以前のバージョンと共に Project 2010 を使用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Project 2010を開き、せず、お使いのコンピューターに以前のバージョンの Microsoft Project では、以前のバージョンからプロジェクトを編集できます。ダウンロードとコンバーターをインストールせずにプロジェクトのいくつかの以前のバージョンにProject 2010ファイルを保存することもできます。

この記事の内容

Project 2010 で以前のバージョンのプロジェクト ファイルを開くときの動作します。

Project 2010 で Project 2007 ファイルを保存するときの動作します。

以前のバージョンに Project 2010 ファイルを保存するときの動作します。

以前のバージョンの Project ファイルを Project 2010 で開いたときの動作

開くProject 2010を使用するとします。機能の制限で以前のバージョンのプロジェクトから作成された MPP ファイル、プロジェクトの動作し、互換モードアプリケーション ウィンドウの上部にあるタイトル バーに表示されます。互換モードでは、開く、編集、および Project 2000-2003 およびProject 2007ファイルを元の形式に保存することができますが、 Project 2010の新機能のいずれかを使用することはできません。プロジェクトのプロジェクトをProject 2010ファイル形式に変換するまで、互換モードで動作を続行します。

Project 2010は、互換モードで動作するときに、 Project 2010に新しく追加された一部の機能は、機能制限と動作します。

Project 2010 の機能

互換モードでの動作

非アクティブなタスク   

タスクを非アクティブに設定することはできません。

手動スケジュール タスク   

タスクを手動でスケジュールすることはできません。タスクは自動スケジュールにのみ設定できます。

空白の日付   

日付のないタスクは手動でスケジュールされたタスクの機能であるため、開始日と終了日をすべてのタスクに適用する必要があります。

ページの先頭へ

Project 2007 ファイルを Project 2010 で保存したときの動作

Project 2007ファイルをProject 2010ファイルに変換すると、プロジェクトは、すべての機能と互換モードではなく動作します。ただし、 Project 2010で作成された新しいファイルから既存と新規のタスクのプロジェクトの既定の動作が異なります。

Project 2007 の機能

Project 2010 で保存した場合の動作

自動スケジュール   

既存のタスクは自動スケジュールに設定されます。

新しいタスクの作成   

新しいタスクは、既定で自動スケジュールに設定されます。これらを設定できます手動でスケジュールされた作成した後に。

タスク モード] 列   

[タスク モード] 列 (タスクが自動スケジュールと手動スケジュールのどちらに設定されているかを示す列) は表示されません。ただし、この列の追加は可能です。

マスター プロジェクト   

マスター プロジェクト ファイルには、すべての機能が表示されます。ただし、マスター プロジェクト内であるし、 Project 2010には変換されていないのサブ プロジェクトを展開することはできません。Project 2010に変換されるサブプロジェクトを展開することができます。

プロジェクトのリンクを相互します。   

プロジェクト ファイルにProject 2010は変換されていないと、 Project 2010に変換されたファイルに含まれるプロジェクト間のリンクを展開することはできません。Project 2010に変換されるプロジェクト間のリンクを展開することができます。

リソース共有元のファイル   

プロジェクトに変換されたProject 2010プールProject 2010に変換されているファイルの共有リソース関数を使用していないがあるリソース情報へのアクセス、リソース共有元ファイルで、リソース共有元のファイルがProject 2010 に変換します。.

数式内のフィールドの変更   

Project 2007でユーザー設定フィールドを作成する数式内でフィールドを使用している場合、 Project 2010と同じに一部のフィールドを自動的に変更されます。次のフィールドが変更されます。

  • "開始日" フィールドは "スケジュールされた開始日" に変更されます。

  • "期間" フィールドは "スケジュールされた期間" に変更されます。

  • "終了日" フィールドは "スケジュールされた終了日" に変更されます。

  • "基準開始日" フィールドは "基準予定開始日" に変更されます。

  • "基準期間" フィールドは "基準見積もり期間" に変更されます。

  • "基準終了日" フィールドは "基準予定終了日" に変更されます。

ページの先頭へ

Project 2010 ファイルを以前のバージョンで保存したときの動作

以前のバージョンのプロジェクトにProject 2010ファイルを保存すると、一部のタスク設定が変更されます。以前のバージョンのプロジェクトでは、その他の変更では、タスクの設定 ~ です。

機能

この古いバージョンに保存した場合の動作

Project 2007   

  • 手動でスケジュールされたタスク     手動でスケジュールされたタスクは、自動スケジュールに設定されます。

  • 非アクティブなタスク     非アクティブなタスクは削除されます。

  • 取り消し線フォント    取り消し線フォントが削除されます。タスクは削除されません。

  • 色効果     バーのスタイル、状況説明マーク、およびその他のグラフィック効果の 32 ビット カラーは 16 種類の色のうち最も近い色に設定されます。

  • サマリー タスク   手動でスケジュールされているサマリー タスクは、 Project 2007でタスクをマイルス トーンに設定されています。

Project 2000-2003   

Project 2000-2003 にProject 2010ファイルが保存されているときに、次のProject 2007の追加機能が削除されます。

  • 予算情報     予算フィールドに含まれる情報は失われます。

  • コスト型リソース    コスト型リソースは、数量単価型リソースに変換するため、リソースのコスト] フィールドに含まれる情報を変更する可能性があります。その他のコスト] フィールドに含まれる情報が失われていません。

  • 背景セルの書式設定     背景の書式設定が適用されているシート セルでは、背景の書式設定が失われます。これらのフィールドの情報は失われません。

  • 割り当て所有者     新しい割り当て所有者フィールドに含まれる情報は失われます。

  • カレンダーの例外     プロジェクト カレンダーおよびリソース カレンダー機能に追加された新しい例外 (月の例外、年の例外、任意の日付に関する例外など) は失われます。

  • 新しいフィールドとカスタム フィールド   Project 2007] に新しいフィールド内の情報や、新しいフィールドに依存している数式はすべて失われます。Project 2007で作成したユーザー設定のフィールドに設定されている新しいオプションでは、割り当て行を計算するために、新しいロールの設定など、失われます。タスクの割り当てのユーザー設定フィールドの値も失われます。

  • エンタープライズ ユーザー設定フィールド   Project 2007内で作成されたすべてのエンタープライズ ユーザー設定フィールドは失われます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×