会議ワークスペースを使用して会議を開催する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

会議ワークスペース サイトは、すべての情報と 1 つ以上の会議に必要な資料のリポジトリである Web サイトです。Microsoft Outlook 2010で会議出席依頼を作成するには、会議ワークスペース サイトを設定することができます。件名、出席者の名、日付、時刻、および会議出席依頼元の場所は会議ワークスペース サイトに自動的に Outlook によって追加されます。

最初に、会議の会議ワークスペースを作成するリボンまたはクイック アクセス ツールバー (QAT) のいずれかに会議ワークスペースコマンド [会議ワークスペース] コマンド アイコン を追加する必要があります。

コマンドを追加するどうすればよいですか。

開いている会議出席依頼で、次の操作を行います。

  • コマンドの QAT に追加     [会議] ウィンドウのクイック アクセス ツール バーに [会議ワークスペース] コマンドが追加されている QAT に [会議ワークスペース] コマンドを追加するには、次の操作を行います。

    1. 会議アイテムを開きます。

    2. 会議ウィンドウで、[クイック アクセス ツール バーをカスタマイズします] の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    3. [コマンドの選択] ボックスの一覧の [リボンにないコマンド] をクリックします。

    4. コマンドの一覧で、[会議ワークスペース] をクリックし、[追加] をクリックします。

      [追加のコマンド] ダイアログ ボックスを使用してクイック アクセス ツール バーをカスタマイズする

  • リボンにコマンドを追加します。   会議ワークスペース] コマンドをリボンに追加するには、次の操作を行います。

    1. 会議アイテムを開きます。

    2. 会議ウィンドウで、[ファイル] タブをクリックします。

    3. [オプション] をクリックします。

    4. [リボンのユーザー設定] をクリックします。

    5. [コマンドの選択] ボックスの一覧の [リボンにないコマンド] をクリックします。

    6. コマンドの一覧で [会議ワークスペース] をクリックし、[リボンのユーザー設定] ボックスの一覧で、コマンドを配置するタブおよびグループをクリックして、[追加] をクリックします。

このような手順が必要なのは一度だけです。[会議ワークスペース] コマンドは、一度追加すると、その後開いた会議出席依頼すべてに表示されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

会議ワークスペースを作成します。

既存の会議ワークスペースへのリンクします。

会議出席依頼と会議ワークスペース サイトの両方を更新します。

会議ワークスペースを削除します。

会議ワークスペースを作成する

  1. 新規または既存の会議出席依頼、会議ワークスペース [会議ワークスペース] コマンド アイコン ] をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 最初にワークスペースを設定します。    会議ワークスペースを作成するには、使用するサーバーのアドレスが必要です。

      1. [会議ワークスペース] 作業ウィンドウで [設定の変更] をクリックします。

        注: 各設定の詳細については、作業ウィンドウ下部の [その他の情報] をクリックしてください。

      2. 作業ウィンドウの手順 1. で、ワークスペースの場所を選択します。目的の場所が表示されていない場合は、[その他] をクリックし、サーバーのアドレスを入力します。

      3. 作業ウィンドウの手順 2. で、[新しいワークスペースの作成] をクリックし、テンプレートの言語と種類を選択します。これらの設定は、以降に作成するワークスペースの既定の設定となります。

      4. 設定が完了したら、[OK] をクリックして、最初の作業ウィンドウに戻ります。

      5. [作成] をクリックします。

        注: 作成する] をクリックすると、ワークスペースは、指定した場所に存在します。このワークスペースに別の場所またはテンプレートを使用する場合は、目的の設定を含む別のワークスペースを作成する必要があります。使用しない場合、その他のワークスペースを削除する必要があります。

    • 追加のワークスペースを設定する    

      以前に会議ワークスペースを作成したことがある場合、または会議ワークスペースにリンクしたことがある場合は、そのときの場所とテンプレート設定が既定の設定値として、最初の作業ウィンドウに表示されます。次のいずれかの操作を行います。

      1. 新規のワークスペースに既定の設定を使用するには、作業ウィンドウで [作成] をクリックします。

      2. 既定値を変更するには、作業ウィンドウで [設定の変更] をクリックし、使用する設定を選択します。設定が完了したら、[OK] をクリックして最初の作業ウィンドウに戻り、[作成] をクリックします。

        ブラウザーを開いてワークスペースを表示するには、作業ウィンドウの [ワークスペースへ移動] をクリックします。または、会議出席依頼の本文に追加したリンクをクリックします。情報の追加やワークスペースのカスタマイズは、このときまたは後から、行うことができます。会議出席依頼を完了するには、Alt キーを押しながら Tab キーを押して戻ります。

会議出席依頼を送信して、他のユーザーを会議およびワークスペースに招待するには、[送信] をクリックします。以前に送信済みの会議出席依頼の場合は、[変更内容を送信] をクリックします。

ページの先頭へ

既存の会議ワークスペースにリンクする

注: 定期的なイベントが設定されている既存の会議ワークスペースにはリンクできません。

  1. 新規または既存の会議出席依頼、会議ワークスペース [会議ワークスペース] コマンド アイコン ] をクリックします。

  2. 作業ウィンドウの一番下の [ヒント] に表示されるテキスト "既存のワークスペースへのリンクも作成できます" をクリックします。

  3. 作業ウィンドウの手順 1. で、リンクするワークスペースの場所を選択します。

  4. 作業ウィンドウの手順 2. で、[既存のワークスペースにリンク] をクリックし、使用するワークスペースを選択します。選択したワークスペースが正しいものかどうか判断できない場合は、[ワークスペースの表示] をクリックして確認します。

  5. 設定が完了したら、[OK] をクリックして、最初の作業ウィンドウに戻ります。

  6. [リンク] をクリックします。

  7. ブラウザーを開いてワークスペースを表示するには、作業ウィンドウの [ワークスペースへ移動] をクリックします。または、会議出席依頼の本文に追加したリンクをクリックします。このとき、または後から、情報の追加やワークスペースのカスタマイズを行えます。

  8. 会議出席依頼を完了するには、alt キーを押しながら TAB キーを押すOutlook 2010に切り替えます。

  9. 次のいずれかを実行します。

    • 会議出席依頼を送信して、他のユーザーを会議およびワークスペースに招待するには、[送信] をクリックします。以前に送信済みの会議出席依頼の場合は、[変更内容を送信] をクリックします。

    • 会議出席依頼を送信せずに保存するには、[ファイル] タブをクリックし、[保存] をクリックします。この場合、出席者情報はワークスペースに送信されず、その他の会議の詳細 (件名、タイトル、日時、および場所) が送信されます。

ページの先頭へ

会議出席依頼と会議ワークスペースの両方を更新する

会議の出席者、場所、日付、または時刻を変更する必要がある場合は、出席者に会議の更新を送信でき、会議ワークスペースは自動的に更新されます。会議ワークスペースのその他の情報を変更するには、ワークスペースで変更を行う必要があります。

  1. ワークスペースへのリンクを含む会議出席依頼を開きます。

  2. [宛先]、[場所]、[開始時刻]、[終了時刻] の情報を必要に応じて変更します。

  3. 変更内容をすべてワークスペースおよび出席者に送信するには、[変更内容を送信] をクリックします。

    注記: 

    • 会議出席依頼を更新して [保存して閉じる] をクリックすると、更新した情報が会議ワークスペースに送信されません。更新内容を会議ワークスペースに適用するには、[変更内容を送信] をクリックする必要があります。

    • ワークスペースのその他の情報の変更については、ワークスペースのヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

会議ワークスペースを削除する

Outlook 2010から会議ワークスペース サイトを削除することはできません。ワークスペースから、またはワークスペースがサブサイトを親 Web サイトからサイトを削除することができます。

サイトの削除方法の詳細については、ワークスペースのヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×