会計年度の開始月を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

会計年度が1月と異なる場合、またはグレゴリオ暦の開始日に開始される月を設定できます。

会計年度の開始時に設定する

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選び、[スケジュール] を選びます。

    {Project 2007 で、[ツール]、[オプション] の順に選び、[予定表] タブを選びます。)

  2. [会計年度の開始日] ボックスで、会計年度を開始する月を選びます。

  3. 会計年度が開始された暦年ではなく、それが終了する暦年を使用して年度にラベルを付ける場合は、[年度の開始日を指定する] チェックボックスをオンにします。

新しい会計年度設定を反映するようにタイムスケールを変更する

シートビューのタイムスケール ([ガントチャート] ビュー、[タスク配分状況] ビュー、[リソース配分状況] ビューなど) を変更して、新しい会計年度設定を表示することができます。この期間は、タイムスケールに表示される時間を制御する会計年度の設定ですが、タスクの日付と割り当ての日付がビューに表示される方法を変更しないことに注意してください。

  1. [表示] タブの [ズーム] グループで、[タイムスケール] メニューの下部にある [タイムスケール] を選びます。

    (Project 2007 のビューで、変更するビューを選択し、[書式] メニューの [タイムスケール] を選びます)。

  2. 新しい会計年度設定 (最上位層中間層、または下位層タブまたは任意の組み合わせ) を使用する各タイムスケール層のタブで、[会計年度を使用する] チェックボックスをオンにします。

  3. 表示するスケールのタブで、次の操作を行います。

    • [単位] ボックスで、使用するタイムスケールの単位を選択します。

    • [ラベル] ボックスで、使用するラベルを選びます。

    注: 設定を変更できるのは、現在のビューのタイムスケールのみです。別のビューのタイムスケールを更新するには、そのビューを選び、次の手順を繰り返します。

Microsoft Project Web Appを使用すると、特定の年の会計期間を簡単に定義することができます。会計期間を一括して作成することによって、複数の異なるモデルをオフにすることができます。これによって、Project は日付を計算します。

たとえば、組織で4週間の期間を1つずつ分割し、その後に5週間の長期間、もう1つは4週間の長さにすると、このモデルをProject Web Appで指定することができ、Proejct は会計年度を作成します。そのスケジュールに従って、年の期間。そのため、会計年度が2019の1月1日から始まる場合、第1四半期には次の3つの期間があります。

  • 期間 1: 1/1/2019 ~ 1/28/2019

  • 期間 2: 1/29/2019 ~ 3/4/2019

  • 期間 3: 3/5/2019 ~ 4/1/2019

Project Web Appで会計期間を設定するには、次の操作を行います。

  1. サイドリンクバーの [設定] セクションで、[サーバー設定] を選びます。

  2. [サーバー設定] ページの [時間とタスクの管理] セクションで、[会計期間] を選びます。

  3. [会計期間の管理] セクションで、会計年度期間として定義する年を選択し、[定義] を選択します。

  4. [会計期間の開始日の定義] セクションで、会計年度の開始日を入力するか、日付の選択を使用して日付を選択します。

  5. [会計年度作成モデルの設定] セクションで、会計期間の書式設定方法を選択します。

    • 4, 5, 4 メソッド    4週間の会計期間を設定し、その後に5週間の会計期間、さらに4週間の会計期間を指定します。

    • 4、4、5メソッド    4週間の会計期間、さらに4週間の会計期間、5週間の会計期間を設定します。

    • 5, 4, 4 メソッド    5週間の会計期間、4週間の会計期間、さらに4週間の会計期間を設定します。

    • 13 か月    各会計期間を4週間として設定します。

    • 標準的な暦年    各会計期間を、1月1日から12か月の標準的な年に合わせて設定します。

    注: 組織の会計年度に別のモデルを使用する場合は、次の手順に従って、会計年度の目的に最も近いモデルを選択します。保存したら、予定表の日付を戻して変更して、組織のニーズを満たすようにスケジュールを調整することができます。

  6. [期間の名前付け規則の定義] セクションで、次のように入力して、期間の一意の名前を作成します。

    • プレフィックス    最大15文字のプレフィックス。

    • 次のシーケンス番号    最大6桁のシーケンス番号。

    • サフィックス    最大15文字のサフィックスです。

    ヒント: プレフィックス、[次のシーケンス番号]、[サフィックス] フィールドに命名規則を入力すると、[サンプル] の横にあるフィールドの下に、最終的な命名規則の例が表示されます。

  7. [作成して保存] を選びます。

    [会計期間] ページには、会計年度期間が表示され、[会計月の調整] グリッドに表示される個々の期間が示されます。

    会計期間を定義したら、[会計月の調整] グリッドを使用して編集できます。

会計期間の日付を調整するには、次の操作を行います。

  1. サイドリンクバーの [設定] セクションで、[サーバー設定] を選びます。

  2. [サーバー設定] ページの [時間とタスクの管理] で、[会計期間] を選びます。

  3. [会計期間の管理] セクションで、調整する年を選びます。

  4. [会計月の調整] セクションの [終了日] 列で、変更する終了日を選択し、日付ピッカーを使用して新しい終了日を選択します。変更された終了日以降の期間の開始日と終了日は、すべての期間が連続するように自動的に調整します。

  5. [Save] を選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×