休暇、病欠、その他のプロジェクト以外の時間を取得する

休暇、病欠、その他のプロジェクト以外の時間を取得する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

一生懸命仕事をしていれば、休暇も必要だし、不運なことに風邪でダウンしたりもします。

つまりプロジェクトへの参加中に、それと直接関係しない、タスク以外の時間は必ず発生するということです。 たとえば休暇、病欠、(プロジェクト以外の) 業務関連の用件 (トレーニングや出張など) です。

飛行機

事前の準備

特定の日 (または期間) にタスク作業をできないことがわかっている場合は、事前にできることがいくつかあります。 予定としてプロジェクト マネージャーに報告します。また、自分の不在時に代わりに時間とタスクの進捗状況を入力する人を割り当てられる場合もあります。

プロジェクト マネージャーに報告する

不在にすることや、何らかの理由でタスクを実行できないことが事前にわかっている場合は、その情報をできるだけ早くプロジェクト マネージャーと共有してください。

予定表

プロジェクト マネージャーは、作業時間を反映する予定表に不在予定を入力できます。 この予定表はプロジェクト スケジュールの決定に使用され、不在時のタスク作業は、戻るまで自動的に除外されます。

時間とタスクの進捗状況を入力する人を割り当てる

組織編成によっては、自分の不在時に代わりに時間やタスクの進捗状況を入力、送信できる人がいる場合があります。 これを “代理人” と呼びます。

休暇に入る前に (または何らかの理由で短期間プロジェクトを離れる場合)、新しい代理人を設定して、自分の不在時に代わりにログインできるようにします。

すべての組織で代理人を使用できるわけではないので、不在中に必要な提出物があるのに代理人を設定できない場合は、事前にプロジェクト マネージャーと相談してください。

不在時

プロジェクト タスクを離れる時間があると (それが休暇の場合は特に)、気分転換に役立ちます。 その理由がトレーニング セッションや風邪であっても、タスク作業に戻ったときに新しい視点を持てるようになるでしょう。

飲み物

実際、不在中の心配は、時間とタスクの進捗状況がきちんと送信されるようにすることだけです。 事前に情報を送信できる場合もありますが、必ずできるわけではありません。 組織によっては、特定の曜日や日付にのみ送信が必要な場合があります。 このため、可能であれば代理人に依頼します。

自分の代わりに時間とタスクの進捗状況を入力する代理人を割り当てると、その代理人は [設定] 設定アイコン 、[PWA 設定] の順にクリックしてから [個人用の設定] の [代理人としての役割] をクリックしてログインできます。

タスクに戻った後の処理

タスクに戻ったら、 タイムシートに不在時間について記入する必要があります。 プロジェクト以外の作業時間 (休暇や病欠を含む) は、管理用時間と呼ばれます。

  1. サイド リンク バーの [タイムシート] をクリックします。

    サイド リンク バーの [タイムシート]

  2. グリッドの右側の [実績] に、休暇、病欠、または管理用時間のその他のカテゴリを入力します。

    タイムシートの [管理用] 行

    タイムシートに必要な管理タスクが表示されていない場合は、[タイムシート]、[行の追加]、[非プロジェクト行の追加] の順にクリックします。

    非プロジェクト行の追加

  3. 引き続きタイムシートの残りに入力し、準備ができたら送信します。詳しくは、こちらをご覧ください

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×