会話の履歴を保存して表示する

使用している アプリケーション

Communicator

関連項目

Communicator

会話の履歴にテキストの会話を保存して表示することができます。会話の履歴では、テキストの会話がメンバーの名前によって分類され、さらに日付別に分類されます。特定の日付の特定のメンバーとのすべての会話は 1 つのログとして保存されます。

会話の履歴に保存される会話はテキストの部分のみです。音声や映像は保存されません。

必要に応じて、次の操作を行います。

すべての会話を保存するための環境設定を行う

Communicator会話を自動的に保存するか、会話を保存しないか、または各会話を保存するかどうかを確認するかを選択できます。

  1. Communicator にサインインします。

  2. Communicator メニューで、環境設定 をクリックし、履歴 ( History button ) をクリックします。

  3. 目的のオプションを選択します。

    会話の保存期間を制限するには、すべての会話を削除する ポップアップ メニューのオプションをクリックします。

1 つの会話を保存する

会話を自動的に保存するように設定していない場合でも、会話の履歴に 1 つの会話を保存できます。[会話を保存する] をオフにしても、会話の履歴に 1 つの会話を保存することはできます。

  1. 会話ウインドウの 保存 ( 会話を保存するボタン ) をクリックします。

  2. 目的のオプションを選択します。

    会話ウインドウを閉じると、会話が保存されます。

保存した会話を表示する

  1. Communicator にサインインします。

  2. 表示 メニューの 会話の履歴 をクリックします。

  3. ナビゲーション ウインドウの 保存したすべてのメッセージ をクリックし、メンバーをクリックします。

  4. ウインドウの右側で、会話の日付をクリックします。

    ヒント: 

    • 会話の履歴 を検索するには、検索するフォルダーをナビゲーション ウインドウでクリックし、検索 ボックスに語句を入力します。検索した語句が含まれている会話が、右上のウインドウに表示されます。

    • 会話の履歴 から会話を削除するには、会話を選択し、削除 ( [会話の削除] ボタン ) をクリックします。

関連項目

セキュリティに関するヒント

メッセージのフォントを設定する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×