会議中に OneNote 2016 for Windows からノートを共有する

会議中にノートを取ると、すべて取りきれないことがよくあります。そこで、他のユーザーにもノートを取ってもらいましょう。OneNote 2016 ノートブックを OneDrive や SharePoint などの共有の場所に置くだけで、会議中にユーザーが共同作業することができます。

注: 既にコンピューター上にノートブックが作成されている場合は、他のユーザーもそれを表示および編集できるように、最初に OneDrive 上でノートブックを共有する必要があります。

他のユーザーが共有ノートを表示して作業できるようにするには、次のいずれか、または両方を行います。

  • 他のユーザーを共有ノートブックに招待するには、[ファイル]、[共有]、[ユーザーを招待] の順に選びます。

    他のユーザーとノートブックを共有する

    招待したユーザーには、共有ノートブックへのリンクが記載されたメッセージが送信されます。招待したユーザーに設定した共有場所における権限によって、そのユーザーがノートを表示できるだけか、変更することもできるかが決まります。

  • 会議中にノートブックを共有するには、[ファイル]、[共有]、[会議で共有] の順に選びます。

    会議で参加者とノートを共有する

他のユーザーがノートブックを開いた後、権限を持つユーザーは会議ノートを追加できます。必要な場合はすべて同時に行うことができます。OneNote は自動的に同期し、各ユーザーのノートに表示されます。

注: いつでもノートブックの共有を中止することができ、それを表示または編集できるユーザーを変更することもできます。会議後に会議のメモを共有する場合は、メールでメモのページを送信します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×