以前のバージョンで PowerPoint 2013 および 2016年機能動作が異なる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint 2013 ファイルを以前のバージョンの PowerPoint で開くと、PowerPoint 2013 の一部の機能が使用できないか、異なった動作になります。

以下のスクリーン キャプチャは、PowerPoint 2013 (.pptx) でプレゼンテーションを作成し、それを以前のバージョン (.ppt) のファイル形式で保存しようとした場合に表示される可能性がある互換性チェックの警告の例です。

互換性チェックの警告

下の表では、PowerPoint 2013 プレゼンテーションを PowerPoint 97-2003 で保存した場合に使用できないか、機能性が低下する特定の機能を示します。

PowerPoint 2013 のコンポーネント

互換モードでの動作

グラフ

プレゼンテーションに含まれているグラフで、セルが表示可能な行と列の制限を超えて表示されている場合、それらのセルは保存されず、表示されません。

図表

画像に変換された図表は、SmartArt グラフィックまたは図形に変換しない限り、編集することはできません。 詳細については、「以前のバージョンの Microsoft Office で作成された図表を SmartArt グラフィックまたは図形に変換する」をご覧ください。

ドロップ シャドウ

輪郭がぼやけたソフト シャドウが編集可能なハード シャドウに変換されます。

図形またはテキスト上のグラデーションのアウトライン

使用できません。

見出しと本文のフォント

見出しと本文のフォントが固定書式に変換されます。 つまり、ファイルを以前のバージョンの PowerPoint で開いた場合、テキストやスタイルの書式を変更できません。

インデントのレベル

一部のインデント レベルは使用できません。

複数列のテキスト

これらは編集できません。

セクション

スライドはセクションにグループ化されません。

テキスト付きまたはテキストなしの図形

これらは編集できません。

テキスト付きまたはテキストなしの SmartArt グラフィック

SmartArt グラフィックまたはその中のテキストは編集できません。

固定ガイド

スライド マスターまたは [スライド マスター] 表示内のレイアウトに固定ガイドを追加した場合、以前のバージョンの PowerPoint で開くとガイドは表示されません。

テキスト上の取り消し線と二重取り消し線

使用できません。

テキスト効果 (影、反射、光彩など)

使用できません。

テーマ

図形およびプレースホルダーを含むテーマの中には、図に変更できるものがありますが、編集できません。

切り替え

2013 で使用できるようになった切り替え効果は、以前のバージョンでは使用できません。

ビデオ

挿入されたメディア クリップは図として保存されます。

WordArt クイック スタイル

使用できません。

以前のバージョンで、PowerPoint 2013 を使用する方法の詳細については、「PowerPoint 2013 .pptx ファイルを .ppt 形式で保存する」および「互換モードを使用して、さまざまなバージョンの PowerPoint を操作する」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×