会計年度を設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

< その他の Project のヘルプ

会計年度

大部分の組織には、毎年の財務計算に使用される会計年度 (FY) があります。 その会計年度内に、通常は、財務計画を等間隔に配分するために使用される、四半期、月、その他の期間があります。 Project Web App で会計期間を設定すると、プロジェクトの作業を全体的な財務計画にマップできます。

必要な操作
  1. [PWA 設定] に移動します。   

    • Project Web App で、[設定] 設定アイコン 、[PWA 設定] の順に選びます。

    • [時間およびタスクの管理] の下にある [会計期間] を選びます。

      会計年度
  2. 開始日を設定します。   

    • [会計期間の管理] で年を選び、[定義] を選びます。

      定義
    • [会計年度の開始日の定義] で、会計年度の開始日を入力するか選びます。

      会計期間の開始日
  3. 期間の設定方法を選びます。   

    [会計年度作成モデルの設定] で、会計の処理方法を選びます。

    • 四半期を使用する場合。    番号付き方法 (4,5,44,4,55,4,4) のいずれかを選びます。

      これらの方法の番号は、各四半期中の会計期間ごとに設定する週数と関連しています。 たとえば、4,5,4 法における 1 つの四半期は次のようになります。

      4、5、4 方式

      4,5,4 法を選んだ場合は、4 つの四半期が構成され、1 つの四半期に 3 つの会計期間が含まれます。 1 番目の期間は 4 週間、2 番目の期間は 5 週間、3 番目の期間は 4 週間になります。

      これらの番号付き方法では、合計 12 の会計期間が設定されます。

    • 月を使用する場合。    [標準のカレンダー年] を選んで、各月の 1 日から各月の最終日までを含む、12 の会計期間を作成します。

      各月を 4 週間と考える場合は、[13 か月] を選びます。 このオプションでは、合計 13 の会計期間がセットアップされます。

    • どれも適切でない場合。    組織の活動方法に最も近いもの選びます。保存した後に戻って、調整できます。

  4. 期間名の書式を設定します。   

    [期間命名規則の定義] の下の設定項目はそのままにしておいても、すべて問題なく処理されます。 ただし、多くの組織は、会計期間の毎回の命名方法に何らかの仕組みを加えることを選びます。

    [プレフィックス] や [サフィックス] を付けなければ、 会計期間の数値が単純に大きくなっていくだけです (1、2、3 など)。

    命名に何らかの構成を適用すると、期間に前後関係が生じます。 たとえば、会計期間が "Sprint1_FY15"、"Sprint2_FY15" などに命名されるように設定することができます。 これにより、取得される内容について少し詳しい情報が提供されるため、報告時に役立ちます。

    プレフィックスとサフィックスを付加した場合の名前の例を次に示しています。

    プレフィックスとサフィックス
  5. [作成して保存] を選びます。   

    作成して保存

    保存後、表内の情報を変更したり行を削除したりして、会計年度を調整できます。

    会計年度の調整

他にできること

セットアップ中にできることは、次のとおりです。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×