会話中にメモをとる

電話またはインスタント メッセージング (IM) 会話の間に、重要な点をメモすることができます。メモは、転送が必要な通話に関する情報を中継する手段として特に有用です。

メモをとる

  1. 電話または IM 会話の間に、[会話] ウィンドウで [メモ] タブをクリックします。

  2. [メモ] 領域の任意の場所をクリックします。

  3. メモを入力します。

会話が終了すると、Outlook の [会話履歴] フォルダに会話と共にメモが保存されます。

会話中にメモを送信する

  1. [会話] ウィンドウの [メモを送信] をクリックします。Outlook の電子メール ウィンドウが表示されます。

  2. 受信者の電子メール アドレスを宛先リストに入力します。

  3. [送信] をクリックします。メモは、電子メールの本文内に含まれて受信者に送信されます (添付ファイルではありません)。

会話後にメモを送信する

既定では、すべてのメモが会話と共に Outlook の [会話履歴] フォルダに保存されます。このフォルダでは、メモにアクセスすることや、それらのメモを他のユーザーに転送することが可能です。通常、[会話履歴] フォルダは、Outlook のメール フォルダの一覧にある [削除済みアイテム] フォルダのすぐ上に表示されます。

[会話履歴] フォルダが表示されていない場合は、Office Communications Server Attendant ツール バーの [オプション] アイコンをクリックします。ドロップダウン リスト ボックスで [オプション] をクリックし、[個人] タブをクリックします。[履歴] で [Outlook の [会話履歴] フォルダにインスタント メッセージでの会話を保存する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×