他のユーザーの代理として Skype for Business (Lync) 会議をセットアップする

他のユーザー (上司など) の代理で行う Lync 会議のセットアップは、自分自身の会議をセットアップする場合とよく似ています。最初に、会議の予約を委任するユーザーが、代理で予約するユーザーを Outlook 予定表と Lync に代理人として追加する必要があります。こうすると、代理人は Lync 会議をセットアップしたり、委任者の代わりに一時的な Lync 会議を開始したり、電話会議を開始することができます。

注: 代理人になったり、代理人を指名したりするには、Outlook を使う必要があります。

代理人を設定する

まず、代理人のアクセス権を付与する側のユーザーが以下の手順を実行する必要があります。

  1. Outlook で、[ファイル]、[アカウント設定]、[代理人アクセス]、[追加] の順にクリックします。

  2. 代理人を務める人の名前を探して追加します。

  3. [予定表] メニューをクリックし、[編集者] の権限を選択します。

    詳細については「自分のメールと予定表の管理を他のユーザーに許可する」を参照してください。

    Outlook で代理人を追加する画面のスクリーン ショット

代理人として会議や通話を始める

代理人として、委任者の予定表にアクセスし、他の会議と同じように Lync 会議をセットアップできます。委任者の代わりに Lync 会議を予約するには、「Lync 会議を設定する」の手順に従ってください。

代理人として、今すぐミーティング機能で緊急の会議を始めることや、他のユーザーのために電話会議を始めることができます。

今すぐミーティングを使って Lync 会議を開始する

  1. Lync メイン ウィンドウで、[オプション] メニューをクリックし、[メニュー バーの表示] をクリックします。

  2. メニュー バーで、[今すぐミーティング] をクリックします。

[今すぐミーティング] の会議を代理人として開始する画面のスクリーンショット

  1. 自分に代理人のアクセス権を与えた人の名前をクリックします。会議ウィンドウが開きます。

  2. [人] メニューをポイントし、参加者を招待します。招待された人は、会議出席依頼の通知を受け取ります。

電話会議を開始する

  1. 連絡先リストで、キーボードで Ctrl キーを押しながら名前をクリックし、代理人アクセス権を与えた人を含む、招待者の名前を選択します。

  2. 選択した名前を右クリックして、[電話会議の開始] をポイントします。

  3. 自分に代理人のアクセス権を与えた人の名前をポイントして、[Lync 通話] をクリックします。

    着信通知

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×