会議から人を削除する

Outlook 2013、Outlook 2016 で会議を作成したものの、1 人または複数の出席者がその会議への参加が不要になった場合に、スケジュール アシスタントを使用して、会議から参加者を削除することができます。

  1. Outlook 予定表で、編集する会議出席依頼を開きます。定期的な会議の場合は、一連の会議すべてを編集するか、1 度の会議だけを編集するかの選択を Outlook から求められます。

  2. 会議で、[会議] タブの [表示] グループで [スケジュール アシスタント] をクリックします。

    [スケジュール アシスタント] オプションは、[会議] タブにあります。
  3. [すべての出席者] 一覧で、削除する出席者の名前の横にあるチェック ボックスをオフにします。

  4. [すべての出席者] 一覧の上の [送信] をクリックして更新を確認します。

更新を送信すると、更新を全員に送信するか、または変更の影響を受ける出席者だけに送信するかの選択を Outlook から求められます。追加された出席者または削除された出席者にのみ更新を送信する場合は、他の出席者は更新情報について通知されません。

Lync または Skype での継続的なオンライン会議から出席者を削除する

Outlook で予定され、Lync または Skype で既に進行中のオンライン会議から出席者を削除することもできます。

  1. [会議] ウィンドウで、[参加者] アイコンをクリックしてすべての出席者を表示します。

    [参加者] アイコン
  2. 削除する出席者の名前を右クリックします。

  3. ドロップダウン メニューで、[削除] を選択します。 会議からその出席者が削除されます。会議出席依頼がまだある場合は、再び参加することができます。

関連項目

Outlook Web App でスケジュール アシスタントを使う

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×