仲介サーバー

Office Communications Server 2007 R2 管理ツールのコンソール ツリー ビューで、仲介サーバーを右クリックすると、以下のオプションが表示されます。

  • [開始]。Office Communications Server 仲介サーバー サービスを開始します。

  • [停止]。Office Communications Server 仲介サーバー サービスを停止します。

  • [ログ ツール]。Office Communications Server のデバッグ セッションを呼び出します。

  • [非アクティブ化]。非アクティブ化ウィザードを起動して仲介サーバーを非アクティブ化し、プールで使用できないようにします。

  • [プロパティ]。サーバーのプロパティ ページを開きます。

  • [証明書]。ローカル仲介サーバーに対して選択されている証明書の表示と変更を行うことができます。このオプションは仲介サーバー上のローカルでのみ使用できます。

結果ウィンドウでは、次の操作を実行できます。

  • [状態] タブを使用して、仲介サーバーに対して構成した特定の設定の状態を表示する。

  • [イベント ログ] タブを使用して、イベント ログ フィルタを構成し、イベント レコードを表示する。

  • [パフォーマンス] タブを使用して、サーバーのパフォーマンスを表示する。

  • [リソース] タブを使用して、Office Communications Server 2007 R2 のドキュメントやその他のリソースにアクセスする。

操作ウィンドウの [利用可能なタスク] では、次の操作を実行できます。

  • [非アクティブ化] を使用して、仲介サーバーに対して非アクティブ化ウィザードを起動する。

  • [証明書] を使用して証明書ウィザードを起動する。このタスクは、仲介サーバーにローカルにログオンしている場合にのみ実行できます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

[開始]

仲介サーバーを自動で開始するように構成していない場合や、仲介サーバーが停止した場合には、手動で開始できます。

[停止]

サーバーにトラブルが発生した場合や、サービスの再開を必要とするような構成変更を加えた場合、仲介サーバーを停止してから開始し直すことができます。

[非アクティブ化]

Office Communications Server 環境から仲介サーバーを削除する場合、まずそのサーバーを非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化プロセスでは、サーバーをアクティブ化したときにサーバーに関連付けられたサービス アカウントのすべての関連付けが解除されます。非アクティブ化プロセスでは、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) からサーバーのエントリも削除されるため、サーバーをプールで使用できなくなります。

仲介サーバーの詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「展開」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×