会議を作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

最初のビデオで作成した予定にユーザーを招待するだけで、会議が作成されます。

会議を作成する

  1. [会議出席依頼] をクリックするだけで、予定が [宛先] 行と [送信] ボタンがあるメール フォームになります。

  2. [宛先] をクリックしてアドレス帳を開き、名前をクリックし、[必須] をクリックします。

  3. 会議への出席を必須としない人には、[任意] をクリックします。

さらに詳しく

予定表に祝日を追加する

予定と会議を示す予定表を印刷する

他のユーザーと Outlook 予定表を共有する

作業中のプレゼンテーションの手伝いを探すことにしたとします。

その手順は、最初のビデオで作成した予定にユーザーを招待し、

それを会議に変更するだけです。

[会議出席依頼] をクリックすると、予定が電子メール フォームになり、宛先行と [送信] ボタンが表示されます。

また、このタブが [会議] に変わります。

このボタンで新しい会議を作成することもできますが、こちらではフォームにほとんどの情報が入力されているので、手間が省けます。

[宛先] をクリックして、アドレス帳を開きます。

名前をクリックして、[必須出席者] をクリックします。

名前は必要な分だけ追加できます。

必須出席者でない場合は、[任意出席者] をクリックします。

完了したら [OK] をクリックします。

次に、分類を [単独作業] から [チーム] に変更してみましょう。

場所も変更できます。[会議室] をクリックします。

組織のアドレス帳に会議室やその他のリソースが表示されている場合は、ここに会議室を追加できます。

[はい] をクリックします。場所が更新され、宛先行に会議室の名前が追加されます。

最後にここにメッセージを追加して、会議室の詳細情報を受信者に通知します。

[送信] をクリックします。

宛先行に表示された各ユーザーと会議室をスケジュールしたユーザーには、

このような招待状が送信されます。

Outlook プログラムでも、

Outlook Web App を使ってブラウザーで電子メールを送受信していても、招待状で場所、時間、メッセージを確認できます。

次に、招待に対して [承諾]、[仮承諾]、または [辞退] を選択できます。

送信する前に、コメントを付けて返信することもできます。

電子メール フォームが開き、ここでメッセージを入力できます。次に、[送信] クリックします。

招待したユーザーからの電子メールを確認できます。

また、予定表で会議出席依頼を開き、承諾したユーザー、

仮承諾したユーザー、辞退したユーザーの人数を確認することもできます。

次のビデオでは、スケジュール アシスタントを使用して、会議の拡張に対応します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×