会議のオーディオとビデオへの接続

接続オプション

コンピューター オーディオに接続するには

電話会議の番号に電話を掛けて電話会議に参加するには

Live Meeting に電話を掛けさせて電話会議に参加するには

インターネット オーディオ ブロードキャストを使用する電話会議に参加するには

ビデオに接続するには

関連リソース

接続オプション

会議開催者による会議の設定に応じて、コンピューターまたは電話会議により他の参加者とコミュニケーションをとることができます。また、Web カメラをコンピューターに接続して、他の出席者にこちらの映像を見てもらうこともできます。Live Meeting では次のことが可能です。

  • ダイヤルイン会議を使用して会議に接続できます。ダイヤルイン機能は、Microsoft Office Communications Server 2007 R2 で開催される会議の新しいオーディオ オプションです。この機能を使うと、コンピューターや Office Communicator 2007 R2 Phone Edition を使用できないユーザーでも、通常の携帯電話、会社または自宅の電話から電話会議に電話して会議に参加できます。電話からダイヤルインするには、次のアクセス情報が必要です。

    • 電話会議のダイヤルイン番号

    • 電話会議 ID

    • パスコード (必要な場合)

    • 認証済みの発信者または電話会議の主催者として参加するには、次の情報が必要です。

    • 暗証番号 (PIN)

    • 内線番号

    • ダイヤルイン会議をサポートする電話会議への電子メール招待状を受信している場合は、招待状の [オーディオ情報] の下にアクセス情報が記載されています。

  • 「コンピューター オーディオ」が一覧にある場合は、コンピューターを使用して会議に接続し、会議を聞くことができます。会議を聞くにはスピーカーが必要であり、会議で発言する場合はマイクも必要です。イヤホンとマイクが一体になったヘッドセットを使用することもできます。

    注: コンピューター オーディオはブレークアウト ルームでは使用できません。

  • 電子メール招待状に記載された電話会議の番号に電話を掛けることにより、電話会議に手動で参加できます。会議の開催者がその会議用に電話会議を設定している場合は、電話会議の情報 (電話会議の番号や参加者コードなど) が会議の招待状に記載されています。また、Live Meeting では既定で電話会議の情報が表示されます。

  • Live Meeting に電話を掛けさせ、電話会議に自動的に追加させることができます。会議の開催者がその会議用に統合されたオーディオ会議を設定している場合は、指定した電話番号に電話を掛けるように Live Meeting に指示できます。電話に出ると、Live Meeting により自動的に電話会議に追加されます。電話会議の情報 (アクセス用の電話番号や参加者コードなど) を覚える必要はありません。

  • インターネット オーディオ ブロードキャストを使用する会議に参加できます。会議の開催者がインターネットを使用して会議用のオーディオを一方向にブロードキャストするように設定している場合は、ブロードキャストに接続し、それを自分のコンピューターで聞くことができます。

ヒント: スピーカーとカメラを適切に動作させるには、会議に最初に接続した後に、[オーディオおよびビデオを設定] 機能を使用します。Ctrl キーを押しながら T キーを押すか、または [音声 & ビデオ] をクリックして [詳細] アイコンをクリックし、[オプション]、[オーディオおよびビデオを設定] の順にクリックします。この機能の指示に従って、スピーカー、マイク、および Web カメラを指定し、テストします。

ページの先頭へ

コンピューター オーディオに接続するには

  1. このトピックで既に説明した手順に従って会議に参加します。

  2. 会議で [コンピューター オーディオ] が使用される場合は、会議参加時にオーディオが既定で有効になります。オーディオが有効でない場合は、[音声 & ビデオ] をクリックし、[オーディオに参加] をクリックします。

  3. マイクまたはスピーカーをミュートするには、[音声 & ビデオ] ペインで [マイクをミュート] アイコンまたは [スピーカーをミュート] アイコンをそれぞれクリックします。

ページの先頭へ

電話会議の番号に電話を掛けて電話会議に参加するには

  1. このトピックで既に説明した手順に従って会議に参加します。

  2. 会議用の電話会議情報を表示するには、[音声 & ビデオ] をクリックし、[オーディオに参加] メニューの [[コールインの詳細] の表示] をクリックします。

    注: この情報は、会議の電子メール招待状にも記載されています。

  3. 自分の電話を使って電話会議の番号に電話を掛け、電話会議サービスからの要求に応じて参加者コードを入力します。

ページの先頭へ

Live Meeting に電話を掛けさせて電話会議に参加するには

  1. このトピックで既に説明した手順に従って会議に参加します。

  2. [音声 & ビデオ] をクリックし、[オーディオに参加] メニューの [コール ミー] をクリックします。

  3. [電話会議に参加] ダイアログ ボックスで、サービスに掛けさせる電話番号を入力します。

  4. [電話会議に参加] をクリックします。Live Meeting の統合されたオーディオ機能が、指定した電話番号に電話が掛けてきます。電話に出た時点で、電話会議サービスは既に電話会議に追加してくれていて、会議に入場したことを通知するための名前を入力するように求められます。

    注: この機能は、会議の開催者が有効にしていないと使用できません。

ページの先頭へ

インターネット オーディオ ブロードキャストを使用する電話会議に参加するには

  1. 会議で [インターネット オーディオ ブロードキャスト] が使用される場合は、会議参加時にオーディオが既定で有効になります。オーディオが有効でない場合は、[音声 & ビデオ] をクリックし、[オーディオに参加] をクリックします。

  2. マイクまたはスピーカーをミュートするには、[音声 & ビデオ] ペインで [マイクをミュート] アイコンまたは [スピーカーをミュート] アイコンをそれぞれクリックします。

ページの先頭へ

ビデオに接続するには

  1. メイン ビデオが表示されない場合は、[音声 & ビデオ] をクリックし、Web カメラ アイコンをクリックして [メイン ビデオの表示] をクリックします。

  2. Web カメラを使用するには、Web カメラの操作手順に従って、コンピューターに接続し、ドライバーをインストールします。接続とインストールが完了したら、[音声 & ビデオ] をクリックし、Web カメラ アイコンをクリックして [ビデオの開始] をクリックします。

  3. ビデオの表示を停止するには、Web カメラ アイコンをクリックします。

注: 会議で Microsoft RoundTable 通信およびアーカイブ システムを使用してパノラマ ビデオを表示している場合は、[音声 & ビデオ] をクリックします。詳細については、RoundTable のヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

関連リソース

Office Live Meeting 2007 オーディオ パートナー

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×