および [発表者] で、まだ会議に参加していない人に対するロビーと発表者の設定を変更します。

アクセス オプションでは、発表者によって認められるまで、ロビーで待機する必要のある参加者を決定します。次の表に、各オプションの詳細を示します。

アクセス オプション

ロビーで待機する人

このオプションが適している場合

開催者のみ (ロック)

全員

会議前に、配付資料や Microsoft PowerPoint スライドを他の人に見せたくない場合

会社内から招待した人

社内ネットワークにアカウントがない人、および招待されていない人

機密性の高い議題について話し合う場合

会社内の人

社内ネットワークにアカウントがない人

参加者全員が社内ネットワークのアカウントを持っている場合

社外の人を含むすべての人 (制限なし)

なし

外部の参加者を招待している場合

電話でダイヤルインしてきた人はロビーで待たなくてよい

選択すると、ダイヤルインしてきたすべての人が会議に直接参加します。オフにすると、発信者はロビーで待つ必要があります。

[開催者のみ (ロック)] の会議では使用できず、[会社内から招待した人] の会議ではお勧めできません。

発表者オプションでは、会議に参加するときに発表者の特権を自動的に付与する参加者を制御します。次の表に、各オプションの詳細を示します。

発表者オプション

発表者になる人

このオプションが適している場合

会社内の人

参加する、社内ネットワークのアカウントを持つ人すべて

参加者全員が同じ組織で働き、会議コンテンツを共有および変更できるグループ ワーク セッション

社外の人を含むすべての人 (制限なし)

参加するすべての人

社内ネットワークにアカウントがない人とのグループ ワーク セッション

開催者が会議の予約時に発表者に指定した人

開催者と最初に発表者として選択された参加者

他の人に発表者の特権で会議に参加してもらいたくない場合

ページの先頭へ

プライベートの表示およびコメントする特権を設定する

既定の表示とコメントのオプションを変更するには、次の手順を実行します。

  • [オンライン会議オプション] ダイアログ ボックスの [特権] で、必要に応じて次のいずれかまたは両方の手順を実行します。

  • [プライベートに表示] を [すべての人] または [なし] に変更します。既定では、会議の他の参加者が参照する内容に影響せずに、発表者だけが独自のペースで会議コンテンツ内のページを移動できます。会議中に参加者が表示する内容を選択する場合は、[なし] (開催者のみ) を選択します。

  • [プレゼンテーションにコメントする] を [発表者のみ] または [なし] に変更します。通常、会議に参加している全員が、PowerPoint プレゼンテーションにコメントすることができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×