会議を転送する

会議の転送は、会議が予定表または電子メールのどちらに含まれているかに応じて 2 通りの方法で実行できます。

予定表に含まれている会議を転送する

予定表に含まれている定期的な会議を転送するには、次の手順に従います。

  1. [予定表] で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [定期的なアイテムを開く] ダイアログ ボックスで、[この回のみ] をクリックして、定期的な会議を 1 回のみ転送するか、[一連の予定全体] をクリックして一連の予定を転送します。

  3. [個別の会議] または [定期的な会議] タブの [アクション] グループで、[転送]、[転送] の順にクリックします。

    [転送] ボタン

  4. [宛先] ボックスに、会議の転送先の電子メール アドレスを 1 つまたは複数入力し、[送信] をクリックします。

予定表に含まれている非定期的な会議を転送するには、次の手順に従います。

  1. [予定表] で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [会議] タブの [アクション] グループで、[転送]、[転送] の順にクリックします。

    [転送] ボタン

  3. [宛先] ボックスに、会議の転送先の電子メール アドレスを 1 つまたは複数入力し、[送信] をクリックします。

電子メールに含まれている会議出席依頼を転送する

  1. [メール] で、会議をダブルクリックして開きます。

  2. [会議] または [定期的な会議] タブの [アクション] グループで、[転送]、[転送] の順にクリックします。

    [転送] ボタン

  3. [宛先] ボックスに、会議の転送先の電子メール アドレスを 1 つまたは複数入力し、[送信] をクリックします。

会議出席依頼を転送するためのベスト プラクティス

会議に招待されていないユーザーに Outlook を使用して会議を転送すると、Outlook から会議の開催者に会議転送通知が送信されます。

会議出席依頼が新しい出席者に転送されると、会議の主催者は会議通知を受け取り、新しい出席者が主催者の会議に追加されます。 ただし、このような処理が実行されても、既存の出席者に、追加された出席者のことは通知されません。

何らかの理由で会議の開催者が会議転送通知を受け取らなかった場合、会議出席者は開催者の会議に追加されません。

会議の主催者に通知せずに会議出席依頼を転送するには、以下の手順に従います。

  • 会議出席依頼を予定表から、Outlook の左下にある [メール] ラベルにドラッグします。 この操作を行うと、送信できる会議に関する情報のメールが開きます。

    会議出席依頼を [メール] アイコンにドラッグしてメール メッセージを作成する

    注: このメールでは、受信者は会議に追加されません。このメールには、日付、時刻、件名、議題など、会議の情報だけが記載されています。

既存の出席者に、会議に追加された出席者を通知するには、以下の手順に従います。

  • 既存の出席者が新規の出席者が会議に追加されたことを知る必要がある場合は、主催者は予定表で会議を開き、すべての出席者に会議の変更を送信する必要があります。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×