以前のバージョンの Office ファイルの表示

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 2016 では作業中に SharePoint、OneDrive、OneDrive for Business ファイルの各バージョンが自動的に保存されます。保存されたバージョンを使用して過去に戻って、ファイルがどのように変化していったかを理解することができ、間違った場合は古いバージョンを復元できます。

この更新で改善された機能は、Office 365 サブスクリプションのお客様を対象に公開されます。このような強化された機能にいち早くアクセスするには、Office Insider プログラムにご参加ください。

過去のバージョンを表示するには

  1. 操作していたファイルを開きます。

  2. [ファイル] をクリックして >情報>以前のバージョンを表示して復元します。

    バージョンの管理] ボタンでは、文書の以前のバージョンを復元できます。
  3. バージョンをクリックして、それを別のウィンドウに開いて表示します。

  1. 操作していたファイルを開きます。

  2. 一番上には、[バージョン履歴] をクリックします] ウィンドウの右します。クロックように見えます。

    バージョン履歴] ボタンが以前のバージョンの文書を選択できるバージョン履歴] ウィンドウを開く
  3. バージョンをクリックして、それを別のウィンドウに開いて表示します。

過去のバージョンを復元するには

  1. 開いたバージョンの上部にあるメッセージ バーの [復元] をクリックします。

    [アクティビティ] ウィンドウから前のバージョンを開くと、前のバージョンを復元するオプションが表示されます。

復元することで、現在のファイルが最新のファイルとして保存され、現在のファイルの内容が復元するファイルの内容に置き換わります。

関連トピック

自動保存とは
OneDrive for Business で以前のバージョンのドキュメントを復元する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×