他のユーザーが自分と共有しているファイルを参照する

[共有] (Mac および iOS) または [共有アイテム] (Android、Windows Mobile、または Windows Desktop) ビューでは、他のユーザーがお客様と共有しているファイルを表示することができます。ドキュメントに招待されると、そのドキュメントは自動的に [共有] または [共有アイテム] 一覧に表示されます。Office では、関連性の高い共有ドキュメントをリストの上部に表示しようとします。

この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかをご確認ください

注: 

  • 他のユーザーと共有しているドキュメントを確認するには、Microsoft アカウントまたは職場または学校アカウントで Office にサインインする必要があります。

  • [共有アイテム] に表示されるのは、OneDrive – PersonalOneDrive for Business、および SharePoint Online からのドキュメントに限られます。Windows デスクトップでは、メールで受信した添付ファイルも表示されます。

  • 自分とファイルを共有している他のユーザーがアクセス許可レベルを "編集" に設定した場合、そのファイルも共有できるようになります。

次のタブの中から、目的の Office バージョンに対応するものを選択してください。

  • Mac と iPad - Word、Excel、または PowerPoint を開き、[共有] をタップします。

    iOS の共有アイテム アイコン

    Mac では、ドキュメントを開いている場合、クイック アクセス ツール バーで クイック アクセス ツール バーの Office2016 for Mac Backstage コマンド をクリックして、[共有] ビューを表示します。

    iPad では、ドキュメントを開いている場合、[戻る] ボタンをタップし、[共有] をタップします。

    iOS の [戻る] ボタン
  • iPhone - [共有] をタップします。

    iOS で他のユーザーが自分と共有しているファイルを開く方法を示すスクリーン ショット

  • 注: この機能はまず Office Insider の参加ユーザーに展開され、その後、一般ユーザーや商用版 Office 365 のサブスクライバーに展開されます。

    他のユーザーが自分と共有しているファイルを表示するには、[ファイル]、[開く]、[共有アイテム] の順に進みます。

    Android で他のユーザーが自分と共有しているファイルを表示する方法を示すスクリーン ショット

他のユーザーが自分と共有しているファイルを表示するには、[ファイル]、[開く]、[共有アイテム] の順に進みます。

他のユーザーが自分と共有しているファイルの一覧を表示するには、[ファイル]、[開く]、[共有アイテム] の順にクリックします。

他のユーザーが自分と共有しているファイルを表示するには、[ファイル]、[共有アイテム] の順に進みます。

関連項目

ご意見をお待ちしています。

この記事は、お客様のフィードバックを反映するために 2017 年 8 月 25 日に更新されました。この記事の内容は役に立ちましたか。役に立たなかった場合は、下の適切なボタンをクリックし、ぜひともご意見ご感想をお寄せください。引き続き改善に取り組んで参ります。よろしくお願いいたします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×