任意のドメイン レジストラーで Office 365 をセットアップするためにネームサーバーを変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

探している内容が見つからない場合は、ドメインに関する FAQ を確認してください。

ドメイン (ホスト固有の命令) を設定する最初を確認、レジストラーの手順があるかどうか。

追加し、メールやSkype for Business Onlineようなサービスは、自分のドメイン名を使用するようにOffice 365でドメインをセットアップする手順に従います。これを行うには、ドメインを確認して、適切な DNS レコードをセットアップできるようにOffice 365に、ドメインのネーム サーバーを変更します。次の 3 つのステートメントには、状況がについて説明している場合は、以下の手順を実行します。

  • 独自のドメインがありOffice 365を使用するように設定します。

  • Office 365の DNS レコードを管理したいです。(場合行う場合は、お試し、独自の DNS レコードを管理する。)

確認のため TXT レコードまたは MX レコードを追加する

注: これらのレコードのいずれか一方を作成します。推奨されるレコードの種類は TXT ですが、一部の DNS ホスティング プロバイダーではサポートしていないため、代わりに MX レコードを作成してもかまいません。

Office 365 でドメインを使うには、ドメインを所有していることを確認する必要があります。自分のドメイン レジストラーで自分のアカウントにログインし、DNS レコードを作成することができれば、Office 365 に対してドメインを所有していることを確認することができます。

注: このレコードは、ドメインを所有していることを確認するためだけに使用されます。その他には影響しません。 必要に応じて、後で削除することができます。

DNS ホスティング プロバイダーの Web サイトで、新しいレコードを作成できる場所を見つけます。

  1. DNS ホスティング プロバイダーの Web サイトにサインインします。

  2. ドメインを選びます。

  3. ドメインの DNS レコードを編集できるページを見つけます。

レコードを作成します。

  1. TXT レコードと MX レコードのどちらを作成しているかに応じて、次のいずれかを実行します。

    • TXT レコードを作成する場合は、以下の値を使います。

      Record Type

      Alias または Host Name

      Value

      TTL

      TXT

      次のいずれかを実行します。「@」と入力するか、フィールドを空白のままにするか、ドメイン名を入力します。

      注: このフィールドの要件は、DNS ホストによって異なります。

      MS=msXXXXXXXX

      注: これは例です。Office 365 の表にある [宛先またはポイント先のアドレス] の値を指定してください。
      確認する方法

      この値は、1 hour、または 1 時間に相当する分数 (60) や秒数 (3600) などに設定します。

    • MX レコードを作成する場合は、以下の値を使います。

      Record Type

      Alias または Host Name

      Value

      Priority

      TTL

      MX

      @ か自分のドメインの名前のいずれかを入力します。

      MS=msXXXXXXXX

      注: これは例です。Office 365 の表にある [宛先またはポイント先のアドレス] の値を指定してください。
      確認する方法

      Priority には、メール フローに使われる MX レコードとの競合を避けるために、既存の MX レコードよりも低い優先度を指定します。

      優先度の詳細については、「MX 優先度とは」を参照してください。

      この値は、1 hour、または 1 時間に相当する分数 (60) や秒数 (3600) などに設定します。

  2. レコードを保存します。

これで、ドメイン レジストラーのサイトでレコードが追加されました。Office 365 に戻り、Office 365 にレコードの検索をリクエストします。

Office 365 で正しい TXT レコードが見つかった場合、ドメインは確認済みとなります。

  1. [セットアップ]、[ドメイン] の順に選択します。

  2. [ドメイン] ページで、確認するドメインを選びます。

    Office 365 管理センターで選択されているドメイン名

  3. [セットアップ] ページで、[セットアップの開始] を選びます。

    [セットアップの開始] ボタン

  4. [ドメインの確認] ページで、[確認] を選びます。

    [確認] ボタン

注: 通常、DNS の変更が有効になるのに 15 分ほどかかります。 ただし、インターネットの DNS システム全体を更新する変更の場合、さらに長くかかることもあります。 DNS レコードの追加でメール フローなどに問題が発生した場合は、「ドメイン名または DNS レコードの変更後の問題に関するトラブルシューティング」を参照してください。

ドメインのネーム サーバー (NS) レコードを変更する

表示された場合、最後に、ドメイン セットアップ ウィザードの手順Office 365で、1 つのタスクの残存があります。メールなどのOffice 365サービスでドメインを設定するには、ドメインを変更するOffice 365プライマリおよびセカンダリのネーム サーバーを指すようにドメイン レジストラーでネーム サーバー (NS) を記録します。次に、 Office 365では、DNS をホストしているため、サービスのために必要な DNS レコードが自動的に設定がします。更新できるネーム サーバー レコード自分で以下の手順に従って、ドメイン レジストラーが、web サイトでヘルプ コンテンツで説明することがあります。DNS に慣れていない場合は、ドメイン レジストラーでのサポートに問い合わせてください。

ドメイン レジストラーの Web サイトで、自分でドメインのネーム サーバーを変更するには、次の手順に従います。

  1. ドメイン レジストラーの Web サイトで、ドメインのネーム サーバーを編集できる場所を見つけます。

  2. 2 つのネーム サーバー レコードを作成するか、既存のネーム サーバー レコードを編集して次の値に合わせます。

    1 番目のネーム サーバー

    ns1.bdm.microsoftonline.com

    2 番目のネーム サーバー

    ns2.bdm.microsoftonline.com

    ヒント: 少なくともネーム サーバーのレコードを 2 個使用する必要があります。もしリストに他のネーム サーバーがある場合は、それらを削除するか、または ns3.bdm.microsoftonline.com および ns4.bdm.microsoftonline.com に変更することができます。

  3. 変更内容を保存します。

注意: Office 365ネーム サーバーを指すように、ドメインの NS レコードを変更すると、自分のドメインが関連付けられているすべてのサービスが影響を受けます。メール アドレスを追加するなど、ウィザードの手順を省略した場合、またはショッピング カート、またはその他のサービスのブログ、自分のドメインを使用している場合は、必要な追加の手順があります。それ以外の場合この変更が不足しているメールのアクセス、アクセスできない、現在の web サイトなどのサービスのダウンタイム可能性があります。

たとえば、電子メールと Web サイトのホスティングには、次のような追加の手順が必要になる場合があります。

  • NS レコードを変更する前に、 Office 365にドメインを使用しているすべてのメール アドレスに移動します。詳細:追加する理由のユーザーを Office 365 にドメインの追加中ですか?

  • Www.fourthcoffee.com? などの web サイト アドレスで現在使用されているドメインを追加します。ホストの場所、サイトが現在ホストされているOffice 365を指すようにドメインの NS レコードを変更した後、ユーザーは、web サイトにアクセスもできるように、web サイトを維持するドメインを追加するときに、手順を実行できます。

注: ネーム サーバー レコードの更新がインターネットの DNS システム全体に反映されるまでに、最大で数時間かかる場合があります。Office 365 のメールと他のサービスの準備が完了し、ドメインで利用できるようになります。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×