会議への参加を促進する Skype for Business

Skype for Business を使用して以下のベスト プラクティスを行うことで、障碍を持つ人々があらゆる会議により参加しやすくなります。

会議はすべての参加者が出席してこそ有意義になります。

すべての会議を Skype 会議に

Skype for Business を使用すれば、参加者が同じ部屋に居ながら全員を会議に含めることができます。

  • 視覚障がいを持つ参加者は、各自のコンピューター上でコンテンツを共有できます。これにより参加者は、スクリーン リーダーや拡大鏡など各自に相応しい支援技術を使用できます。

  • また会議を記録できるので後から会議をレビューできます。

  • 聴覚障がいを持つ参加者は、CART (Communication Access Realtime Translation) を通じてリアル タイムのトランスクリプション サービスを利用できます。CART は世界中の多くの言語で提供されています。

この記事の内容

Skype for Business 会議のクイックスタート

オンライン会議の開始にあたり、貴重な会議時間を無駄にしません。

  • 会議をスケジュールするとき、会議を Skype 会議にします。これにより、参加者は Outlook のリンクやアラームから会議に参加するか、Skype for Business により直接参加できます。

  • アドホック会議またはオンラインにスケジュールされていない会議の場合:

    • Skype for Business メイン ウィンドウのカレンダー アイコンから [会議を開始] を選択します。

    • 会話ウィンドウの [他の参加者の招待] アイコンを選択し、対象の参加者を招待します。

ヒント: 会議の参加者が Exchange 配布リストまたはグループに含まれている場合は、そのグループを連絡先に加えます。次に、グループ名を選択してコンテキスト メニューを開き (右クリックまたは Shift+F10 を使用)、[ビデオ通話を開始する] を選択します。

理解向上のためにビデオを導入する

人は複数の知覚から情報を得られる環境で、互いの意思疎通を最も高めることができます。教育やショービジネスの関係者がビデオをメディアとして選ぶ場合に、常にこのような理由を考慮します。電話会議や通常の会議でも同じことができます。

  • ビデオでは聴覚障がいを持つ参加者が手話通訳者を利用できます。

  • ビデオの使用により、スピーチ全内容の理解を深めることができます。特に聴覚障がいを持ち読話法に頼る参加者に役立ちます。

ヒント: ビデオ会議中に、ビデオのプレビュー画面をチェックして、参加者に対して自分が明確に表示されるようにします。例えば、カメラとの関係での着座位置によって違いが生じます。

聴覚障がいを持つ参加者のために CART のトランスクリプション スタッフを招く

CART のトランスクリプション スタッフを Skype for Business での会議や電話会議に招き、リアル タイムで会議の内容を文字にします。会議の最後に、テキスト内容を要求して参加者間で共有できます。

  • CART サービスは世界中の多くの言語で提供されています。CART により、聴覚や会話の障碍がある参加者が通常の会議や電話会議に始めから終わりまで参加できるようになります。

ヒント: 

  • [他の参加者の招待] アイコンを使用して、会議用の電話を参加者として追加します。電話番号を入力するだけです。電話は、室内にあるメディア対応会議用電話、またはスマート フォンを使用できます。

  • 会議への参加時に、参加者には名前を名乗ってもらいます。これにより、聴覚障がいを持つ参加者が会議を理解しやすくなります。

  • 一度に 1 人の参加者が発言するようにします。

インスタント メッセージ (IM) を追加し口頭でのコミュニケーションを強化する

IM により、会議情報を別の形で提供できます。

  • 画面のコンテンツになる別のインスタント テキスト (Alt テキスト) を IM で入力します。

  • 聴覚障がいを持つ参加者が読めるように、IM で追加情報を投稿するように通訳者に依頼します。

  • 文書や Web ページへの URL などの詳細情報をテキストで貼り付けます。詳細情報はそのまま残り、リンクされたコンテンツを各自のコンピューターで直接開くことができます。必要に応じて、拡大鏡やスクリーン リーダーを使用して情報を見やすくできます。

  • 重要な声明文、決定事項、行動項目を IM で投稿します。

  • 会話が難しい参加者や、聴覚情報の処理に時間がかかる参加者は、質問や回答を IM で入力できます。

コンテンツ共有により支援技術に対応する

Skype for Business では、参加者全員が会議内容の個人的なビューを表示できます。

  • デスクトップの共有

    会議の内容を単に画面に映写する代わりに、会議で自分のデスクトップを共有します。これにより参加者は内容を拡大鏡で表示できます。

  • プログラムまたはアプリの共有

    1 つのアプリを見せるには、デスクトップ全体を共有する代わりにアプリ ウィンドウだけを共有します。これにより、参加者が共有コンテンツをより大きく表示できます。

  • Skype for Business ホワイトボードの使用

    実際のホワイトボードを使う代わりに Skype for Business ホワイトボードを使用することで、全員が PC やデバイス上でホワイトボードの内容を表示できます。運動障がいを持つ参加者は Skype ホワイトボードに電子的に参加し、視力機能が低い参加者は拡大鏡を使用できます。

ヒント: コンテンツを共有する代わりに、PowerPoint プレゼンテーションなどのファイルを会議にアップロードして、Skype for Business からそれを提示できます。全員がその内容を各自のコンピューターに表示し、スクリーン リーダーや拡大鏡など各自に相応しい支援技術を使用できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×