他のユーザーがチェックアウトしたプロジェクトやリソースを手動でチェックインする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

チーム メンバーが、エンタープライズ オブジェクトを Microsoft Office Project Server 2007 に再度チェックインできない状態にしてしまうことがあります。管理者は、プロジェクト、リソース、フィールド、カレンダー、参照テーブル、リソース計画などのエンタープライズ オブジェクトを、強制的にチェックインできます。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページで [エンタープライズ オブジェクトの強制チェックイン] をクリックします。

  3. [強制的にチェックインするオブジェクトの種類を選択してください] ボックスの一覧で、テーブルに表示するオブジェクトの種類をクリックします。

  4. チェックインするオブジェクトをクリックし、[チェックイン] をクリックします。

    注: チェックアウトされたオブジェクトをチェックインすると、そのオブジェクトをチェックアウトしたユーザーは、そのオブジェクトを新しいオブジェクトとして保存する場合に限り、変更をデータベースに保存できます。それ以外の場合、そのユーザーはオブジェクトを再度チェックアウトして、同じ変更を加える必要があります。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×