他のリソースにタスクを割り当てる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

他のチーム メンバーに割り当てる必要があるタスクに現在割り当てられている場合は、 Microsoft Office Project Web Accessでは、そのタスクを再割り当てすることができます。タスクの再割り当ては、チーム メンバーのタイムシートとタスクの状況に追加する使用可能になる前に、プロジェクト マネージャーが承認する必要はありません。

注: 組織の設定によっては、Office Project Web Access のプロジェクトでタスクの再割り当てを使用できない場合があります。タスクを再割り当てする必要があり、[自分の作業] ページに再割り当て用のオプションが表示されない場合は、プロジェクト管理者に連絡してください。

  1. サイド リンク バーで、[自分の作業] の下の [タスク センタ] をクリックします。

  2. 再割り当てするタスクをポイントし、表示された矢印をクリックし、次に [タスクの再割り当て] をクリックします。

    ヒント: 複数のタスクを再割り当てするには、再割り当てする各タスクの横にあるチェック ボックスをオンにして、[作業の再割り当て] をクリックします。

  3. [新しいリソースの選択] グリッドで、[新しい割り当て先] 列の [リソースの選択] をクリックし、一覧からリソースを選択します。この一覧には、現在プロジェクトに割り当てられているすべてのリソースが表示されます。

    注: チーム リーダーの場合、リソースのチーム全体で作業を平等に共有するようにタスクを再割り当てできます。チーム リーダーではない場合、タスクを再割り当てできるのは 1 つのリソースに対してのみです。複数のリソースにタスクを再割り当てする必要があり、チーム リーダーではない場合は、プロジェクト管理者に連絡してください。

  4. [開始日] ボックスに再割り当ての開始日を入力するか、カレンダーを使用して開始日を選択します。

  5. プロジェクト管理者に提出する再割り当てについてコメントがある場合は、その情報を [コメント] ボックスに入力します。

  6. [提出/送信] をクリックし、タスクの進捗状況に再割り当てを追加します。

  7. [タスク センタ] ページで、再割り当てするタスクの左の列にあるチェック ボックスをオンにします。

  8. [選択した内容を提出] をクリックして、プロジェクト管理者に再割り当てを提出します。プロジェクト管理者が前もって承認しなくても、チーム メンバーのタイムシートおよびタスクの進捗状況に対して再割り当てを追加できます。

    注: タスクが別のリソースに完全に再割り当てされ、再割り当てが承認されると、タスクの残存作業時間はすべて新しいリソースに割り当てられます。再割り当ての前にタスクの実績作業時間が報告されている場合、元のリソースはタスクに割り当てられたままで、その終了日が新しいリソースの割り当ての開始日に対応する日付になります。タスクの実績作業時間が報告されていない場合、タスク全体が新しいリソースに再割り当てされ、元のリソース割り当ては削除されます。

Project Web Access でいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×