他の操作を実行するためのルールを追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

入力規則書式設定ルールでは、ほかにフォーム テンプレートでビューを切り替えるなどの他の操作を実行するためのルールのフィールド値を設定する、またはクエリ、またはデータ接続に送信を追加することもできます。たとえば、ユーザーに、入力データはせずに、 [送信] をクリックすると、または 1 つのビューを切り替えるボタンがクリックされたときに、自動的に SharePoint に保存できるようにフォームをデザインする可能性があります。

これらのルールは、またはをクリックしてボタンを繰り返しセクションまたは] 行の繰り返しテーブルの挿入、または開始フォームの送信、フォーム フィールドの変更] をアクティブにすることができます。これらのルールは、フォーム、ユーザーの役割、またはフィールドの値のデータに基づいて状態を確認します。すべての条件を設定する必要があるせずに実行することもできます。

ルールごとに複数のアクションを追加することもできます。たとえば、入力されたデータが送信されたことを確認するメッセージを表示するビューに切り替え、[データを送信するためのボタンにルールを追加できます。

この記事の内容

アクションのルールの種類と例

メッセージを表示します。

フィールドまたは式の値を表示します。

ビューを切り替える

フィールドの値を設定します。

データのクエリ

データを送信します。

入力するには、新しいフォームを開く

フォームを閉じる

Web パーツにデータを送信します。

署名欄に署名

データ接続

動作規則を追加します。

[ルールの追加] ボタンを使用します。

[ルール] 作業ウィンドウを使用します。

クエリのデータを送信するパラメーターを設定します。

データ入力のパターン

高度な条件のシナリオ

アクションのルールの種類と例

メッセージを表示します。

フォームで、特定の条件が満たされた場合は、ダイアログ ボックスを表示するルールを追加することができます。たとえば、経費報告書フォームのユーザーが、特定の時間を超える値を入力した場合、メッセージは表示されます。InfoPath Filler フォーム、アクションがのみサポートされているメッセージを表示します。

フィールドまたは式の値を表示します。

このアクションを使用すると、ルールを追加するには、フィールドやフォーム上の別のフィールドの値に基づいて計算値を表示することができます。たとえば、ユーザー、ホテル経費の受信日必要のある、出発日前に、ユーザーが入力した日付を使用してくださいことができます。数式のアクションは、InfoPath Filler フォームでのみサポートし、フィールドの値を表示します。

ビューを切り替える

ボタンをクリックしたときに、ビューを切り替えることができます。戻る] または [次へ] をクリックして、次の 2 つ以上のビューを移動するのにはこれを使用できます。フォームを開いたときに、ビューを切り替えるためのルールを追加することもできます。たとえば、フォームを開いているユーザーに関連付けられている役割に基づくビューを切り替えることができます。ボタンとフォームの読み込みに使用できるアクションはビューを切り替えます。

フィールドの値を設定します。

フィールドの値を設定するルールを使用するには、フォーム内の値を動的に変更することができます。たとえば、ユーザーが経費明細項目と経費の量を入力する場所をフォームに追跡経費、集計フィールドが入力された経費の合計を管理できます。ユーザーのすべての経費の合計を手動で入力する代わりに、セット フィールドの値のアクションが自動的に設定できます集計フィールドの値。

データのクエリ

データ アクションのクエリを使用すると、については、外部データ ソース クエリを実行できます。たとえば、ユーザー フォームにだれかの従業員の番号を入力するときに、従業員の情報を取得するためのデータベースにクエリを開始するデータ アクションのクエリを追加することができます。

データを送信します。

送信データ アクションのルールをすべてのフォームのデータを送信します。たとえば、データを送信アクションを使用すると、許可申請書フォームの送信] ボタンをクリックすると、Web サービスとデータベースの両方に、フォーム内のデータを送信するのフォーム テンプレートに、ルールを追加することができます。

入力するには、新しいフォームを開く

開いているに入力するのには、新しいフォームを使用すると、このフォーム テンプレートまたは別のフォーム テンプレートに基づくフォームの新しいコピーを表示するルールを追加できます。たとえば、許可申請書には、次の手順のフォーム テンプレートにこのルールを追加することができます: ルールが経費明細エントリが必要な新しいフォームを開き、経費のフィールドの値は、固定金額を超えている場合。開いているアクションを入力するのには新しいフォームをのみでサポートされます InfoPath Filler フォーム。

フォームを閉じる

閉じるフォーム アクションを使用すると、フォーム上で特定のイベントが発生したときに、フォームを閉じるするルールを追加できます。たとえば、ユーザーがフォームを送信して、外部データ ソースは、フォームが正常に送信されたことを確認した後にフォームを閉じるルールを追加できます。閉じるフォーム アクションはボタンを使用します。

Web パーツにデータを送信します。

フォーム Web パーツのアクションに送信データを追加して、SharePoint Web パーツにデータを送信することができます。InfoPath フォーム Web パーツを SharePoint ページで内部、InfoPath Web ブラウザー フォームでホストされ、別の Web パーツの接続が構成されて、InfoPath フォームで、接続されている Web パーツにデータを送信するこのルールを開始します。このルール アクションが正常に機能するには、Web パーツの接続のパラメーターとしてフォームのフィールドを昇格する必要があります。SharePoint リスト フォーム、すべてのフィールドは、接続のパラメーターとして自動的に昇格されます。

署名欄に署名

サインイン署名欄アクションを使用すると、ルールを追加する、トリガーされるが開き、指定された署名欄を制御ユーザーがサインインするのです。たとえば、フォームで、署名欄コントロールがあるし、アクションを追加する、記号署名行には、[送信] ボタン、ユーザーは、[送信] ボタンをクリックすると、署名欄のコントロールに署名を求められます。

データ接続

アクション クエリのデータ、データを送信する、または Web パーツにデータを送信するルールを追加する場合は、場所でルールを追加する前に、目的のデータ接続が既にあることをお勧めします。外部データ接続の詳細については、データ接続の概要を参照してください。

動作規則を追加します。

[ルールの追加] ボタンを使用します。

含まれている、定義済みのルールを追加するには、 [ルールの追加] をクリックします。

  1. アクションを追加するコントロールをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [ルール] で、[ルールの追加] をクリックします。

他の操作を実行するためのルールを追加する

  1. [場合] 列で空白がなどのルールが満たす必要がある条件の種類をクリックします。

  2. [アクション] 列でデータを送信するなど、アクションをクリックします。選択されている条件によって追加情報を要求することがあります。

  3. ルールの詳細] ウィンドウから追加するアクションの種類に応じて、次の操作を行います。

他の操作を実行するためのルールを追加する

  • メッセージを表示します。

    • メッセージフィールドに、メッセージのテキストを入力し、[し、[ OK] をクリックします。

  • フィールドまたは式の値を表示します。

    1. [] ボックスに式を入力または関数 他の操作を実行するためのルールを追加する 式を作成する] ボックスの横にあるをクリックして、[ OK] をクリックします。

      数式の詳細については、追加の関数や数式を参照してください。

  • ビューを切り替える

    • ルールの詳細] ダイアログ ボックスで、ユーザーに切り替えるアクションが開始したときの表示] ボックスからビューをクリックします。

  • フィールドの値を設定します。

    1. [フィールド] ボックスの横にあるフィールド 他の操作を実行するためのルールを追加する ] をクリックします。

    2. フィールドを選択する] をクリックします。

    3. [OK] をクリックします。

    4. [値] ボックスでは、値を入力または関数 他の操作を実行するためのルールを追加する 数式を入力するとその横にあるをクリックします。

      注: 数式の詳細については、追加の関数や数式を参照してください。

  • データのクエリ

    • データ接続のフィールドから受信データ接続をクリックするか、新しいデータ接続を追加する追加] をクリックします。

      データ接続の詳細については、データ接続の概要を参照してください。

  • データを送信します。

    • データ接続のフィールドから送信データ接続をクリックするか、新しいデータ接続を追加する追加] をクリックします。

      データ接続の詳細については、データ接続の概要を参照してください。

  • 入力するには、新しいフォームを開く

    • フォーム テンプレートの ID または場所] ボックスにテンプレートの ID またはフォーム テンプレートの場所を入力し、[ OK] をクリックします。

  • フォームを閉じる

    • これは、Web ブラウザー フォーム、または、フォームを保存して閉じる前にユーザーを表示するには、変更が保存されていない場合に、メッセージを保存するユーザーを表示する] チェック ボックスを選択できます (オプション) Filler フォームの場合は、[ OK ] をクリックします。

  • Web パーツにデータを送信します。

    1. [Web パーツの接続のパラメーターとして登録する必要があるフィールドを選択するプロパティの共有] をクリックします。

    2. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスを表示する SharePoint Web パーツ接続のパラメーターの一覧の横にある [追加] をクリックします。

    3. [フィールド] をクリックします。

    4. パラメーター名] ボックスに、パラメーターの名前を入力します。

    5. [OK] をクリックします。

    6. 手順 2 ~ 追加のフィールドを昇格する 5 を繰り返します。

  • 署名欄に署名

    重要: サインイン署名欄ルールを追加するには、前に追加した署名欄のコントロールをフォームに、仕分けルールの署名があることを確認します。

    1. 記号の最初の署名欄の場所] の下の一覧で、フォームの場合は、どの署名欄に署名するかを示す方法をクリックします。

      他の操作を実行するためのルールを追加する

    2. 等しい] ボックスで、抽出条件を入力するか関数 他の操作を実行するためのルールを追加する 条件の関数を使用する] をクリックします。

    3. 既定の署名の画像を使用するかどうかと、署名欄がホスト ドキュメントにあるかどうかを指定し、[ OK] をクリックします。

      デジタル署名の詳細については、「 InfoPath 2010 のデジタル署名を参照してください。

  • その他のルールの処理を停止する場合は、このルールの条件が満たされた場合は、残りの規則を実行しない] チェック ボックスをクリックします。

[ルール] 作業ウィンドウを使用します。

[ルール] 作業ウィンドウからアクション規則を追加するのには、次の操作を行います。

  1. アクションにルールを追加するコントロールをクリックします。

  2. [ルール] 作業ウィンドウが表示されない場合は、[ホーム] タブの [ルール] で、ルールの管理をクリックします。

他の操作を実行するためのルールを追加する

  1. [新規作成] をクリックします。

他の操作を実行するためのルールを追加する

  1. [アクション] をクリックします。

  2. 詳細については、テキスト ボックスで、ルールの名前を入力します。

他の操作を実行するためのルールを追加する

  1. 条件の下で [ ] をクリックします。

  2. 次のように適切なオプションを選択します。

    • 場合は、ルールの条件は、フィールドに基づいています。

      1. フィールドをクリックするか、 [フィールドまたはグループの選択] をクリックします。

      2. 演算子と等しいなどをクリックします。

      3. 演算子の条件を入力します。

    • 場合は、ルールの条件は、式に基づいています。

      1. [] をクリックします。

      2. 式を入力します。

        詳細については、追加の関数や数式を参照してください。

他の操作を実行するためのルールを追加する

  1. ] をクリック他の条件を追加し、手順 7 または条件の追加が完了したら[OK ] をクリックします。

注: 2 番目の条件を追加すた後には、ボックスがある] ボタンが置き換えられます。ままに両方と以降の各条件は、データの入力規則を適用する条件を満たすする必要がある場合に選択します。それ以外の場合、true に設定を適用するデータの入力規則、条件のいずれかの必要があります、だけの場合は、またはをクリックします。

  1. ルール] 作業ウィンドウで、[追加] をクリックし、[を追加するアクションのルールの種類] をクリックします。

  2. 追加するアクションの種類に応じて、次の操作をします。

    • メッセージを表示します。

      • メッセージフィールドに、メッセージのテキストを入力し、[し、[ OK] をクリックします。

    • フィールドまたは式の値を表示します。

      • [] ボックスで、必要な式を入力または [関数 他の操作を実行するためのルールを追加する 式を作成する] ボックスの横にあるをクリックし、[ OK] をクリックします。

        詳細については、追加の関数や数式を参照してください。

    • ビューを切り替える

      • ルールの詳細] ダイアログ ボックスで、ユーザーに切り替えるアクションが開始したときの表示] ボックスからビューをクリックします。

    • フィールドの値を設定します。

      1. [フィールド] ボックスの横にあるフィールド 他の操作を実行するためのルールを追加する ] をクリックします。

      2. 目的のフィールドを選択する] をクリックします。

      3. [OK] をクリックします。

      4. [] ボックスに目的の値を入力するか、数式を入力する関数 他の操作を実行するためのルールを追加する をクリックします。

        数式の詳細については、追加の関数や数式を参照してください。

    • データのクエリ

      • クリックして適切なデータ接続のフィールドからのデータ接続を表示または追加すると、新しいデータ接続を追加] をクリックします。

        データ接続の詳細については、データ接続の概要を参照してください。

    • データを送信します。

      • クリックして適切なデータ接続のフィールドからのデータ接続を送信または追加すると、新しいデータ接続を追加] をクリックします。

        データ接続の詳細については、データ接続の概要を参照してください。

    • 入力するには、新しいフォームを開く

      • フォーム テンプレートの ID または場所] ボックスにテンプレートの ID またはフォーム テンプレートの場所を入力し、[ OK] をクリックします。

    • フォームを閉じる

      • Web フォームは、この場合は、 [ok]をクリックするか、Filler フォームの場合は、フォームを保存して閉じる前にユーザーを表示するには、変更が保存されていない場合に、メッセージを保存するユーザーを表示する] チェック ボックスをクリックします。

    • Web パーツにデータを送信します。

      1. [Web パーツの接続のパラメーターとして登録する必要があるフィールドを選択するプロパティの共有] をクリックします。

      2. 、SharePoint Web パーツの接続のパラメーターの一覧の横にある[フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスを表示する追加] をクリックします。

      3. [フィールド] をクリックします。

      4. [パラメーター名] ボックスで、パラメーターの名前を入力します。

      5. [OK] をクリックします。

      6. 手順 2 ~ 追加のフィールドを昇格する 5 を繰り返します。

    • 署名欄に署名

      注: サインイン署名欄ルールを追加するには、前に、仕分けルールの署名があること、署名欄コントロールはフォームを追加したになっていることを確認します。

      1. 記号の最初の署名欄の場所] の下の一覧で、フォームの場合は、どの署名欄に署名するかを示す方法をクリックします。

      2. 等しい] ボックスで、抽出条件を入力するか関数 他の操作を実行するためのルールを追加する 条件の関数を使用する] をクリックします。

      3. 既定の署名の画像を使用するかどうかと、署名欄がホスト ドキュメントにあるかどうかを指定し、[ OK] をクリックします。

        デジタル署名の詳細については、「 InfoPath 2010 のデジタル署名を参照してください。

  3. 選択したルールが処理されるとその他のルールの処理を停止する場合は、このルールの条件が満たされた場合は、残りの規則を実行しない] チェック ボックスをクリックします。

クエリのデータを送信するパラメーターを設定します。

データの送信とデータ アクションのクエリを送信するか、データを受信するデータ接続を有効にします。データのクエリの場合は、目的のクエリ フィールドの値を設定するフィールドの値のアクション ルール セットを追加することによってどのようなデータを照会を指定できます。

データ入力のパターン

ユーザーがテキスト フィールドに入力したテキスト パターンに基づいて、動作規則ことができます。たとえば、市町村を収集する場合は、[可能性があるユーザーが正しい形式で入力するかどうかを確認します。同様に、ユーザーがメール アドレスを入力する場合は、いくつかのテキスト、 @記号、ドメイン.comなどのドメイン サフィックスを含むパターンに入力を一致ことができます。

[演算子] ボックスで、条件を作成するときに、これを行うには、一致パターンをクリックし、パターンの選択] をクリックします。これには、事前に定義された、標準のいくつかのパターンを選択できるデータ入力のパターン] ダイアログ ボックスが表示されます。お客様のニーズを満たしているこれらのパターンがない場合は、ユーザー設定のパターンを使用できます。

高度な条件のシナリオ

次は、高度なシナリオ アクションのルールの条件を設定するときに使用することができます。

  • 式のルールを作成します。

式は、値、フィールドまたはグループ、関数、および演算子のセットです。式を使用して自動的にフォームの現在の日付を含むまたは合計に経費報告書に入力されたアイテムのコストを追加するには、このような状況でフィールドの値を設定します。

  1. [] をクリックします。

  2. 2 番目のボックスに式を入力します。

詳細について関連の関数や数式を追加関数や数式を表示します。

  • 一連の署名のデータに基づいてルールを作成します。

フォームには、デジタル署名が必要とする場合は、フォームが署名されていない場合は、[送信] ボタンを無効にします。または、ユーザーは、デジタル署名を追加した後、データを送信アクションをアクティブ化するたとえば、します。この条件は、InfoPath Filler フォームでのみサポートされます。

  1. 署名データ セットの選択] をクリックします。

  2. 署名データの設定の選択] ダイアログ ボックスでは、署名データの設定] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  3. 2 番目のボックスから目的の条件] をクリックし、[3 番目のボックスから必要な抽出条件] をクリックします。

デジタル署名の詳細については、「 InfoPath 2010 のデジタル署名を参照してください。

  • ユーザーの役割に基づくルール

フォームに、管理者の表示と読み取り専用ビューなど、複数のビューがある場合は、現在のユーザーのロールに基づくビューに切り替えるフォーム読み込みルールを作成することができます。

  1. 現在のユーザーの役割をクリックします。

  2. 演算子と等しいなどをクリックします。

  3. 役割またはユーザーの役割を管理するロールの管理] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×