以前のバージョンから Office Outlook 2007 に分類項目や予定表のラベルを更新する方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Outlook 2007] のカテゴリに関連する色がありに応じて色分け類項目の名前が変更されます。分類項目に色を関連付けして色を配置して、受信トレイなど、 テーブルビュー、連絡先など、開いているアイテムで目立つように簡単に識別し、分類項目を追跡できます。

以前のバージョンの Outlook から Office Outlook 2007 にアップグレードしても、分類項目および分類されたアイテムは引き続き利用できます。予定表のラベルは、色分類項目に置き換えられます。

この記事の内容

Office Outlook 2007 にアップグレードした後の [既存のカテゴリになりますか。

分類項目を確認およびのバージョンの Outlook の間で切り替えるにを操作する方法

Office Outlook 2007 にアップグレードした後の既存の分類項目への影響について

  • 以前のバージョンの Outlook の分類項目は、同じように機能します。たとえば、分類されたアイテムは引き続きグループ化して検索することができます。Office Outlook 2007 では、[分類項目] 列はより見やすくなり、分類されたアイテムを簡単に並べ替えることができます。

  • 以前のバージョンの予定表のラベルは、Office Outlook 2007 では色分類項目に置き換えられました。色分類項目は予定表のラベルと同じ機能を備えています。予定表のラベルに関連付けられていた予定表のアイテムは、Office Outlook 2007 では同じ色になるか、最も近い色になります。

  • Office Outlook 2007で新しい分類] メニューの [ Button image には、6 新しい既定の色分け類項目は、赤、分類項目など、色の名前付きが表示されます。メニューには、連絡先と、ノートに割り当てられたまたは予定表のラベルが以前のバージョンの Outlook に割り当てられているカテゴリも表示されます。メニューには、一度に最大 15 の色分け類項目が表示されます。利用可能な色分け類項目の新しい既定の色を含む完全な一覧を表示するには、カテゴリ、すべての前の分類項目、および (これで、色分け類項目に置き換えする) 前の予定表のラベル、すべての分類項目メニューをクリックします。

  • 意図せず受信者側の分類項目の一覧に他のユーザーの分類項目が追加されるのを避けるために、電子メール アイテムのみに割り当てられた色分類項目は Office Outlook 2007 の一覧に自動的に追加されません。

  • Office Outlook 2007 および以前のバージョンの Outlook の両方に割り当てられた分類項目は、メッセージ ヘッダーなどの開いているアイテム、開いている連絡先、開いている予定表などに表示されます。割り当てられた色および色分類項目の名前は、これらのアイテムの上部に表示されます。1 つのアイテムに複数の分類項目が割り当てられている場合は、すべての分類項目が表示されます。

  • 受信トレイの複数行ビューでは、メール アイテムに複数の分類項目が割り当てられている場合、[分類項目] 列に一度に表示されるのは、3 色までです。ただし、割り当てられたすべての分類項目名と色は、開いているアイテムの上部近くに表示されます。一方、単一行ビューでは、割り当てられている分類項目がすべてこの列に表示されます。

    受信トレイの単一行のビューを使用して列を参照してください。

    単一行ビューと複数行ビューをすばやく切り替えるには、受信トレイ ウィンドウを広げるか、狭めるかします。列見出し ([分類] など) は、単一行ビューのみで表示されます。

  • 以前に分類されたメモおよび予定表のアイテムは、Office Outlook 2007 では以前と同じ色で表示されるか、最も近い色で表示されます。

  • 以前のバージョンの Outlook の分類項目マスターは、Office Outlook 2007 には含まれません。アップグレードに含まれるアイテムに割り当てられていない分類項目は、Office Outlook 2007 には含まれません。

  • ナビゲーション ウィンドウの [検索フォルダ] に、分類したメール アイテムをすべて表示する [分類されたメール] 検索フォルダが新しく追加されています。このフォルダ内で、分類されたアイテムの並べ替えやグループ化を行うことができます。

  • Office Outlook 2007にアーカイブ フォルダーなど、他の Outlook ストア内のアイテムを手動でアップグレードすることができます。ストアのフォルダーを右クリックし、フォルダー名のプロパティ] をクリックし、[アップグレードの色分け類項目] をクリックします。

ページの先頭へ

異なるバージョンの Outlook 間を切り替える場合の、分類されたアイテムの外観と動作について

  • すべてのバージョンの分類項目は、同じように機能します。たとえば、分類されたアイテムは引き続きグループ化し、検索することができます。

  • Office Outlook 2007 でアイテムに色分類項目を割り当て、そのアイテムを以前のバージョンの Outlook で表示すると、割り当てられた色分類項目の名前は、表形式ビューの [分類項目] 列のみに表示されます。[分類項目] 列を表示するには、スクロールが必要になる場合もあります。以前のバージョンでアイテムに分類項目を割り当て、そのアイテムを Office Outlook 2007 で表示すると、分類項目名および最も近い色が表示されます。

    注: 別のバージョンの Outlook で作業を行う予定の場合は、色分類項目名と色を簡単に調整し、異なるバージョンでも一貫性を保つようにできます。

  • 以前のバージョンでアイテムが分類されている場合、そのアイテムを Office Outlook 2007 で表示すると、表形式ビューでは、[分類項目] 列の色ブロックがそれまでとは異なって表示されます。Office Outlook 2007 で利用できる色のうち最も近い色が使われますが、この場合のブロックは単色のブロックで表示され、角の丸い小さめの色ブロックで表示される Office Outlook 2007 の分類アイテムとは区別されます。

  • Office Outlook 2007 の連絡先または予定表のアイテムに色分類項目を割り当て、そのアイテムを以前のバージョンで開くと、開いているアイテムの下部にある [分類項目] ボックスに、割り当てられた色分類項目の名前が表示されます。予定表のアイテムについては、色分類項目に関連付けられた色も [予定表のラベル] ボックスに表示されます。この色は、Office Outlook 2007 と同じになるか、最も近い色になります。

  • Office Outlook 2007 のメモに色分類項目を割り当て、そのメモを以前のバージョンの Outlook で表示すると、同じ色になるか、最も近い色になります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×