代替の抽出条件や複数の抽出条件でクエリを実行するための OR 条件の使用

代替の抽出条件や複数の抽出条件でクエリを実行するための OR 条件の使用

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

2 つ以上の代替抽出条件のいずれかが満たされる情報を表示するには、Access のクエリ デザイン グリッドで [または] 条件行を使います。

補足情報が必要な場合は、「クエリに抽出条件を適用する」をご覧ください。

たとえば、複数の国に顧客を持つ企業があり、その企業がフランス、イギリス、アメリカの顧客だけを対象としたプロモーション活動を行おうとしていたとします。これらの国の顧客だけのリストを取得するには、次のように [または] 行を使います。

デザイナーでの [または] 条件の使用とその結果

  1. クエリのソースとして使うテーブルを開いてから、[作成] タブの [クエリ デザイン] をクリックします。

  2. [クエリ デザイナー] でテーブルを選び、クエリの結果に表示するフィールドをダブルクリックします。

  3. [ 抽出条件] 行に最初の抽出条件を追加します。

    注: 適切な列を使ってください。ここでの例では [国/地域] を使いましたが、特定の姓を見つける場合は、[] フィールドに抽出条件を追加します。

  4. [または] 行に代替抽出条件を追加します。2 つ以上ある場合はその下の空の行を使います。条件を追加したら、[実行] をクリックします。

  5. クエリを保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

[または] 抽出条件の別の例:    兵庫支店で働いている従業員 "または" 生年月日が特定の日に該当する従業員を検索します。

代替抽出条件

1. [抽出条件] 行で "都道府県" の抽出条件が指定されています。

2. [または] 行で "生年月日" の抽出条件が指定されています。

次のように、[抽出条件] 行と [または] 行が OR 演算子によって結合されています。

都道府県 = "兵庫県" OR 生年月日 < DateAdd("yyyy", -40, Date())

[または] 行の下にある空の行を使うことにより、さらに別の代替条件も指定できます。

ヒント: 抽出条件が一時的なものであったり、何度も変更されたりする場合は、クエリの結果にフィルターを適用すると便利です。

複数のフィールドに [または] 抽出条件を使用する

次の図は、複数のフィールドに代替抽出条件として [または] 抽出条件行を使って、顧客がフランスまたはロンドンに住んでいる会社を検索する方法を示しています。

異なる複数のフィールドからの抽出条件を持つクエリは、少なくとも 1 つの条件が満たされる必要がある

ヒント: キーワードでもある抽出条件を使う場合は、条件を二重引用符で囲みます。たとえば、ORIN は論理演算子でもあり、OregonIndiana の省略形でもあるため、""OR"" と指定します。

抽出条件のフィールドは変化しないが、使う値がこまめに変化する場合は、パラメーター クエリを作成します。

次のクエリの抽出条件の例をご覧ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×